[ WooF ](講評:J-POP Manga)

5,180 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial


国際コミック・マンガスクールコンテスト2020の応募作品[ WooF ]に協賛社のJ-POP Mangaより、詳しいアドバイスをいただきました。


作品を見る

https://share.clip-studio.com/q/contents/view?code=cc03be97-999a-4000-b8cc-48976a5b169e&at=1594858934

[ WooF ]

ペンネーム:Giorgia Rosati

学校:Roman School of Comics

国・地域:イタリア

言語:英語


アドバイスを見る

■4~5P目

①ここの流れがはっきりしていません、物語の分かりやすさと展開をより流動的にするために、追加のコマが必要です。

自分自身に、こう問いかけてみてください:この寝室の冒険を想像しているのは、犬ですか?それとも子どもですか?子どもには熱があり、それは物語の発端としては完璧でしょう……信頼できる仲間がベッドの下のモンスターから彼を救ってくれる、彼の熱が引き起こした夢。

あるいは、最後のコマで映る目、つまり犬の想像かもしれません。薬瓶の中にいる子どもを発見するために開いています。


②語り手が子どもであろうと犬であろうと、このシーンは別の焦点に変更したほうがいいです。そうすることで、子どもがボトルに入っている驚きの効果を高めることができます。

すぐに現在の状況が分かってしまうのではなく、遅らせるようにしましょう。

まずは2Eのような詳細から始め、そこからズームアウトしていき、状況を明らかにしてください。



■6P目

③このシーンのコマ数は、引き延ばすことで勢いをつけることができます。

モンスターをすぐに登場させるのではなく、ゆっくりと形成されて現れてくることでサスペンスを作りだします。 犬は何か大変な異変が起きていることに気付き、(1Dのような)決意のクローズアップ、そして未知の敵に向かってとびかかります。

ページをめくると、完全な姿に形成されたモンスターを攻撃している犬のスプラッシュページ(見せ場)が現れる…という展開です。



■9P目

④1Eの犬は、子供が大丈夫かどうかまだ明らかではないのに舌を出して喜んでおり、次の1Fでは心配しているように見えます。2つのコマを入れ替えるか、犬の表情を修正しましょう。



J-POP Manga

https://www.j-pop.it/


国際コミック・マンガスクールコンテスト 2020審査結果

https://www.clipstudio.net/promotion/comiccontest/ja/


https://comiccontest.clip-studio.com/2020/ja-jp

コメント

関連する記事

新着

公式 新着