2.ラフ・下描き

416,232 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.10.10対応


まずは新規キャンバスを作成して、どんなイラストを描くのか考えながら下描きをします。最初は適当なイメージから描き始めて、少しずつ完成イメージに近づけていきます。


新規キャンバスの作成

1 最初に、新しいキャンバスを作成します。

[ファイル]メニュー→[新規]を選択して、[新規]ダイアログを開きます。

PRO/EXをお使いの場合は、最初に[作品の用途]から[イラスト]を選択します。

[規定の用紙サイズ]から[A4]を選択します。[解像度]を[350dpi]に、[用紙色]をオンに設定します。


【POINT】

キャンバスの作成と設定について詳しくは、『CLIP STUDIO PAINTで作品を描くその前に』→『準備』を参照してください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/539



キャンバスを作成したら、どんなイラストを描くのか考えながら下描きをします。


描画ツールの準備

CLIP STUDIO PAINTにはさまざまな描画ツールがあります。作風や目的に合わせて描画ツールを使い分けていきます。


1 今回は、下描きに[鉛筆]ツールを使います。使いやすいように、ブラシサイズの調整もしておきましょう。

[ツール]パレットから[鉛筆]ツールを選択し、[サブツール]パレットから[シャーペン]あるいは[濃い鉛筆]を選択します。

※使用しているバージョンによって、[サブツール]パレットにはどちらかのサブツールが格納されています。


2 [鉛筆]ツールのブラシサイズを調整します。

[ツールプロパティ]パレットの[ブラシサイズ]スライダーで調整するか、[ブラシサイズ]パレットからサイズを選択して、[鉛筆]ツールのブラシサイズを調節します。


【POINT】

パレットが表示されていない時は、[ウィンドウ]メニューでパレットを表示できます。


描画ツールの使い方【タブレット版】

タブレット版をお使いの場合は、ツールなどを設定する画面の表示方法が異なります。ここでは、[鉛筆]ツールを選択し、設定するまでの流れを説明します。

1[ツール]パレットから[鉛筆]ツールをタップします。


2 [サブツール]パレットのアイコンをタップします。[サブツール]パレットが表示されたら、[シャーペン]あるいは[濃い鉛筆]をタップします。


3 [ブラシサイズ]パレットのアイコンをタップします。[ブラシサイズ]パレットが表示されたら、ブラシサイズを選択します。

選択したブラシサイズは、サブツールに適用されます。


4 [ツールプロパティ]パレットのアイコンをタップします。[ツールプロパティ]パレットが表示されたら、ツールの設定を行います。

[鉛筆]ツールでは、[ブラシ濃度]や[手ブレ補正]などの設定を行えます。


他のツールも、同様の方法で選択し、設定できます。


【POINT】

·[サブツール]パレットの内容は、[ツール]パレットで選択したツールに応じて変わります。

·[ツールプロパティ]パレットの内容は、[サブツール]パレットで選択したサブツールに応じて変わります。


下描きの描画

1 [ウィンドウ]メニュー→[カラーセット]を選択して、[カラーセット]パレットを表示します。


2 下描きに使う線の色を設定します。[カラーセット]パレットで、水色をクリックして選択します。

後から黒で清書をするので、見分けやすいように黒以外の色を選んでおきます。


3 大まかな形でイラスト全体のレイアウトを描いていきます。


線を修正する

1 描いた線を消したい時は[消しゴム]ツールを使います。

[ツール]パレットから[消しゴム]ツールを選択し、[サブツール]パレットから「硬め」を選択します。


2 [消しゴム]ツールのサイズを調整します。

[ツールプロパティ]パレットの[ブラシサイズ]スライダーで調整するか、[ブラシサイズ]パレットからサイズを選択して、[消しゴム]ツールのブラシサイズを調整します。サイズを大きくすると広い範囲を消すことができ、小さくすると細かい部分を修正することができます。


3 消したい線をなぞります。


Tips:[取り消し]で線を修正する

描画操作も[ツールバー]の[取り消し]で、1つ前の状態に戻せます。描画した線全体を描き直したい場合は[取り消し]、線の一部分や複数の線にまたがって修正する場合は[消しゴム]ツールと、使い分けます。

タッチ操作ができるデバイスでは、キャンバスを2本指でタップしても、操作を取り消せます。


下描き完成

まずは、大まかに形を描き、そのあと細かく描き込んでいきます。描いたり消したりを繰り返して、徐々に下描きを仕上げていきます。


下描きが完成しました。


【POINT】

細かな部分を描き込む場合は、キャンバスの表示倍率や表示位置を調整して描画します。キャンバスの表示操作について詳しくは、『CLIP STUDIO PAINTで作品を描くその前に』→『キャンバスの基本操作とショートカット』を参照してください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/541

コメント

新着

公式 新着