クリスタの画像素材レイヤーの「質感合成」を使用すると、手軽に水彩やキャンバス風の表現などを演出することができます。
必要ソフト:CLIP STUDIO PAINT

イラストを用意する

まずはベースになるイラストを用意します。
今回はりんご(と思われるもの)にしてみました。

画像素材レイヤーをレイヤーパレットの一番上に置く

「質感合成」は画像素材レイヤーのみ利用できます。
CLIP STUDIO PAINTに収録されている「カラーパターン」「単色パターン」のテクスチャなどが割といい感じに使えるかと思います。
今回は素材パレットに入っていた「単色パターン」>「マーメイド」にしてみました。
生足魅惑の…ではなくて水彩用紙の「マーメイド」ですね。
こんな感じになります。
このままだと暗いので、調節していきます。

質感合成を設定する

画像素材レイヤーを選択した状態で、「レイヤープロパティ」パレット>「効果」の「質感合成」を押します。
※レイヤープロパティパレットが見つからない場合は「ウィンドウ」メニューから探すと見つかりますよ!
「質感合成」を押すとこんな感じになります↑(強さは30です)

さらに調整する

レイヤープロパティ内の「強さ」を変更すると、効果を強くすることができます。
↑強さを「100」に設定しました。


レイヤーパレット内のレイヤー合成モードや不透明度を変更して、好みの状態に変更しましょう。
★オーバーレイ+不透明度93%

★スクリーン+不透明度86%
テクスチャのサイズは、画像素材レイヤーの緑のボタンを動かすとサイズを変更できます。

いろんなテクスチャを使ってみる

使うテクスチャによって、いろいろな表現ができます!

テクスチャを変更するTIPS

テクスチャを変更したい場合は、クリスタの素材パレットの「貼り換え」ボタンが便利です。
トーンを使う時も便利に使えます。
ちょっとでもお役に立てたら幸いです♪