Clipstudioでペーパーカット風のフラットアートが簡単に

4,080

viciaia

viciaia

こんにちは、みんな。ホリデー シーズンが近づいてきて、ミニマルなスタイルのカードのアイデアを考えているかもしれません。切り絵風のフラットアートを作ってみよう!! Clipstudioで簡単に作れてとても魅力的です!!

私のチュートリアルは初心者にもフレンドリーです.clipstudioにかなり慣れていない場合は、ステップバイステップに従ってアートワークを楽しんでください!!! :3

ビデオチュートリアル

ペーパーカットアートのコンセプト

アートを切り絵風にする方法を考えてみましょう。以下に簡単なガイドを示します。そのため、どのように機能するかを理解し、参照用に覚えておくことができます。

 

切り絵アートのコンセプトは、紙を切ってキャンバスに組み合わせることです。

 

紙の厚さは影を作り、線を必要とせずにアートに立体感を与えます.

 

紙を折りたたんだり丸めたりすると、影やグラデーションの効果が得られます。

紙なので、ペンやマーカーでディテールを追加することもできます。

クリップスタジオに移りましょう!

その1:切り絵パーツの描き方

アートをスケッチしてカラーガイドをペイントすることから始めましょう

(プロセスが簡単になるように、できるだけきれいにするようにしてください)

PNG画像に書き出す[ファイル→書き出し(単層)→.PNG]

このスケッチをサブ ビュー パネルに配置して、参照およびカラー パレットとして使用します。

 

サブ ビュー パネルがない場合は、[ウィンドウ > サブ ビュー] から開くことができます。

 

パネルの下部にあるインポート アイコンをクリックして、サブ ビュー パネルにスケッチをインポートします。

 

パネルのヘッダーをドラッグして好きな場所に配置することで、サブ ビュー パネルをサイド パネルにドッキングできます (私は右下にドッキングします)。

サブ ビューの下部で、カラー ピッカー モードを切り替えて、画像から色を選択できます。

(カラーピッカーモードをオフにすると、サブビューが可動になります)

 

スケッチ レイヤーを結合し、不透明度を下げます

 

レイヤーパネルの[新しいベクターレイヤー]アイコンをクリックして、新しいベクターレイヤーを作成します

ペンサブツールのマーカータブの[ミリペン]で輪郭を描きます

ツール プロパティ パネルで、右下隅のリセット アイコンをクリックしてツールをリセットします。

 

次に、[サブツール詳細]アイコンをクリックして、サブツール詳細ポップアップを開きます

補正タブで[ベクトルマグネット]にチェックを入れ、値を最大にします

ベクターレイヤーに閉じた形状を描くと、インクは自動的に接続されます

ベクターレイヤーなら、修正線サブツールの[制御点]で簡単に形を編集できます

図面の形状の作成を開始しましょう。サブ ビュー パネルでスケッチをクリックして色を選択します (カラーピッカー モードになっていることを確認してください)。

ベクターレイヤーに[ミリペン]で形を描く

ヒント : 手ぶれ補正を調整して、より滑らかな線を描画します

納得いかない場合は何度も線を引き直す必要はありません。線修正サブツールの[簡略化]ツールを使って線を簡略化してください。

 

[行全体を処理する]オプションがチェックされていることを確認し、

 

次に、それを線上にドラッグするだけで、制御点の数が減ります

[制御点追加]モードで[制御点]ツールを使用して、線を調整します

(ツールプロパティパネルで設定)

 

[制御点の移動]モードに切り替えることなく、線の空白部分をクリックして制御点を追加したり、制御点をクリックして移動したりできるため、[制御点の追加]モードを使用することをお勧めします。

 

完成したら、ベクターレイヤーを[新規レイヤーフォルダー]アイコンにドラッグしてフォルダーに入れます

(または [Ctrl+g])

 

サブツール塗りつぶしで[他レイヤーを参照]ツールを選択

[複数参照] オプションで、[フォルダー] に設定します。

 

[ベクターパスまで塗りつぶす]にチェックを入れる

フォルダーに新しいラスターレイヤーを作成し、形状を色で塗りつぶします

[ベクターパスまで塗りつぶす]オプションを使用すると、線の太さに関係なくベクター線の中央まで色が塗りつぶされます。これにより、[領域]に値を設定する必要なく、インクと色の間の白いギャップの問題が単純に除去されます。スケーリング]

[オプション] フォルダをダブルクリックし、混乱を避けるために名前を編集します

パーツグループごとに分けて、レイヤーフォルダーに色を設定することをお勧めします(レイヤーの塗りつぶしは同じです)

例:髪、肌、体

最初の部分ができました!フォルダを折りたたみます。

画像の部分ごとに繰り返し進行があります

 

ベクターレイヤーに図形を描く>レイヤーをフォルダーに入れる>新しいラスターレイヤーを作成する>塗りつぶしの色

 

[オートアクション]機能で時間を節約します

 

 

新しいオートオークションを作成し、アクション セットの名前を設定します

 

形を描いたら、次の手順を繰り返す必要があります。

  • フォルダに追加

  • フォルダーにラスター レイヤーを作成して色を塗りつぶします。

 

ベクターレイヤーに図形を描画し、繰り返しの進行状況の記録を開始します

 

記録アイコンをクリック

 

重要! : レイヤー パネルをクリックしてアクティブなレイヤーを変更しないでください。

間違いを避けるためにメニューバーを使用してください。

 

【ただいま収録中】

 

アクティブなレイヤーをフォルダーに追加する

[レイヤー→フォルダーを作成してレイヤーを挿入]

 

(アクティブレイヤーがベクターレイヤーではなく、フォルダーに変更されていることがわかります)

新しいラスター レイヤーを作成します (アクティブなレイヤーは新しく作成されたレイヤーに切り替わります)

[オプション]ラスターレイヤーをベクターレイヤーの下に持ってきます

 

[レイヤー>レイヤーの順序>下]に移動します

 

ラスターレイヤーはベクターレイヤーの下になります

記録を停止すると、パネルにステップが表示されます

【収録終了】

 

 

アクションを使用するには: 新しいベクトルを作成し、形状を描画します

次に、[再生] ボタンをクリックします (アクション セットが正しく選択されていることを確認してください)。

ワンクリックでフォルダ構成が完成!!

アクティブなレイヤーはすでに色を塗りつぶすためのラスターレイヤーであるため、塗りつぶしツールで形状を即座に塗りつぶすことができます

目や口など一部パーツはペンツールで塗るだけなので、他のパーツと重ならないように一番上のレイヤーの下絵を描き直します

残りのパーツについても同じ手順を繰り返します

ヒント:同じ色で重なっている部分もありますが、フォルダをクリックして[レイヤープロパティ]パネルで境界線を設定すると、作業中に見やすくなります。

(この効果は後で削除する必要があります)

 

Tips : スケッチ画像から色で輪郭を描くと、背景に溶け込んで見えにくい場合があります

代わりに見やすい色で描く

サブツール操作から[オブジェクト]ツールを選択し、サブビューをクリックして色を選択します

終わり!

パート 2 : ペーパーカット効果を適用する

今が一番楽しい時間です!!

 

切り絵効果のオートアクションを作りました

 

アクションをダウンロードする

ダウンロードされたアセットは、Materials Downloaded パネルに表示されます

ダウンロードしたアクションをオートアクションパネルにドラッグ

この自動アクションを使用するには、折りたたまれたレイヤー フォルダーを選択する必要があります。

レイヤーフォルダーを選択し、オートアクションを再生します

この操作により、レイヤー フォルダーにペーパー カット効果が追加されます

レイヤー パネルで、レイヤー フォルダーが新しいフォルダー (スルー モード) に追加され、ハイライト レイヤーとシャドウ レイヤーが表示されます。

[オプション]レイヤーパレットの色も名前を変更して設定し、折りたたんだ

すべてのパーツで手順を繰り返します。

 

【重要!】オートアクションを適用する前に、一部のパーツ(フチ)のレイヤー効果を外すことを忘れずに

目などの細かい部分は、一番上のレイヤーに[テクスチャペン]で塗りました

これで、超簡単な切り絵スタイルのアートができました!!

注意 : 自動アクションの進行後にパーツを編集する場合は、[Ctrl+z] を何度も押す必要があります。

 

元のレイヤーフォルダーをフォルダーから持ち出すことができます

そしてオートアクションで作ったフォルダを削除

 

編集が終了したら、オートアクションを再度適用できます

パート 3 : 最終仕上げ

この部分では、いくつかのレイヤーに個別に調整を加える必要があります

 

レイヤーフォルダーに名前を付けて色を塗った後でも、画像が非常に詳細な場合、レイヤーを見つけるのに時間がかかります

 

操作サブツールの[レイヤー選択]ツールを使用し、パーツをクリックして選択します

 

塗りつぶしレイヤーがアクティブになり、レイヤーフォルダーが展開されます

フォルダが見つかりました!!さあ、これらのテクニックで結果を改善しましょう!!

 

 

[[影を追加]]

パーツの下に影を追加するのはとても簡単です

 

シャドウレイヤーを移動すると、さまざまな量のシャドウが簡単に作成されます

 

影レイヤーを選択し、[レイヤー移動]ツールで移動

[クリックした位置にオブジェクトを移動する]のチェックが外れていることを確認します

 

[[グラデーション効果を少し追加]]

エアブラシで簡単なグラデーション効果を作成する

 

パーツ グループを選択し、元のパーツ フォルダーの上に新しいラスター レイヤーを作成します。

フォルダーで新しいレイヤーをクリップします

サブツールエアブラシの[ソフト]エアブラシツールを使用

少し暗い色を選択し、クリッピングされたレイヤーにペイントします

重なった部分でそれを繰り返す

 

結果は今より魅力的です^_^

 

 

【【紙の質感で仕上げ】】

これは私の最も好きなプロセスです!!!アートワーク全体を 3 秒で紙のように仕上げましょう!!

 

Clipstudio Assetのこの素材の水彩テクスチャを使用します

 

(彼らは私のお気に入りです!)

 

すべてのレイヤーを 1 つのフォルダーに入れる

すべてのレイヤーを選択して [Ctrl+g] を押すか、フォルダー アイコンにドラッグしてグループ化します。

 

素材ダウンロードパネルから水彩素材をドラッグし、フォルダの上に置きます

作品全体を覆うように素材を調整し、モードを[焼き込みカラー]に変更

レイヤーをコピーして、少し暗い効果を与えることができます

レイヤーフォルダーにクリップして、効果がレイヤーフォルダーにのみ表示され、背景には表示されないようにします

背景にもパックの水彩素材を足します

 

そしてそれは完了です!!

これがあなたのフラットスタイルアートのアイデアになれば幸いです!!次のチュートリアルでお会いしましょう!!

コメント

新着

公式 新着