5.人物の着色1(肌)

9,334 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

配色したベースの色に影をつけていきます。

人物を塗るときは、後ろにある小物類のレイヤーは非表示にしておきます。


[1]肌に濃い色を塗る

はじめに、人物の肌をベースの「はだ」レイヤーに直接塗っていきます。

前回の色分けの工程でレイヤーの透明部分をロックしてあるためはみ出さずに色を重ねられます。

着色には「色塗1]ブラシを使いました。


▼第1回で、使用しているブラシを紹介しています。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/1206


濃い色を「置いて→馴染ませて」を繰り返して、塗り重ねていきます。


[2]青や緑色を塗る

「はだ」レイヤーの上に新規レイヤー「青とか」を作成し、パレット上部にある [下のレイヤーでクリッピング]アイコンをクリックして設定します。

※レイヤーに[下のレイヤーでクリッピング]を設定すると、下のレイヤーの描画範囲にのみ描画が表示されます。

この機能について詳しくは以下のTIPSをご覧ください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/582


この「青とか」レイヤーの肌の上に、水彩境界を設定したブラシ「青肌とか」で青色や緑色を重ねます。

青色や緑色を肌に塗ることによって、人物に血の通っているような深い表情が加わります。

おでこと首に塗り重ね、腕や足にもちょこっと色を入れます。


[3]赤みを入れる

「はだ」レイヤーと「青とか」レイヤーの間に新規レイヤー「ほっぺ」を作成し、[下のレイヤーでクリッピング]と合成モードを[乗算]に設定します。

※合成モードの設定について詳しくは以下のTIPSをご覧ください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/656


この「ほっぺ」レイヤーに、人物のほっぺたの赤みを入れていきます。

青や緑と同様に、赤みを入れることによって血の通っているあたたかさを加えます。

「色塗1」を使って赤みを入れたあとに、第1回で作成した消しゴムブラシ「カサカサ消しゴム」でなじむように削っていきます。

ほっぺたの赤い女の子ってかわいいなと思いつつお化粧のチーク(頬紅)感覚で入れていきますが、赤面しているわけではないので、ほんのり色付くように、また、赤くなりすぎないように気をつけます。


[4]ハイライトを入れる

肌の着色の最後に、ハイライトを入れます。

「青とか」レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、[下のレイヤーでクリッピング]に設定します。


顔の縁やほっぺたにハイライトを入れることによって、ちょっとつや感を出します。

「線画」ブラシを使って、ベースの肌色でハイライトを入れました。


肌の着色はこれで終わりです。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着