6.人物の着色2(髪)

4,900 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]髪に濃淡をつける

髪の先や顔の周りに明るい色を入れ、だんだんとベースより暗い色で影を塗り重ねていきます。

光の方向などはあまり考えずに塗り進めます。


[2]髪の色に変化をつける

前回の肌の工程と同じように、髪のベースレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、[下のレイヤーでクリッピング]します。


このレイヤーにさらに濃い色と、青や緑、ピンクといった色をちょこっと入れます。ブラシは「青肌とか」を使用しました。

周りに配色された色などを入れることによって、髪に深みが加わり周囲となじませられます。


[3]髪の仕上げ

■線画と髪(毛先)を肌となじませる


線画フォルダーの上に新規レイヤーを作り、[エアブラシ]ツールの[柔らか]で顔の周りの髪の部分に肌の色を塗り、不透明度を50%に下げます。

※下の画像は、描画部分がわかりやすいように髪と肌の色を非表示にしたものです。



■髪の毛を描き足す


線画だけでは髪がカチッとした印象になってしまうため、線画の上から毛を描き足して髪の柔らかさを出します。


エアブラシで塗ったレイヤーの上に新規レイヤーを作り、「線画」ブラシで描き足します。

色は[スポイト]ツール→[表示色を取得]で髪から取得します。


最後に、髪のベースレイヤーに戻り、「カサカサ消しゴム」で毛先を薄く消します。

薄くすることで透明感を出し、さらに周りの色にうまく溶け込ませることができます。


これで髪の塗りが終わりました。

コメント

新着

公式 新着