🇫🇷フランス語書道Writing

4,138 view

やあやあ !

スタジオペイントクリップのこの新しいクリップへようこそ!

今日、私はあなたが私の国の歴史の中で私と一緒に旅行しているのを連れて行きます:フランス! 🇫🇷

私たちは一緒に古いフランスの書道の外観を真似て書く方法を見ます!

しかし、以前は、この古い書き方がどこから来ているのかを理解するために少しフランスの歴史コースが必要です( '∀`)

1:フランス書道の歴史と起源

中世に開発されたフランスの書道またはヨーロッパの書道は、7世紀頃に生まれ、その後16世紀の印刷の発明の後に次第に消えました。当時、このタイプの文章は単なる文章よりも芸術に近いものでした。フランスでは、写本とカトリックの執筆を専門とするコピー僧によって使用されました。
当時の書道は、小さな絵だけでなく多くの金箔で飾られていました。特に、大文字は、文の冒頭で、細心の注意を払ってそれらを装飾できるようにするために、文字の残りの部分よりも自発的にはるかに大きくなっていました。
コピーリストとイルミネーターは1ページに何時間もかけて細部を最も精密なミリ単位で精細に仕上げることができます。

そのため、カリグラフィーとイルミネーションは、主に中世の僧侶たちによって、宗教的な文章を説明し、装飾し、書くために使用されていました。

2:マイナス点:

フランス語の書き方では、単語は「小文字」で書かれ、文の先頭の文字は「大文字」と呼ばれます。

この後半では、Clip Studioのペンキで小文字を書く方法を紹介します。

このヒントを実現するために、ここではiPad Pro 12.9 "とClip Studio Exペイントソフトウェアを使用しています(⌒▽⌒)

A:ワークスペースを準備する

まず第一に、あなたが書くことさえ始める前に、もっと簡単に、そして正しい方法で文字(* 'ω' *)を書くことができるように書くことの参照を置くことは重要です

線を引くことができるようにするためには、線を非常にまっすぐかつ垂直にすることができるように、グリッドをシート全体に配置する必要があります。
これを行うには、[表示]タブに移動して[グリッド]を選択します。

このようにグリッドが配置されているので、書き込みのマークを付け始めることができます。

B:文章を書く

線を引くために、私はツールを使いました:[Straight Line]はこのように設定します:

それから私はこのようにして最初の本線を引きました:

常に同じトレースツールを使用して、サイズを少し下げて他のマークをトレースします。今度は別の色で書き始めたら絡まった筆がつかないように☆〜(ゝ.∂)

完了したら、グリッドを削除します。これも同じ方法で行います。
これが結果です(* '▽' *):

これらの線はすべて同じレイヤーにあります。

子:書道に役立つ特徴

まあ!目印が描かれたので、文字の書き込みに移ることができます。

このヒントでは、ペンツールを使用します。[書道]、このように設定します。

サイズはそれほど重要ではありませんが、方向の調整はカリグラフィーの形には不可欠です。私があなたに提示するのと同じ結果を得るためには、上記と同じ方法であなたのペンを校正することが重要です(〃ω〃)

以下は、小文字の書道で使用されている機能です。私はこのような書き方の初心者がより快適になるようにカラーコードを使いました、それがあなたの理解に役立つことを本当に願っています! (* '-`)

形質の翻訳:

1:波(赤)
2:右ループ(黄色)
3:左ループ(緑色)
4:バー(青)
5:ひし形(ピンク)

いくつかの例外を除いて、これらの機能はすべて書道で小文字を描画するために使用されます。スタジオペイントクリップで書道ペンを使用したことがない場合は、これらの特性の描画を練習してください。

D:手紙の道

以下の例を使って、私が「3種類の文字」と呼んでいるものを描く方法を説明します。
通常のカテゴリ:
下のカテゴリー:y
最上位のカテゴリ:k

上記のプロットのカラーコードはここに示されており、プロットの順序も説明されています。
(私はまた手紙aを描く過程についてのビデオを作りました)

通常のカテゴリの文字は2本の青い線の間にあり、それを追い越しません。 (手紙a)

下位カテゴリの文字は、上部の青い線と下部の赤い線の間にあります。 (手紙y)

上位カテゴリの文字は、一番下の青い線と一番上の赤い線の間にあります。 (手紙k)

E:小さなアルファベット全体

これはAからZまでの小文字のアルファベットです。もちろん、このヒントを理解しやすくするために、カラーコードと行の順序があります(・∀・)

そしてここでそれは通常の方法で、黒で書かれています:

3:大文字の文字:

この3番目の部分では、大文字が表示されます。
(私は先生のような気分です)

したがって、大文字は文の先頭にある文字で、フランス語では文の先頭を示すために、最初の文字が大文字になります。大文字は小文字より大きいです。壮大さのこの比率はフランスの書道で尊重されます。

フランスの書道では、首都は非常に大きく、単独で本当の芸術作品を表すことができます。それらをドロップキャップと呼びます。

残念ながら、大文字のカラーコードやプロット順さえもありません。
これらはすべて互いに異なるため、それらをいくつかのカテゴリの機能に分離するのは困難です。

これが完全な大文字のアルファベットです。

まず、参考文献を書きます。

それから何もせずに通常の方法で:

小精度:真ん中の細い直線をトレースするには、書道ペンの方向を次のように変更する必要がありました。

しかし、残りの文字をトレースしないのであれば、私は以前に示したペンの設定を変更しませんでした。3

4:イラストのカリグラフィー:

この第3部では、クリップスタジオペイントでこのイラストをどのように実現したかを説明します。

まず、テキストを書きます。
私は上でヒントで示したようにして、書道の方法で私が表現したい言葉を書きます。

それで、設定を変えずにペン[書道]を取り、それから文字をなぞります。私は必要以上に大きい首都を表します、なぜなら私は最後に向かってそれらを飾るつもりです、それで私はそれが残りのテキストと比較してはるかに重要を取りたいと思います:

それが一度書かれたものです。

それから私はそれに古い羊皮紙/原稿(* ^^ *)の区域を与えることによってデッサンの書道の一見を補強するために実例に質感を加えるつもりです

これを行うには、テクスチャを選択します[Rough Textured]

それからそれを一番上の、言葉が書かれているレイヤーの上に置き、それからこの古い羊皮紙の様相を与えるために、テクスチャの色を変えます。

これら2つのステップが完了したら、レイヤーを[Product]に変更します。

重要:このレイヤーは常に最初に表示され、表示されているレイヤーがその上にあることはできません。

完了したら、作成したレイヤーの上にレイヤーを追加します。

この層の上に、私は大文字である種の金メッキを描くようになるでしょう、私は今イニシャルの装飾を始めます! (* _ *)

それで、私はペン[書道]をこのように設定します。

私は黄色い色を取ることを選びました。その中にオレンジ色のメモがあります。3

パラメータの準備ができたら、次のように大文字で薄い金色の文字を描きます。

それから私は透明なピクセルロックオプションを使って陰影を付けることができるようにし、そして私の特徴に金色の印象を与えます。
このオプションを使用すると、レイヤーを追加したりオーバーフローしたりすることなく、すでに描画した場所にのみ描画できます。
絵は私の説明よりももっと物語っているでしょう:

それで、大文字と小文字の区別ごとに同じ手順を繰り返し、3つのレイヤーを次のようにロックします。

レイヤーがロックされて準備ができたら、エアブラシ[Sweet Eraser]のツールを変更し、暗いオレンジ色を選択して、ツールを次のように調整します。

私は次に、このように黄色い線の境界線をぼかします。

それから私はエアブラシの色をガラス/茶色の色合いに変えます。

そして私は私の金メッキをほんの少しシェーディングして戻ってきました:

私は他の2つの大文字でステップを繰り返す( '∀`)

このステップが終わったら、もう一度[書道]ツールを使い、ブラシのサイズを小さくして、同時に別の色を取ります。
私は中世の僧侶が使っていたものに非常に近い青を選びました。

だから私は再び大文字で以前に作られた金メッキを超えることなく再び大文字で特徴を描くようになる、目標はそれを完全にカバーすることではない(¯∀¯)

それが大文字Cで終わるときに起こることです:

Studioの文字Sには、このようにかなり純粋で濃い赤を選びました。

そしてP絵の具で仕上げるために、私はやや鈍い緑をとりました。そして、それは中世で使われたそれによく一致しました:

これは、この作業の段階でイラストが示すものです。

すべてのレイヤーを1つのグループにまとめます(一番上のテクスチャのレイヤーを除く)。それらを分離しても意味がなくなり、作業計画がより明確になります(◠‿◠)

完了したら、今グループ化したすべてのレイヤーの上にレイヤーを追加します。

私は大文字で明るくエレガントな装飾を描くことにしました。それは文字の形を広げるでしょう。私はまた手紙にわずかな線を引く:3

私はこのように設定したペン[書道]を使いました:

私はそれを動かすことができるように一番上のこの小さなボタンを使いました:

イラストが完成しました! (* '▽' *)
冒頭に示したように、これが最終結果です。

4:小ギフト:

このヒントの最後に進む前に、私はあなたにちょっとしたプレゼントをしたいと思いました! (* '◒`*)

私が多くの時間を要したこの秘訣の実現の間に、私は、書道は国籍に関係なく、細部に至るまで多くのエネルギー、集中力、そして注意を必要とする芸術であることを理解し、学びました。ジェスチャー。これは匿名の書き込みではありません、それは非常に困難です。
これが私がこのコツをやっていたときにアイデアが私の小さな頭の中で生まれた理由です! (1・1・̑◡)

書道で書くペンを作りました!一番上にあるものすべてを見たのとまったく同じ方法です。 (´∀`)

これは、その使用から少し抜粋したものです。

もちろん、アルファベットの27文字があり、それぞれの文字にペンがあります。
大文字にも同じバージョンがあります。
書き込み行もペンで利用可能です! (^∀^)

それで、あなたは自分自身で書くか、フランスの書道の点でかなりの時間増加であるこれらのペンを使うことができます!

これはダウンロードページのリンクです:

https://assets.clip-studio.com/fr-fr/detail?id=1747319

5:END

これで、このヒントは終わりです。

それがあなたのお役に立てばと思っていますし、素晴らしいフランスの歴史の小さなページを発見することにも興味を持っていますように!
いずれにせよ、私はこれらすべてをあなたに教えるためにとても楽しくなりました! (*≧∀≦*)

そしてフランスで言ったように:

Bisoussss! :* + \((°0°))/.:+

Instagramの:Hedonie_art

コメント

関連する記事

新着

公式 新着