CLIPでカットアウト

3,680 view
けも

けも

写真を単純化させてイラストような処理にしてしまいます
イラストの背景として使えてオシャレでかわいらしい写真加工ができるかもしれません
(Pro / EX 専用です CLIP STUDIO PAINT EX Ver.1.9.3で作業をしています
色調補正レイヤーを使うので DEBUT では作業できません)

Photoshopのフィルタに「カットアウト」という処理があります
写真を簡単に減色してそれなりのイラストのような仕上がりにしてしまいます
それをCLIPでも再現しようという試みです
・ファイルを保存する時は「別名で保存」を選び「CLIP STUDIO FORMAT」を選んでください


同じ写真をPhotoshopでカットアウトしたものと 今回、CLIPで目指したものの比較です
[加工前の写真]
左[Photoshopで加工] 右[clipで加工]

Photoshopのカットアウトでは数値により形の崩れた抽象画のような絵を作り上げることができます
そうなると今のところCLIPでは太刀打ち出来ません(もはやカットアウトではないのかもしれません)

Photoshopと比べるといたるとことに違いはあります
しかしCLIPなので、これはこれでアリではないでしょうか?
Photoshopに独立したフィルタが用意されているというのは羨ましいかぎりですが・・

「準備」

写真をまず用意します
そのまま素敵な写真でしたらそのままで良いですが
明るい写真は加工後が綺麗です 暗い写真はどんなに素敵でも見栄えはしないかもしれません

写真の明るさなどが気になるようでしたらカットアウトの処理の前に
レイヤーメニューの「新規色調補正レイヤー」の「レベル補正」「色相・彩度・明度」「明るさ・コントラスト」などでお好みで調整しておきます
調整終わりましたらレイヤーパレットで全てのレイヤーを選択して
レイヤーメニューの「選択レイヤーを結合」または「画像を統合」を選び
1枚のレイヤーにします

ちょいちょいと補正した写真の細かなディティールを潰してしまいたいので
編集メニューの「スマートスムージング(先行プレビュー)」を実行しました
強度を「強」、「ノイズ」にチェックを入れます(処理に時間がかかるかもしれません)
(スマートスムージングは実行しなくても何の問題もありません)
カットアウトする画像の用意ができました

「カットアウト 開始!」

レイヤーパレットでレイヤーを複製します
レイヤーを選択して「レイヤーメニュー」の「レイヤーを複製」を選びます

複製したレイヤーの表現色を
「レイヤープロパティパレット」の「表現色」のプルダウンを「グレー」に変更します

グレーに変更したレイヤーの上に
「レイヤーメニュー」の「新規色調補正レイヤー」の「階調化」を選びます
キャンバスの表示を確認しながら、数値の「8」を好みに設定します
わからなければ「8」のままで「OK」します(後から数値の変更は可能です)

レイヤーパレットで「色調補正レイヤー(階調化)」を「下のレイヤーでクリッピング」します
(大事な作業の一つです)

レイヤーパレットで「表現色グレー」のレイヤーを選択します
レイヤーパレットの「合成モード」をプルダウンで「輝度(一番下)」にします
(これも大事な作業です)

これでおしまいです 完成しました

「加工の追加」

イラストの背景として利用できるようにさらに加工することもできます
レイヤーパレットの「色調補正レイヤー(階調化)」をダブルクリックして
階調化の数値を変更します

出来上がりの画像自体の補正を行いたい場合は
「色調補正レイヤー(階調化)」の上に
レイヤーメニューの「新規色調補正レイヤー」の「色相・彩度・明度」を作成して
明度をさらに明るくしたり、彩度を落としたり、色相を前後5までを目安に変更したりします

明度を明るくするとキャラクターを引き立てると思います
彩度を下げると落ち着きが増します
色相の数値を大きく変えるとアブノーマルになってしまいます
数値をマイナスに振ると温かみが増します
プラスにするとハードな感じがすると思います
(個人の感想です)

CLIPでカットアウトのサンプルです

Photoshopとはまったく違いますがそんなに複雑な作業を行う必要はありません
オートアクションにも記録できます


「のうがき」
正確には「ポップアート」ではなさそうですね、輝度と階調化を使った単なるTIPSです
ポップアートに大いに利用できる処理だとは思います(時間も手間もかけずに)
レイヤーの合成モードの輝度がどういう働きをしてるのか理解していませんがなかなか便利に使っています
イラストを複製して表現色を「グレー」にしてレイヤーの合成モードを「輝度」にします
で、この輝度にしたレイヤーに対して「階調化」を施し完成します
つまり滑らかな輝度をいくつかの階調に平坦化してしまうことになるのですが
それだけで写真などがイラストちっくなものになってしまいます
輝度は謎ですが
ありがたいです
階調化の代わりに表現色「グレー」のレイヤーをフィルタメニューから「効果」の「モザイク」をかけるのも面白いです
元の写真に手を加えることなくモザイクがかかります。元の写真を変更せず利用できるのは良いことです

取り止めがないので終わります
あそんでください

<おまけ>

CLIPで写真を扱うためのオートアクションです
興味ありましたら使ってみてください

https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1750296
https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1745466

コメント

関連する記事

新着

公式 新着