複数ページの管理と印刷。

1,375 view

Clip Studio Paintは、漫画本と同人誌全体の作成をサポートしています。明らかに、複数ページのドキュメントの作成、管理、および印刷には、1ページ以上のドキュメントが含まれます。この記事では、プロセス全体をガイドします。

基本的な発行方法、用語、ワークフローに精通している場合に役立ちます。たとえば、雑誌出版のフラットプランは、雑誌のすべてのページを含むシートであり、制作作業が始まる前の編集コンテンツ領域と広告領域を含むページの概要を示しています。

ご覧のとおり、Clip Studio Paintのインターフェースでは、複数ページのドキュメントを作成する際にこれらの用語の一部が使用されます。

注:複数ページのプロジェクトがページ管理モードの場合、Clip Studio Paintは、ドキュメント内の各ページではなく、発行設定への変更のみを保存します。それらを保存するには、開いている各ページを個別に保存する必要があります。忘れると、Clip Studio Paintはページの保存に関する警告をポップアップ表示します。

このガイドで使用される規則

メニュー、ダイアログウィンドウ、コントロールパネル名、およびコマンドは、大文字で印刷されます。

ダイアログウィンドウまたはコントロールパネル内のオプションには、プレフィックス「Option:」が含まれます。
メニューとサブメニューは、右向き矢印「>」で印刷されます。
大きなダイアログウィンドウのセクションは、「::」の前に二重コロンが付いて印刷されます。

Clip Studio Paintを使用する前に

まず、PREFERENCES> COLOR CONVERSIONパネルで設定を確認します。オプション:RGBプロファイルは、ドキュメントの出力をRGBで反映する必要があります。たとえば、アートワークをWebで共有する場合は、sRGBが適しています。グループメンバーとアートワークを共有する場合、AdobeRGBはより広い色域をカバーし、最新のAppleモニターはすべてそれを完全にサポートするため、より優れています。オプション:CMYKプロファイルは、地域の印刷機の設定を反映する必要があります。ユーロスケールコーティングなしv2。

[オプション:レンダリングインテントを相対比色]のままにしておくことができます。 1つまたは複数の色がモニターに表示されているとおりに正確に印刷されるようにするには、絶対比色を使用します。

これで、最初の複数ページClip Studio Paintドキュメントを作成する準備ができました。

複数ページのドキュメントを設定する

複数ページのドキュメントを作成するには、ファイル>新規…を選択し、ウィンドウ上部のタブから紫色または青色のオプション:コミックアイコン、または緑色のオプション:ファンジンアイコンを選択します。

紫色のオプション:コミックアイコンまたは緑色のオプション:ファンジンアイコンを選択すると、ダイアログが表示され、コミックまたはファンジンに対応する出版物の設定に合わせたパラメーター設定が制限されます。

青いオプション:コミックアイコンをクリックすると、Clip Studio Paintでパブリケーションを設定するために使用できるすべての設定が表示されます。緑色のオプション:ファンジンアイコンと紫色のオプション:コミックアイコンの両方に青色のアイコンのダイアログウィンドウのサブセットが含まれているため、このガイドの説明では後者を使用します。

このダイアログは、以下で説明するセクションで構成されています。

キャンバスをセットアップする

キャンバスはページの背後に広がる領域であり、たとえば、作成したオブジェクトをページから完全に一時的に移動するために使用できます。 FILE> NEW…> COMIC :: CANVASで、キャンバスのサイズ、解像度、およびカラーで作業するかモノクロで作業するかを設定します。

本の紙の背景の色を設定するには、[オプション:紙の色]チェックボックスをオンにして、横にある色の長方形をクリックします。

[オプション:テンプレート]チェックボックスをクリックします。事前に定義されたオプションリストから書籍の画像フレーム(または漫画セル)区分をすぐに選択するボタンが表示されます。

注:キャンバスのサイズはいつでも変更できます。
[編集]> [キャンバスサイズの変更...]に移動します。基準点はアンカーとして機能します。

カバーページを追加する

表紙はオプションです。 [ファイル]> [新規]> [コミック::カバーページ]セクションでは、[オプション:テンプレート]チェックボックスをクリックして部門を選択することで、本の残りの部分とは異なる解像度、および別の画像フレーム(または漫画セル)部門を設定できますオプションリストから。

表紙は、キャンバスと同じように異なる紙色にすることができます。 [オプション:表紙のレイアウト]ボタンを使用すると、幅の広い表紙と表紙のみを切り替えることができます。最後に、[オプション:スパインの幅を指定]がオンになっている場合、ブックのスパインのサイズを入力できます。

キャンバスのサイズ、マージン、境界線、バインダー設定のカスタマイズ

[ファイル]> [新規...]> [コミック::マンガドラフト設定]セクションには、ブックのオプション:裁ち落とし(仕上げ)サイズを設定し、裁ち落としを設定するためのパラメータが含まれています。

バインディングは、キャンバスのサイズより小さくする必要があります。サイズボタンは、ブックの印刷に使用する用紙のサイズを示します。

注:ブリードとは何ですか。なぜブリード幅を設定する必要があるのですか?ブリードは、印刷業界の用語です。裁ち落としとは、ページの物理的な端とシートがカットされる端の端の間のページの部分です(トリミング)。ページが印刷機で印刷されると、裁ち落とし領域が切り取られるため、この領域では重要なものを何も描画しないでください。裁ち落としの目的は、印刷機を通過する際の紙の動きに対応するスペースをプロのプリンターに与えることです。

同人誌と漫画の設定ページで、オプション:デフォルトの境界線(内側)サイズ設定は、ページの余白を示します。これは、トリミングされたページの端(裁ち落とし)とコンテンツがある領域との間の領域です。あります。用紙の端と内側の境界線の間の部分は、マージンとも呼ばれます。トリムは、紙がカットされる正確な場所のプリンタートークです。

[オプション:デフォルトの境界線(内側)サイズ]設定は、書籍のオプション:製本(仕上げ)サイズに直接関連し、ソフトウェアによって計算されるため、デフォルトのままにするのが最適です。

ただし、オプション:カスタムポップアップボタンをクリックして、リストからオプションを選択することにより、カスタムの内部サイズを設定できます。

[オプション:サイズの設定]ポップアップを使用すると、コンテンツフレームの測定値と、[オプション:デフォルトの境界(内側)サイズ]設定の選択によって反映される実際のマージンを切り替えることができます。

通常、マージンはページの中央に配置されますが、オプション:Xオフセットおよび/またはYオフセットを変更することにより、中心から外れたマージンを作成できます。

[オプション:安全マージン]チェックボックスを使用すると、隣接する4つの数値フィールドで設定したサイズで、さらにマージンを設定してコンテンツ領域をさらに縮小できます。余分なブリード領域として機能します。

注:[編集]> [キャンバスのプロパティ]に移動して、キャンバスの設定をここまで変更することもできます…

[オプション:クロップマークの位置合わせ]チェックボックスと対応する[オプション:ギャップ]設定は、印刷の実行を開始するときにプリンターをガイドします。このカスタマイズは、[オプション]:[ファイル]> [新規…]> [COMIC ::複数ページ]セクションの[対応するページを広げる]がオンになっている場合にのみ表示されます。

ストーリー情報を追加する

[ファイル]> [新規…]> [コミック::ストーリー情報]セクションでは、ページの本のストーリーラインに関する情報を配置できます。コントロールは一目瞭然です。

ファンジン設定

同人誌印刷データをエクスポートするときに、[ファイル]> [新規...]> [コミック::ファンジンの設定]セクションのチェックマークがオンになっていない場合、データに問題がある場合はメッセージが表示されます。これはプリントショップにとって重要な設定ですが、日本のプリントショップを使用している場合にのみ適用されます。

ページ数と製本側の設定

[ファイル]> [新規…]> [コミック::複数ページ]セクションでは、目的のページ数をダイヤルインできます。設定をデフォルトのままにすると、最初の8ページが表示されます。

[オプション:対応するページを広げる]チェックボックスをオンにすると、すべてのページを一度に見開きページとして設定し、それに応じてクロップマークを揃えることができます。ただし、実行する前に、システムのセットアップ方法と一致するかどうかを印刷サービスプロバイダーに確認してください。

オプション:綴じ点は、本の背を左右どちらにするかを設定します。

フォリオ

FILE> NEW…> COMIC :: FOLIOセクションはページ番号をカバーしています。 Folioは、ページに実際に印刷されるページ番号にすぎません。

このセクションのパラメーターは、オプション:ページ番号の前後に何かを追加できるオプションを除いて、一目瞭然です。

本が製本される内側の端にページ番号を印刷する場合は、[オプション:ブラインドフォリオ]チェックボックスをオンにします。

ブック設定のプレビュー

前章で説明した設定の多くを理解していなくても、Clip Studio Paintは、本がセットアップ、製本、印刷されたときにどのように見えるかを実際に確認するための貴重なツール、3Dプレビューを提供します。

[ファイル]> [複数ページのエクスポート]> [バインド用の3Dプレビュー]に移動して、3Dプレビューにアクセスします。

3次元プレビューでは、コンテンツが表示された状態で本を自由に操作します。

3Dプレビューには、ページの順序の変更の結果も表示されます。これは、次の章「ブックの管理」の一部です。

本の管理

これまでに説明した設定のいずれかを変更する必要がある場合は、[ストーリー]> [基本的な作業設定の変更]に移動して変更できます。このダイアログでは、オプション:各ページを漫画のセルまたはストーリーフレームに分割するテンプレートを除くすべてを変更できます。

本のページの管理と出版の準備

本の完全な概要を取得するには、[ストーリー]> [ページマネージャー]に移動します。
ページのサムネイルをダブルクリックして、編集ウィンドウでそのページを開きます。ここで、描画を開始したり、既に追加されているコンテンツを編集したりできます。

[ストーリー]> [ページマネージャーレイアウト]では、ページマネージャーの表示場所を選択できます。これは、ページ表示の上下または上下の任意の場所にある別のタブに配置できます。 Page Managerをいずれかのレイアウトの場所に移動する前に、すべてのページを閉じる必要があることに注意してください。また、ページマネージャーだけでなくすべてのページタブを閉じると、ドキュメント全体が閉じられることにも注意してください。

また、[ページマネージャ]タブをメニューに記載されている場所のいずれかに赤い境界線が表示されるまでドラッグし、マウスを離すこともできます。

[ストーリー]> [バインドプロセス]サブメニューには、印刷ファイル名やフラットプランなどの公開設定の概要が表示されます。

このサブメニューでは、印刷ファイル名と表紙のソート順も変更できます。ページの順序を変更するには、赤い境界線が表示されるまでページマネージャでページをドラッグし、マウスボタンを離します。サブメニューオプション[表紙の順序の並べ替えを有効にする]をオンにすると、2つの表紙と関連する裏表紙を通常のページに変換せずにドラッグすることもできます。

ページマネージャーでページにカーソルを合わせて、コンテキストメニューを表示します。

このメニューでは、ページを開いたり、同人誌印刷データをエクスポートしたり、3Dプレビューを表示したりできます。

スプレッド内のページを結合するには、ページマネージャーを開いた状態で[ストーリー]> [ページの結合...]に移動します。

以前に結合したページを再度分割するには、[ストーリー]> [ページの分割...]に移動します

本を発行して印刷する

アートを最初からCMYKカラーで作成し、CMYKカラースペース外にあるカラーを使用しないようにするには、CMYKカラースライダーのみを使用します。

ただし、Clip Studio Paintの内部カラーモードは常にRGBであるため、正確なカラーレンダリングを備えた印刷機でアートを印刷する場合は、RGBカラースペースからCMYKスペースに色を変換する必要があります。

[設定]> [色変換]を正しく設定するための指示に従っていることを確認してください。

印刷機で印刷したときに色がどのように見えるかを確認するには:
[表示]> [カラープロファイル]> [設定のプレビュー]に移動してプレビューします…
ターゲットとするプリンターのカラープロファイルと目的のレンダリングインテントを選択します。

ブックのエクスポートと印刷

パブリケーションをエクスポートするには、[ファイル]> [複数ページ]> [バッチエクスポート…]を選択して、オプションを選択します。

オプション:スプレッドを個別にエクスポートするオプション(以前にスプレッドに結合したページ)を個々の用紙にエクスポートできるオプションを除き、これらは一目瞭然です。各ページは画像形式にエクスポートされます。

このガイドでは、Option:File FormatポップアップリストからPNGファイルを選択しました。 PNG EXPORT SETTINGS :: OUTPUT IMAGEセクションには、Folio、borderなど、ページに含める要素が含まれています。

[スケーリング時のプロセス]セクションを[オプション:コミック用]に設定する必要があります。その他の設定は一目瞭然です。

印刷

印刷オプションを設定するには、[ファイル]> [印刷設定]に移動します…

FILE> PRINT SETTINGS…:: PREVIEWセクションでは、実際にプリンターに送信する前に出力のプレビューを見ることができます。

[ファイル]> [印刷設定...] :: [印刷設定]セクションで、印刷サイズを選択します。
[オプション:デュアルページ]オプションを使用すると、最初にページ設定をページ見開きにすることなく、1枚の用紙に2ページを印刷できます。

FILE> PRINT SETTINGS…:: OUTPUT IMAGEセクションには、上記のPNGエクスポート設定ダイアログと同じパラメーターが保持されています。

FILE> PRINT SETTINGS…:: COLORセクションでは、自動的に検出された色深度の他に、印刷用のカラーモードを明示的に設定できます。

[オプション:スケーリング時の処理]セクションを[オプション:複数ページのドキュメントをエクスポートするコミックの場合]に設定する必要があります。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着