油絵

1,202 view

こんにちは、ナディアです!
このチュートリアルでは、油絵のように見えるデジタルペイントをどのように行うかを示します。このトンボの妖精のプロセスを説明します(また、見たい場合はスピード描画を行いました!)が、最初に色の使用方法と使用するブラシの例をいくつか示します。

鉛筆ブラシ

右下のキーボタンをクリックして、「デザイン鉛筆」ブラシを複製して編集しました。

元の設定:

鉱山の設定:
(不透明度と密度も変更しましたが、必要に応じて変更できます!)

簡単なヒント

ヒント1:

デジタルで油絵を作成する場合は、完璧な楽器を使用することは避けてください(1)が、形状を作成するには鉛筆ブラシを直接使用してください(2)

ここで私は影をしました。 (1)では柔らかいブラシを使用し、(2)では鉛筆ブラシを使用しました

次に、左下に反射光を追加しました。

最後に、右上にライトを追加しました。

ご覧のとおり、異なるブラシを使用するだけでそれらは本当に異なります! ^^

ヒント2:

鉛筆の先端を圧力で設定することをお勧めします。軽く描くと線が細く(1)、強く描くと線が太くなります(2)

近くのオブジェクトを描画するときは、フォーカスを絞ったように軽く描画しますが、遠くのオブジェクトを作成するには、重く描画します(「マウス」の「クリック」を使用して、タブレットに過度の圧力をかけません!)。私はトンボの妖精のイラストでしたように、焦点が合っていないようです。

イラスト:スケッチと単色

最初に簡単なスケッチを作成し、次により良いスケッチを作成しました(後で色を修正するためにインクを使用しません!)

ポーズが変更されたことがわかります。私は通常、単にスケッチをするのではなく、実際に好きなものを最終的に見つけるためにたくさん作らなければなりません! (ビデオでは、スケッチに時間がかかることがわかります!)

1-クイックフラットグレーを置きます。
2-そして、ベースに単色を選択します。
3-色をつけるために異なるレイヤーを使用します私は鉛筆ブラシで塗りつぶします(「塗りつぶし」ツールではなく!!伝統的な方法で色を塗ると、見栄えが良くなります!! ^^)、下の平らな層にクリップします。
4-ご覧のとおり、油絵のように見えます!そして、下に完全な平らな層があるので、空のスペースがある心配はありません!!

注:私はいくつかの色を使用していますが、より多くの場所で同じであることがわかります。 ^^(ビデオで見せます!)

最後に、フォルダーを複製し、レイヤーをマージして、フラットカラーがすべて1つのレイヤーに収まるようにしますが、必要に応じてバックアップフォルダーも用意します。

マージレイヤーの場合:

-フォルダを右クリックして、[選択したレイヤーを結合]をクリックします

または

-[レイヤー]> [選択したレイヤーを結合]の上のバーをクリックして

イラスト:キャンバスの準備と影の色付け

あなたがすべてのパレットを見ることができるように、私は今それを投稿します。通常、すべてのレイヤーの上にパレットレイヤーを作成するので、シャドウまたはライトに使用する色のためにそれを保持します。着色プロセス中に色を追加しますが、最初に色を決めることはしません。また、私は時々それらを変更するため!

次に、何よりも上のレイヤーを作成し、黒で塗りつぶし、「カラー」に設定して、すべてのキャンバスをグレースケールで表示できるようにします。これは便利なので、ライトとシャドウを正しく行ったかどうかを確認できます。

そこで、最初に「乗算」でレイヤーセットを作成し、色の選択を使用してマスクを作成し、ここでマスクボタンをクリックします。

私はいつも鉛筆ブラシで青い色の影を追加します:

次に、2番目のシャドウを追加します。 「乗算」で新しいレイヤーセットを作成し、シャドウを作成する場合と同様の色を使用します。だから緑はどこに緑の影を追加し、茶色は茶色などを使用します...

イラスト:ライト

「オーバーレイ」で新しいレイヤーを作成し、オレンジ/黄色の光を少し追加します

「グローを追加」セットで新しいレイヤーを作成し(不透明度を少し下げます)、ブルーカラーを使用していくつかのライトを追加します

「通常の」レイヤーを作成し、ライトを追加する場所よりも明るい色を選択します。また、スキンやその他の部分を修正して、「スケッチ」が灰色になるようにします。

新しい「通常」レイヤーを作成し、青/緑のリムライトを追加します。
リムライトを追加するために、影のある部分を選択するので、より明るく見えます!
ご覧のとおり、一部の線は細いですが、一部の線は太いです。これは、私が形状に従うので、より現実的に見えるからです!

新しい「ノーマル」を作成し、リムライトの明るい色を追加して、さらにポップアウトします!

これで完了です!次に、このファイルをコピーして、新しいファイルとして保存します。これを行うので、レイヤーのようにファイルをバックアップします!

イラスト:背景

重要な注意:これらのレイヤーは、私が描いた順番ではありません。これは、このような背景を描画するときに、追加するものやオブジェクトに応じてレイヤーを追加するからです!それをもっと見たいなら、私が投稿したスピードペインティングを見てみてください。このイラストは終了するのに数日かかったので、非常に高速です(ただし、youtubeの速度設定を0.25に変更できます)(完全なイラストは約4時間でしたが、画面とすべてを撮らなければならなかったので、 1日数時間!)
私がそれをどのように行ったかを説明しますが、少し混乱しているように思えるかもしれません。

新しいファイルでは、すべてのレイヤーをマージするので、完成した色の妖精はすべて1つのレイヤーになりました

最初に背景の簡単なスケッチをします。完璧である必要はありません。単なるアイデアです。実際、少し後で変更します。 ^^

「通常の」レイヤーに背景色を追加します

これらの選択された3つのレイヤーは「通常」に設定され、これらのレイヤーで私が行ったスケッチに従います。キャンバスのパレットに従って色を追加します。
ご覧のとおり、私は非常に大きな鉛筆ブラシを使用しており、詳細を実行しないため、焦点が合っていないようです。
申し訳ありませんが、光と影を直接追加します。ここには方法がありません。
おそらく役立つと言えるのは、「カラー」に設定された黒いレイヤーを使用して、光が明るいかどうかを確認できるようにすることです。

スケッチレイヤーを非表示にしたのは、もう必要ないためです。
レイヤーの下部に他の詳細を追加して、遠くに見えるようにします。

実際、これは後でやったと思いますが、今お話しします。これらの2つのレイヤー(1つは「オーバーレイ」、もう1つは「通常」)は、空に青を少し追加するだけでした。

これらの「通常」レイヤーに、左の枝に少し茶色、背景に少し赤い(花のように)などの詳細を追加しました

「乗算」に少し緑色を追加しました。深さがないと思ったからです。

[グローを追加]の新しいレイヤーセットに青を少し追加します

「乗算」レイヤーの塗りつぶしをすべて青色で追加し、マスクを使用して一部を消去しました。

2つの「オーバーレイ」レイヤーを使用して、いくつかのライトを追加しました。
最初のものでは、葉の上にさらに青を追加しました。
2つ目では、オレンジ色のライトを追加しました。
ご覧のとおり、不透明度を少し下げましたが、好みに合わせて調整できます!

Laslty少しミストを追加しました。
同じ鉛筆ブラシを使用し、白い波を走り書きしてから、次のようにしてすべてのレイヤーをぼかしました:

フィルター>ぼかし>ガウスぼかし>(ウィンドウが開きます。希望する「強度」を選択できます)> OK

それから私はそれが明るすぎると思ったので、同じテクニックでさらにミストを追加しました

ご覧のとおり、不透明度は低くなっています。そうすることで、一部がほとんど透明になり、リアルな霧のようになります!! ^^

最後にmi署名を追加しました。

背景の簡単な要約:

-すべてのレイヤーをマージして、キャラクターの完成した色がすべて1つのレイヤーに収まるようにします
-キャラクターレイヤーの下で、背景を簡単にスケッチします
-フラットカラーを追加し、ライトとシャドウも考慮します(すべて通常のレイヤー)
-次に、「乗算」レイヤーで影を調整します
-そして、「オーバーレイ」と「グローを追加」レイヤーでライトを調整します

ビデオスピードペインティングへのリンク

https://youtu.be/S721C4RikVM

読んでくれてありがとう、これが役立つことを願っています!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着