ヒューマノイドロボットの設計は定規ツールで簡単です

2,036 view

サイエンスフィクションのテーマアートワークにロボットを配置する必要がある場合もありますが、通常はロボットや機械的なものを描くことはありません。このチュートリアルでは、ヒューマノイドロボットを設計し、クリップスタジオの定規ツールを使用して描画する簡単な方法を紹介します。

プロセスの概要

ビデオチュートリアル

https://youtu.be/I4uMhWnnMKU

ヒューマノイドロボット設計の基本概念

ヒューマノイドロボットを設計する前に知っておく必要のあることがいくつかあります。
デザインを始めるための3つの主な鍵は次のとおりです。

>>フィギュアデザイン

ヒューマノイドロボットは、人体のようなフレームを持つロボットです。その主な複合材料は、体の部分と関節です。

ロボット部品に変えるときは、箱として描いてください。

ボックスパーツを調整することで、ロボットのスケールを簡単に設計できます。

例えば :
最前線にいるように見えるロボットを設計する場合は、胸と腕を大きくして、敵を叩いたり、武器を持ったりします。
または、実験室で作業するロボットの場合は、限られたスペースで自由に移動できるように、より薄くて小さいボディ。
または、多くの情報を含むかわいいロボットの大きな頭:D

パーツやジョイントの位置を調整して、よりユニークなスタイルを作成することもできます。

注:よりリアルな外観のロボットを作成する必要がある場合は、一部の関節を減らすときに、ロボットの動きにもっと注意を払う必要があります。たとえば、膝の関節を外すと、ロボットは正しく歩くことができません。足元にホイールまたはパワーエンジンを追加して浮かせることができます。

>>ボディパーツ

主にロボット部品は、ロボットの機械的内部を覆う頑丈なシェルです。そのため、その形状は、ボックスやシリンダーなど、デザインに合わせて好きなものにすることができます。

シェルなしで、代わりにスケルトン構造でパーツを配置することもできます。

>>ジョイント

ロボットの設計については、独自のタイプの関節を設計するための機械的関節への参照をいくつか見つけることができます。ここに関節の例をいくつか示します。

脊椎などの一部のパーツでは、連続したジョイントパーツが必要になる場合があります。
または、肩の部分や肘などの保護のためのカバー。

各関節の動きにもいくつかの制限があることに注意してください。 (「ジョイントなし」を除いて、それがどうなるか誰も知らない未来のテクノロジーなので、好きなものを置くことができます)

また、関節をよりリアルにすると、ロボットもよりリアルになります。

デザインに取り組んでいます

このパートでは、ヒューマノイドロボットを設計し、Clipstudioで描画するプロセスを紹介します。

>>パーツをデザインする

ロボットの体型を計画してから、いくつかの簡単なジョイントを追加します

通常、ロボットの体は動きのバランスのために対称ですが、非対称のロボットを設計することもできます。厳密な規則はありません:D

次に、対称定規を使用して詳細を描画します。
ルーラーサブツールでメニュー「対称ルーラー」を選択し、[行数]を2に調整して、[ライン対称]をオンにします。

ロボットの中央にある線をドラッグし、[Shiftボタン]を押したままにして、画像に完全に垂直に揃えます。

レイヤーパネルの[すべてのレイヤーに表示]オプションをオンにすると、すべてのレイヤーに表示されます。

これで、片側に描画でき、反対側に表示されます。
シェイプスケッチにはシンプルなペンを使用しています

ロボットの大まかな形状を描くことから始め、後で詳細を適用します。

ヒント:対称定規を使用する場合、消しゴムツールを使用して両側を消去することはできません。

代わりに透明色を使用してください!カラーパネルの下で選択して、現在のブラシでペイントできます。

これで、両側で消去できるようになりました。

オプション:デザインに鮮明な画像を表示するためにサイドデザインを描画します

ヒント:スケッチの縮尺を簡単に制御できるように、正面図から投影された線を配置します。

>>遠近法で描く

常にパースペクティブをいじっている場合(me = w =のように)、[パースペクティブルーラー]の使い方を学ぶことで人生が永遠に変わります!

ただし、遠近法が図面でどのように有効になるかについてのいくつかの基本も学ぶ必要があります。

箱の中の物を見ているようなものです。オブジェクトを覆う箱を想像してみてください。

ボックスからプロジェクトラインをドラッグすると、どこかに消失点が追加されます。 (画像の外側にとどまる可能性がありますのでご安心ください)

ボックスを描くときは、オブジェクトを覆います。あなたは遠近法についてもっと理解するでしょう、あなたはそれをある物体のどんな画像でも試してみることができます。携帯電話で写真を撮り、練習します。

(注:多角形のオブジェクトを使用すると、湾曲したオブジェクトよりも簡単になります。)

[消失点の追加]プロセスでパースペクティブルーラーを選択し、ルーラーをボックスの消失点にドラッグします。

パースペクティブルーラーをコミットするには、別の線をドラッグする必要があります

Clip studioは、パースペクティブルーラーの水平線(およびレイヤー上のルーラー)を自動的に追加します。

別の消失点に対して別の遠近法定規を描画すると、定規が完成します。

デザインの形状を単純化し、パースペクティブルーラーを使用してキャンバスに配置します。

画像を変換する:編集>変換>自由変換[CTRL + SHIFT + T]

モードを[自由変形]に設定します

次に、変換ボックスの角を移動して、ルーラーを片側に合わせます。

ボックススケッチ用の新しいベクトルレイヤーを作成します

「塗りつぶしモノペン」を使用してボックスを描画することをお勧めします。これにより、青写真を描画しているようにペンに圧力がかからなくなります。

足は私たちが作った地面に最も近いので、私は足から始めるのが大好きです。

イレーサープロパティには、不要な行を簡単に操作できる[VectorEraser]オプションがあります。

スケッチを参照として線を投影することにより、より多くのボックスを描画します。

次に、別の線を引いてボックスを完成させます。パースペクティブルーラーを使用すると、このプロセスが非常に簡単になります。

パーツが終了するたびに、不要な行をクリーンアップします。

ヒント:さまざまな色を使用して描画を簡単にします。これらのボックスの形状は参照を描画するためだけのものであり、完全でなくても心配する必要はありません。

ルーラーへのスナップを無効にしました

参照ボックスにパーツを描画します。これにより、ロボットの視点を管理しやすくなります。

ジョイントを追加する前にパーツを描画します。

また、混乱を避けるために異なる色を使用してください。

完了したら、インクの色を同じ色に変更します
(レイヤーを透明にロックしてから色で塗りつぶします)

>>インク付けプロセス

インク付けプロセスでは、「FigureSubtool」にある「BezierCurvetool」を使用して描画します。

新しいベクトルレイヤーを作成します。ベジェラインはベクトルレイヤーでのみ編集できます。

そして、私たちが作ったスケッチにそれを描きます

ベジェ曲線ツールのコントロール:

クリック=コーナーノードを作成(正方形ノード)
クリック、ホールド、ドラッグ=曲線を作成(円ノード)
ダブルクリック=回線を停止します

両方のノードには軍備管理があり、引っ張ってノードに接続されている線の曲線を調整できます。

ベジェ曲線ツールの詳細については、以前のチュートリアルでの操作を確認してください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3179

パーツの厚みを示すパーツがいくつかあることに注意してください。それらも必ず描画してください。

ベクトルイレーサーを使用して、完成した各パーツのオーバーラップしたパーツをクリーンアップします。これにより、混乱を避けることができます。

「正しい線」サブツールの「制御点ツール」を使用して線を編集することもできます。

パーツの厚さの平行曲線を編集すると便利です

完成したインク作業。

>>ぬりえ

機械部品の着色は簡単です。
ボックスが光でどのように効果を発揮するか想像してみてください。

インクベクターレイヤーの下にラスターレイヤーを作成します

灰色で陰影を付けるための線を引き、参照用のボックスを使用します。

次に、「塗りつぶしツール」で色を塗りつぶします

また、重なる部分に影を付けます。

これで、ロボットはより立体的に見えます。


オブジェクトツールを使用してインクの色を変更することもできます

ベースカラーを塗りつぶすには、インクベクターレイヤーを[参照レイヤー]に設定します。

また、塗りつぶしツールで、[複数参照]を[参照レイヤー]に設定します。

シャドウの下のレイヤーの色を塗りつぶします。シャドウレイヤーの影響を受けずに色も塗りつぶされます。

(シャドウレイヤーの不透明度を下げて透明にします)

すべての色を塗りつぶし、

次に、シャドウレイヤーのレイヤーモードを変更して、ロボットとブレンドします。

(私はいつも[リニアバーン]を使用していますが、アートスタイルに合ったものを選択できます)

結果が適切になるまで、不透明度を調整します。

ロボットのシェルの下に表示されるパーツがいくつかあります。パーツの色の濃い色で塗りつぶします。

塗りつぶしが終わったら、管理しやすいようにフォルダを作成して配置します。

オプション:「ぼかしツール」を使用して、一部のパーツの影の境界線を少し柔らかくします。

そして、シャドウレイヤーで使用されているのと同じグレーカラーで追加のシャドウをペイントします。

シャドウレイヤーをカラーフォルダーでクリップすると、色付きの領域にのみ表示されます。

(オーバーフローグレーはなくなりました)

シャドウレイヤーが多い場合は、多くのレイヤーをクリップすることもできます。

ハイライトについては、パーツの色にクリッピングレイヤーを作成します。

そして柔らかいエアブラシでペイントします

(おもちゃのモデルの色付けをしているようなものなので、このプロセスが大好きです。^ w ^ /)

先のとがった角で、ポップアップさせるには、領域の片側のエアブラシの色の一部を消去します

次に、ぼかしツールとブレンドして、より立体的な外観にします。

また、いくつかの部分に追加の影。

一部のパーツにメタリックな外観を与えるには、最も尖った領域に大胆なハイライト効果を追加します。

ロボットをより輝かせるために、

インクレイヤーの上に新しいレイヤーを作成し、鉛筆ツールと明るい色で境界線にハイライトを適用します。

エッジ領域を強調表示するには、[Shift]ボタンを押したまま直線をドラッグします

また、厚みエッジの上端にハイライトを付けます。

大きなハイライトはそれに光沢のある外観を与えます!

終了!

>>追加のカスタマイズ

ペイント、汚れ、光など、ロボットの外観を魅力的にするために、いくつかの詳細を追加する場合があります

ペイントの場合:数値コードを入力するか、ロゴをインポートします。

入力している場合は、レイヤーをラスタライズします。

次に、自由変換モード[Ctrl + T]を使用して表面に合わせて調整します。

そして、エッジが透明なテクスチャードエアブラシでペイントして、台無しにペイントされたように見せます。

テクスチャエアブラシとぼかしツールを使用して汚れ効果を追加することもできます

そして、レイヤーブレンディングモードを調整して、よりニュートラルな外観にします(ここではカラーバーンモードを使用しました)

オプション:傷をペイントし、テクスチャードエアブラシを使用して色を台無しにします。

スポットライトの場合:お好みの色で電球から光を引き出します。

次に、[カラーバーン]レイヤーモードで暗い光(青)をペイントします。

そして、[Add(Grow)]レイヤーモードと再度ペイントして、光の効果を作ります。

ヒント:ハイライトの境界線を追加して、同じような色のパーツが分離して見えるようにします。

終了!

これで、ロボットをシーンに持ち込むことができます。

(注:ここの背景はクリップスタジオの画像素材の組み合わせです)


このチュートリアルで、視点を操作し、クリップスタジオの便利なツールを使用して簡単なヒューマノイドロボットのデザインを描くためのアイデアが得られることを願っています^ w ^

【アーティストサイドノート】

私は大学のエンジニアクラスでロボットについて学び、最初の仕事をしました。ですから、実際にロボットハードウェアを作ってみましたが、描くのが苦手です。ただ、遠近定規ツールを知っているので、ツールでとても描きやすいと思いました!!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着