印刷+ビデオの色設定

158 view
https://youtu.be/bwkoeiylbfY

こんにちは!

このチュートリアルでは、Clip Studio Paintで印刷するためにファイルを設定するためのヒントと、作品を作成する際に考慮しなければならないいくつかのことを説明します。始めましょう!

ファイルの作成

Clip Studio Paintでファイルを作成するときは、事前に確立された多くのプリセットから選択するか、独自のプリセットを作成できます。

コスチュームプリセットを作成するには、対応するボックスにキャンバスの希望の幅と高さを入力する必要があります。

ただし、このチュートリアルは印刷用のファイルの設定に関するものであるため、最も重要なフィールドは画像の解像度です。
画像の解像度によって、プリンタが1インチあたり何ドットを印刷するかが決まります。たとえば72DPIで画像を印刷すると、キャンバスの大きさに関係なく、正しく印刷されないため、これを知っておくことが重要です。ボックスの横にあるドロップダウンメニューに、いくつかの便利な解決策があります。

印刷の場合は、最低300 DPIをお勧めします。個人的には、個人的な作業では400 DPIに保ち、クライアントの作業では600DPIにすることもあります。

色の好みを設定する

プロジェクトを開始する前に、目的のカラープロファイル設定を設定する必要があります。これを行うには、[ファイル]メニューを開いて設定までスクロールするか、Windowsの場合はキーボードショートカットのCtrl Kを、Macコンピューターの場合はCommandKを使用する必要があります。これにより、設定パレットが開きます。

設定パレットで変更できるオプションはたくさんありますが、このチュートリアルで興味があるのは、色変換セクションです。

それをクリックすると、色変換のさまざまな設定に直面します。理想的には、プリンタに優先プロファイルを尋ねる必要がありますが、これが常に可能であるとは限りません。私の個人的な好みを共有しますが、どのプロファイルがあなたの必需品によりよく合うかを見つけることができるように、あなた自身の調査をすることを忘れないでください。

各プロファイルの推奨設定は次のとおりです。

RGBの場合、Adobe RGB 1998を使用します。これは、ディスプレイでRBG色を使用して、プリンターによってCMYKで達成可能な色の大部分を再現するために作成されたプロファイルです。

CMYKの場合、US Web Coated(SWOP)v2を使用します。このプロファイルを使用します。これは、印刷時に約300%のインクが消費され、オフセットのピントに特に役立つためです。

この設定は色域の色を最も近い色域の色に変更するため、意図をレンダリングするために相対コロメトリックを使用します。

Windowsのみの設定であるライブラリを使用するには、ICCライブラリを使用することを好みます。

ただし、前述したように、調査を行うか、プリンタに問い合わせて、実行しているジョブの種類に適した設定を決定できるようにしてください。

色を選ぶためのヒント

まず、この簡単なイラストを見てみましょう。

たとえば、いくつかの色を誇張して、より鮮やかにしました。

このバージョンを見ると、色はきれいに見えると言えますが、デフォルトの表示プロファイルはRGBであり、常に印刷に安全な色を表すとは限らないため、これは作業中に陥りやすい罠です。この場合、カラープロファイルプレビュー機能をオンにすることができます。

アクセスするには、まず設定を構成する必要があります。

[表示]メニューを開き、[カラープロファイル]オプションまでスクロールします。このオプションには、プレビュー設定とプレビューの2つのオプションがあります。プレビュー設定をクリックすると、カラープロファイルのプレビューがポップアップ表示されます。

ここでは、好みの設定を設定できます。このチュートリアルの目的のために、CMYK:US Web Coated(SWOP)V2へのプレビュー用のプロファイルとRelativeColometricへのレンダリングインテントを設定します。

[色調補正]オプションを使用すると、画像のコントラストを調整できます。このチュートリアルでは、画像をそのままにしておきますが、ClipStudioの取扱説明書を参照して詳細を確認できます。

設定の適用範囲には、[キャンバスに保存]と[このウィンドウでのみ構成]の2つのオプションがあります。

[キャンバスに保存]オプションを使用すると、ファイルの設定が保存されるため、開くたびに設定する必要はありません。

このウィンドウオプションでのみ設定すると、設定がファイルに保存されず、他のウィンドウには適用されません。

プリファレンスを設定したら、[表示]メニューを開いて[カラープロファイル]まで下にスクロールし、最後に[プレビュー]をクリックして、カラープレビューオプションを使用できます。または、WindowsではキーボードショートカットのCtrl Yを使用し、MacではコマンドYを使用することもできます。

サンプル画像でカラープレビューをオンにするとどうなるか見てみましょう。

ご覧のとおり、色に大幅な変更があり、ほとんどが暗くなっています。これを回避するには、色を選択する際に注意する必要があります。

作業中はカラーホイールを使用して色を選択することに慣れていますが、これにより、印刷に適さない色を選択する可能性があります。印刷にはCMYKを使用することを忘れないでください。つまり、シアンの混合物を使用します。マゼンタ、イエロー、ブラックの顔料で、Kトーンと呼ばれる各色のブラックインクの量に注意する必要があります。

印刷で見栄えのする色を確実に選択するには、CMYKスライダーパレットを開いておくとよいでしょう。ウィンドウメニュー、カラースライダーに移動し、CMYKタブを選択することで表示できます。ここでは、各色の各トーンのパーセンテージを確認できます。

木の緑色を拾うと、Kトーンの72%であることがわかります。つまり、追加される黒インクの量のために、これは黒に近く印刷されます。色の選択に関して安全を期すために、私は個人的にKトーンを40%未満に保つようにしています。

それでは、画像の色を安全な印刷色に置き換えましょう。ここで、Clip Studio Assetとして、印刷色に対して安全にコンパスする個人的なカラーセット見本を作成します。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1802242

色を変更した後、CMYKプレビューをオフに切り替えることができます。これは、RGBモードとCMYKモードの両方で色が互いに近いことがわかるためです。

RGBモード

CMYKプレビュー

ファイルのエクスポート

画像が完成したら、エクスポートする必要があります。保存せずにエクスポートする理由は、エクスポートした場合にのみCMYKプロファイルに変換できるためです。

エクスポートするには、[ファイル]メニューの[エクスポート(単一レイヤー)]に移動し、希望の形式を選択します。

次に、エクスポート設定ポップアップのカラーセクションにあるドロップダウンメニューからCMYKを選択できます。必ず[ICCプロファイルの埋め込み]をクリックして、作業中にファイルをプレビューするために使用した設定を割り当ててください。

これで、ファイルを印刷できるようになりました。

これらのヒントがお役に立てば幸いです。お読みいただきありがとうございます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着