マジカルライトトレイルエフェクト

1,289 view

みなさん、こんにちは。別のチュートリアルへようこそ。今回は、マジカルライトトレイルエフェクトを作成するプロセスを共有します。しかし、最初に、オブジェクトを光らせる方法を探りましょう。

ベクターレイヤーにトレイルを描く

これは、私のプロセスを示すために使用する画像です。次に、この画像をよりエキサイティングに見せるために、魔法の軌跡を追加します。

まず、[レイヤー]> [新しいレイヤー]> [ベクターレイヤー]に移動して、新しいベクターレイヤーを作成します。この効果は通常のラスターレイヤーを使用して実現できますが、ベクターレイヤーを使用すると、この効果などを簡単に作成できます。

次に、[G-pen]サブツールを使用して、キャンバス上の任意の場所に、任意の形状でトレイルを描画します。

正しい線ツールを使用してベクトル線を編集する

次に、[ツール]パレットから[正しい線]ツールを選択します。このツールを使用すると、さまざまな便利な方法でベクトル線を編集できます。

[正しい線]ツールを選択したまま、[サブツール]パレットに移動すると、ベクター線で実行できるすべての機能が表示されます。

彼らです:

コントロールポイント
ピンチベクトル線
ベクトル線を簡略化する
ベクトル線を接続します
線幅を調整する
ベクトル線を再描画します
ベクトル線幅を再描画します

パレットから[コントロールポイント]サブツールを選択し、その[ツールプロパティ]パレットに移動すると、ベクトル線のコントロールポイントで実行できる追加の機能が見つかります。

これらの関数は次のとおりです。

コントロールポイントを移動する
コントロールポイントを追加
コントロールポイントを削除する
スイッチコーナー
線幅を調整する
不透明度を調整する
分割線

さまざまなツールの場所がわかったので、次はベクトル線を変更します。最初の変更は、ベクトル線を単純化することです。これにより、制御点の一部が削除され、ベクトル線の操作が簡単になります。 [ベクトル線の簡略化]サブツールを見つけるには、[正しい線]ツールが選択されていることを確認してから、その[サブツール]パレットを調べてください。 [ツールプロパティ]パレットを使用して、ブラシのサイズや簡略化の強さなど、好みに合わせて設定を調整できます。次に、コントロールポイントが少なくなるまで、ブラシで必要と思われる回数だけベクトル線を移動します。ベクトル線に含まれる制御点の数を確認するには、[ベクトル線の簡略化]サブツールの上にある[制御点]サブツールをクリックしてから、ベクトル線をクリックすると、制御点が表示されます。必要な数のコントロールポイントが得られるまで、2つのサブツールを切り替えることができます。

コントロールポイントが縮小されたので、線の形状がおそらく変形していることに気付くでしょう。心配ありません。[コントロールポイント]サブツールで利用できる機能を使用してこれを修正します。

[コントロールポイント]サブツールを選択した状態で、[ツールプロパティ]パレットに移動すると、ベクターラインで実行できる機能が表示されます。

[コントロールポイントの移動]オプションをクリックして、コントロールポイントをクリックし、目的の場所にドラッグして移動します。

[コントロールポイントの追加]オプションをクリックして、ベクターライン上でクリックした場所にコントロールポイントを追加します。

[コントロールポイントの削除]オプションをクリックして、ベクトル線上でコントロールポイントをクリックして削除します。

これらを使用して、ベクトル線を滑らかに見せます。

次に、ベクトル線に太さを追加します。これを行うには、[正しい線]サブツールパレットの[線幅の調整]サブツールに移動します。ツールのプロパティパレットに移動すると、ベクトル線で実行できる「太く」や「狭く」などのさまざまな機能のスライダーが表示されます。ブラシが小さすぎたり大きすぎたりする場合は、ブラシのサイズを調整することもできます。

[太く]オプションをクリックして、ブラシでベクトル線をドラッグして、光源から離れるほどベクトル線を太くします。さらに、「狭い」オプションを使用して、光源に近いほどベクトル線を細くします。このプロセス中に線の形状が変形した場合は、いつでも戻って[コントロールポイント]サブツールを使用して修正できます。

完了したら、[レイヤー]> [レイヤーの複製]に移動してこのレイヤーを複製し、[レイヤーパレット]のこのレイヤーにある目のアイコンをクリックしてレイヤーを非表示にします。今のところ、可視レイヤーで作業します。

ベクトル線のブラシ形状を変更する

次に、ベクトル線のブラシの形状を変更するという、もう1つの便利なベクトル機能を使用します。ベクターレイヤーを使用しているときに、[ツール]パレットから[操作]ツールに移動します。 [サブツール]パレットに移動し、[オブジェクト]サブツールを選択します。次に、[ツールプロパティ]パレットに移動すると、ベクターラインに適用できるいくつかの変更が表示されます。

色、ブラシサイズ、そして私たちが最も興味を持っているもの、「ブラシの形」を変更することができます。 [ブラシの形]の横にあるドロップダウン矢印をクリックすると、興味深い形のブラシのリストが表示されます。いずれかをクリックすると、ベクターラインブラシの形状が選択したものに変わります。

プリセットへのブラシの追加

しかし、あなたが望むブラシが提供されたリストにない場合はどうなりますか?心配しないで、リスト内のブラシを追加および削除する方法を説明します。まず、目的のブラシを選択し、その[ツールプロパティ]パレットに移動して、下部にある[レンチアイコン]をクリックします。ダイアログボックスがポップアップし、いくつかの見出しが表示されます。 「ブラシの形」の見出しを探してクリックします。次に、[プリセットに追加]ボタンをクリックすると、現在のブラシがその下のプリセットのリストに追加されます。ダイアログボックスを閉じる前に、必ず保存下部をクリックしてください。

これで、[オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]に戻ると、[ブラシの形状]の横にあるドロップダウン矢印をクリックすると、このブラシがブラシのリストに表示されます。

プリセットからブラシをクリックすると、この選択したブラシの形状を使用して作成されるようにベクトル線が変更されます。あなたのベクトル線はおそらく地雷と同じように奇妙に見えますが、魔法の光の道のように見えるようにいくつかの変更を加えます。

トレイルエフェクトのブラシ設定の変更

もう一度、[オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットに移動し、パレットの下部にあるレンチ型のアイコンをクリックします。ダイアログボックスがポップアップ表示され、ベクターラインに加えることができるすべてのすばらしい変更が表示されます。

最初の変更は、形状の間隔が広すぎるため、形状間の間隔を調整することです。 [ストローク]オプションをクリックし、[ギャップ]という見出しの下にあるスライダーを使用して、お好みに合わせて間隔を調整します。

次に、[スプレー効果]オプションをクリックし、小さなチェックボックスもオンになっていることを確認します。次に、粒子サイズ、粒子密度、およびスプレー偏差を適切なものに調整します。

そして最後に、「カラージッター」オプションに移動し、ここのチェックボックスもクリックします。これで、スライダーを使用して、ブラシシェイプの色相、彩度、明度が変化する度合いを変更できます。これらの設定を使用して、トレイルを魔法のように見せます。

完了したら、変更が既に行われて保存されているため、ダイアログボックスを閉じるだけです。

仕上げ

私たちが隠している最初のトレイルが付いた重複レイヤーを覚えていますか?さて、今がそれを使う時です。その色の輝きをトレイルに追加するために使用されます。 [レイヤー]パレットでこのレイヤーの目のアイコンをクリックして、このレイヤーを再表示します。このレイヤーが表示されたので、これもブラシの形状を変更しますが、代わりにエアブラシのブラシの形状に変更します。

レイヤーを選択した状態で、[オブジェクト]サブツールの[ツールプロパティ]パレットに移動し、[ブラシの形]という見出しの横にあるドロップダウン矢印をクリックして、リストから[エアブラシ]を選択します。見た目が気に入らない場合は、パレットの下部にあるレンチの形をしたアイコンをクリックすると、変更を加えるためのダイアログボックスがポップアップ表示されます。今回は「ブラシのヒント」の見出しをクリックし、満足するまで「硬さ」、「厚さ」、「ブラシの密度」のオプションを調整します。

次に、ダイアログボックスを閉じて、パレットの上部にある「メインカラー」という見出しの横にある色付きのボックスをクリックします。グローにする色を選択するダイアログボックスが表示され、[OK]ボタンをクリックします。次に、このレイヤーのブレンドモードを「グローの追加」に設定します。次に、ブレンドモードを「グローの追加」に設定して新しいラスターレイヤーを作成し、一部の領域にいくつかの明確な星を追加し、ボールの近くのトレイルの終わりに追加したように異なる色を追加できます。

これで私のチュートリアルは終わりです。お役に立てば幸いです。このチュートリアルはシリーズの一部なので、残りのMagicFXチュートリアルにご注目ください。

コメント

新着

公式 新着