3D素材の背景

1,298 view

みなさん、こんにちは。今日は、3Dオブジェクトを使用し、それらから線と値を抽出し、Clip Studio Paintで独自の背景を作成して、写真のテクスチャを追加し、コントラストを使用して奥行きの錯覚を作成する方法を見ていきます。それでは、始めましょう。

▼下の動画をご覧になるか、記事を読み続けてください。

https://youtu.be/_gXlUm_qGdM

1.3Dマテリアルを操作または処理する

1.13D素材またはデータを開く

CELSYSが提供する追加のマテリアルの3Dマテリアルを開いて追加できます。

フォルダマテリアルに移動し、3D背景を検索してから、追加するオブジェクトを選択し、[キャンバスに貼り付け]アイコンをクリックします。

Clip StudioAssetsの3Dマテリアルを入手することもできます。 ClippyまたはGoldを使用して無料で資料をダウンロードできます。

ただし、別のソース用の3D素材がある場合。必ず[OBJ]または[FBX]で入手してください。次に、[ファイル]> [インポート]> [3Dデータ]から開くか、キャンバスにドラッグします。

1.2操作ツールで3Dを操作する

(カメラ。 [ムーブメントマニピュレーター]のカメラの3つのビューアーアイコンを使用して、カメラを回転、パン、またはズームできます。マウス、左、右、中クリックのボタンでも同じことができます。

3Dオブジェクトの下部にあるカメラアイコンからプリセットを選択できます。また、一部の3Dマテリアルには、他のマテリアルとは異なる特別な視点がありました。

(b)オブジェクト。右側には、オブジェクトを移動するためのアイコンがあります。右から1番目を使用して、グリッドまたはシーンに存在する他の3Dオブジェクト上に移動できます。その軸上でそれを回転させる2番目。横に回転する3番目。そして残りは制限なしに移動したり回転したりします。

デスクトップバージョンでも同じアイコンを見つけることができますが、矢印と球を使用してオブジェクトを移動および回転することもできます。

[オブジェクトランチャー]の右下にある3つのアイコンから、テクスチャやレイアウトを変更したり、モバイルパーツを移動したりすることもできます。

(c)ツールプロパティとサブツールの詳細。最後に、[ツールプロパティパレット]を使用して、オブジェクトランチャーまたは移動マニピュレーターで見たのと同じオプションのいくつかを選択できます。ただし、レンチアイコンから[サブツール詳細]を開く新しいオプションを追加することもできます。名前の横にある目をクリックすると、オプションを表示できます。

球を使用すると、同じレイヤー内のすべてのオブジェクトへの光と影を制御できます。

目のアイコンの横にあるボックスをクリックして、[オブジェクトリスト]からカメラをロックすることもできます。後で確認します。

[レンダリング設定]から、レンダリング時の外観を変更してテクスチャを非表示にしたり、光源を使用しないようにすることができます。

1.3複数の3Dおよびオブジェクトリスト

続行する前に、ワークフローの改善を試みるために、ウィンドウマテリアルとツールプロパティパレットを優先する3Dワークスペースでカスタマイズしたことに注意してください。

注:大量の3Dデータを使用している場合は、要件を処理できる優れたコンポーネントを備えたコンピューターを使用してみてください。CPUにはIntel Corei5またはi7をお勧めします。また、GPUまたはビデオの場合は、GTX1050以降をお勧めします。

1.3.13Dデータの追加

(a)同じレイヤーへ
同じレイヤーにさらに3Dデータを追加するには、ウィンドウマテリアルから3Dオブジェクトを選択し、をクリックします。
[キャンバスに貼り付け]アイコンを押すと、グリッドの中央にマテリアルが貼り付けられます。

マテリアルをドラッグすることもでき、マウスを離すと3Dオブジェクトが表示されます。
[編集]> [コピー/貼り付け]から3D素材をコピーして貼り付けることもできます

(b)異なるレイヤーへ
3Dマテリアルを別のレイヤーに追加するには、空のレイヤーを選択してマテリアルを貼り付けます。マテリアルが大きすぎる場合は、オブジェクトスケールを使用してサイズを変更するか、球を三角形で変更します。

オブジェクトがパースペクティブに従うようにするには、[レイヤーパレット]から[すべてのレイヤーに表示]にルーラーの表示を変更します。

次に、新しい3Dオブジェクトをキャンバスにドラッグします。オブジェクトが大きすぎたり小さすぎたりする場合は、カメラアイコンの横にある[オブジェクトの中央]アイコンを押します。

1.3.2複数の3Dマテリアルおよびコンポーネント/パーツの操作

(a)オブジェクトリスト
これで、複数の3Dマテリアルとそのコンポーネントまたはパーツを操作するために、[オブジェクトリスト]を使用できます。オブジェクトリストを、同じレイヤーに貼り付けられたマテリアル、または多くの要素や異なるコンポーネントを含むマテリアルを含むことができる、異なるパーツを持つレイヤーのグループとして想像してみてください。

CtrlキーまたはShiftキーを押しながら、オブジェクトリストから複数の選択を行うことができます。左側の目をクリックすると、オブジェクトを非表示にできます。

削除アイコンまたはキーボードを使用してオブジェクトを削除できますが、複数のパーツを持つ3Dオブジェクトからコンポーネント/パーツを削除しようとすると、3Dマテリアル全体も削除されます。

2. 3Dマテリアルから線、値:トーンとシェードを抽出します

2.1行の抽出

(a)深さのあるLT変換線

LT変換を使用して線を抽出できます。レイヤーを選択し、[レイヤー> LTラインとトーンに変換]に移動します。オプションの下部にある[プレビュー]をオンにし(Androidバージョンの場合)、[トーンワーク]をオフにします。必要に応じて線フォームテクスチャの抽出を使用できますが、今のところ、そのオプションをオフのままにしておきます。

ラスターレイヤーとベクターレイヤーのどちらが必要かを決めることができます。後で行を編集できるように、ベクトルが好きです。線のサイズを変更することもできます。

次に、[深さ]オプションをオンにします。ここでは、前面の線を太くし、背面の線を細くする深さをシミュレートできます。 [深さ]オプションをオンまたはオフにして、結果を比較できます。
[外側の線にのみ適用]と[スムーズ]のパラメーターで遊んで、異なる結果を得ることができます。

これで、アウトラインレイヤーを選択し、[レイヤープロパティ]パレットで[エクスプレッションカラー]をモノクロからグレーまたはカラーに変更できます。これにより、線のオプションが増えます。 [ツールプロパティ]でアンチエイリアシングを変更したり、別のブラシ形状を選択したりできます。

(b)アーティスティックフィルター-ラインのみ(3Dブループリント)

[Artistic]を使用して、Clip studioProまたはEXバージョンで線を抽出することもできます。 3Dを複製するだけです
レイヤーしてラスタライズします。次に、[フィルター]> [エフェクト]> [アーティスティック]に移動して、ラインのみを選択し、ラインパラメーターで再生します。元のマテリアルと同様の直線を取得するには、[線の単純さ]を1または10に設定してみてください。[線の密度]はテクスチャを制御し、[線の不透明度]を100%に保ちます。必要に応じて、他のパラメーターを変更して異なる結果を得ることができます。

これで、レイヤーを選択し、[右クリック]してベクターレイヤーに変換できます。ベクトル設定では、修正のために低い数値を維持するようにしてください。次に、[ツールプロパティ]パレットでブラシのサイズと色を変更できます。

3Dブループリントを作成するには、複製されたレイヤーをラスタライズし、[ガウスぼかし]フィルターを追加して、[レイヤー]パレットの[ブレンドモード]で遊ぶことができます。

2.2トーンの抽出

トーンを抽出するには、[レイヤー> LTラインとトーンに変換]からLT変換を使用できます。
プレビューオプションをオンにし、[トーンワーク]オプションをオンにします。パラメータを使って演奏したり、トーンのタイプ、周波数、角度を変更したりできます。を変更することもできます
異なる結果を得るための[ポスタリゼーション]値。

アウトラインとトーンが別々のレイヤーになっている[フォルダー]が表示されます。これらのトーンは、[トーン]メニューの[レイヤープロパティ]から編集または変更できます。

2.3シェード/値シャドウの抽出

(a)アーティスティックフィルター-カラーのみ
ラスタライズされたレイヤーでは、[フィルター]> [効果]> [芸術]から[芸術]を使用し、[色のみ]を選択します。
[色数]で2から10までの数字を選択して、さまざまな色合いまたは色合いを取得します。次に、[レイヤープロパティ]パレットから[エクスプレッションカラー]をグレーまたはモノクロに変更します。 [トーン]を選択し、[レイヤー]パレットの不透明度を下げてトーンを調整できます。

3.3Dパースペクティブルーラーを使用した描画とペイント

[3dレイヤー]を選択し、[レイヤーパレット]から(1)ルーラーの表示を[すべてのレイヤーに表示]に変更します。
次に、[遠近法定規]を使用して、同じ遠近法を使用して[図]から直線、長方形、楕円などのさまざまなツール(2)で描画できます。ワンクリックで長方形の方向(または長方形の選択)を変更できます。カーソルをさまざまな方向に移動するだけで軸を変更できます。

[パースペクティブルーラー]では、ブラシや選択領域を使用することもできます。 (3)[特殊定規にスナップ]が選択されているか、オンになっていることを確認してください。

[操作]ツールでルーラーを選択し、(4)全軸にグリッドを表示することもできます。次に、[グリッドにスナップ]を使用して、3Dグリッド上に直接描画できます。

4.写真テクスチャを追加します

背景デザインに写真のテクスチャを追加できます。写真または画像をテクスチャとともにコピーし、[編集]> [変換]> [拡大縮小または回転]から[拡大縮小比]を変更するか、キャンバスのハンドルを使用して画像のサイズを変更します。次に、[ツールプロパティ]パレットからモードを[自由変換]に変更し、オブジェクトの視点を一致させます。

[マスク]を使用してすべての画像を非表示にし、ペイントして必要なテクスチャを表示できます。ルーラーを使用して同じ視点でペイントし、ブレンドモードを変更して異なる結果を取得することもできます。

5.深さと平面

(1)3Dマテリアルで作業した後、[レイヤー]パレットのさまざまな[レイヤーフォルダー]に飛行機を整理できます。

(2)カメラに近い面は暗く、カメラから遠い面は明るいことを確認してください。これは、さまざまな平面に奥行き感を作り出すのに役立ちます。また、カメラから離れた平面の詳細は少なくなります。

(3)グレー、黒、白の[塗りつぶし]レイヤーを作成し、[もっとブレンド]を[カラー]に変更して、異なる平面のコントラストを確認できます。 [トーンカーブ]や[レベル補正]などの補正レイヤーを作成して調整することもできます。

(4)これで、要素をカメラのすぐ近くに配置すると、焦点が合っていないように見せて、画像全体をよりリアルにすることができます。

まとめ/要約

それで、Clip StudioPaintで3D素材を使って背景デザインを作り始めましょう。最初のステップ(1)は、収集した3Dオブジェクトを開いて操作することです。 2番目(2)LTオプションまたはArtisticFilterを使用して行と値を抽出します。 3番目(3)は、パースペクティブルーラーを使用して描画およびペイントします。次に(4)写真のテクスチャを追加し、最後に平面とコントラストで奥行き(5)の錯覚を作成します。

だから、あなたがあなた自身のワークフローで使うことができる何か役に立つものを見つけたことを願っています。記事を読んでくれてありがとう。さあ、そこに出て(またはスタジオの屋内で...私は何でもいいのですが)、3Dでいくつかの背景をデザインします。これは「次回まで」と言っているエドです。

コメント

新着

公式 新着