CMYKとスポットカラーでの印刷

8,663 view

アートを画面の外に存在させたい場合、このチュートリアルは、いくつかの基本と、Clip Studio Paintで印刷するためにファイルをエクスポートするより高度なテクニックを実行することで、それを実現するのに役立ちます。

チュートリアルを読むよりもチュートリアルを見たい場合は、こちらのビデオバージョンをチェックしてください。

https://youtu.be/5mtEQjLDbiI

画像のサイズと解像度の設定

印刷用のファイルを準備するときに覚えておきたい最も基本的なことは、画像のサイズと解像度の値です。

Clip Studio Paintで新しいファイルを作成すると、次のダイアログウィンドウが表示されます。

印刷するつもりなので、一番上の行の3番目のボタンに切り替えましょう。このオプションは「すべてのコミック設定を表示」と呼ばれますが、コミックではなくイラストを作成したい場合でも、ここで利用できるより高度な設定は、印刷用にファイルを最適化するのに役立ちます。

これらすべてのオプションを見ていきましょう。

まず、右上隅にある「ユニット」(1)オプション。ここで、cm(センチメートル)、mm(ミリメートル)、またはin(インチ)オプションのいずれかを選択するのが理にかなっています。印刷用にファイルを準備する場合、ピクセルやポイントはあまり役に立ちません。

「キャンバス」セクションでは、キャンバスの幅と高さ(2)を決定できますが、以下のより詳細な設定で実際に決定されるため、これらのオプションは今のところ無視してもかまいません。

注意する必要があるのは、「解決」オプション(3)です。何かを高品質で印刷したい場合は、少なくともこれを300(dpi /ドット/インチ)に設定する必要があります。印刷の品質と技術によっては、600がさらに良くなります。お使いのコンピューターが大きなファイルサイズをうまく処理できる場合は、より高い値を使用することをお勧めします。

「基本式の色」オプション(4)は、画像をカラー、グレースケール、またはモノクロのいずれにするかを決定します。このチュートリアルでは、カラーオプションのみに焦点を当てます。

「バインド(仕上げ)サイズ」オプション(5)は、アートワークの実際の最終サイズになります。 Clip Studio Paintには、いくつかの一般的な画像サイズテンプレート(現在選択されている「A4サイズ」)がすでに含まれており、そこから選択できます。これらは、キャンバスの幅と高さの値を変更します。


これらの値の下に、「ブリード幅」(6)と呼ばれる重要なオプションがあります。この用語に慣れていない場合は、最終的なアートワークサイズを超えて印刷される余分なアートワークを指します。これが必要ですか?

まあ、それは異なります。フレームに入れられ、周囲に白い境界線が表示されるアートプリントのようなものを印刷する場合は、必要ありません。アートワークが紙全体を占めるようなポスターのようなものを印刷したい場合は、それが必要になります。

その理由は、紙の端に印刷することができないからです。したがって、アートワークを端まで拡張するには、実際には何かを大きな形式で印刷してから、小さな形式にトリミングする必要があります。ここで、裁ち落としがない場合、トリミングプロセスが正確でなく、用紙に白いエッジが生じる可能性があります。ブリードは、物事が正確にトリミングされていない場合でも、アートワークが紙に完全に記入されるようにするのに役立ちます。

「ブリード幅」を何に設定すればよいですか?プリンタに確認する必要があります。サービスが異なれば、基準も異なります。 2mmと言う人もいれば、5mmと言う人もいます。また、何を印刷するか、またはどのサイズで印刷するかによっても異なります。したがって、印刷サービスのWebサイトにアクセスして、印刷仕様のセクションでその情報を探してください。

イラストを作成する場合、「デフォルトの境界線(内側)サイズ」オプション(7)は少し関連性が低くなります。コミックを作成する場合、これは通常、パネルが表示されるページの領域を決定するために使用され、ページの見開きまたはパネルを超えてその領域を超える特定のアートワークのみが表示されます。境界線のサイズ(「セットサイズ」)と境界線自体(「セットマージン」)のどちらを決定するかを切り替えることができます。

ここでは「安全マージン」オプション(8)については説明しません。これは、その使用法がClip StudioPaintの公式記事で詳しく説明されているためです。私の例では、それを使用しません。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1858

これで、「OK」を押してファイルを作成できます。

画像のサイズをさかのぼって変更する

前のセクションで説明したようにファイルを設定せずに、すでにアートワークを作成している人もいるかもしれません。ただし、ファイルを今すぐ印刷用に準備する場合でも、これらのオプションにアクセスできます。

画像の解像度が300dpiの品質要件を満たしていることを確認する場合は、[編集]> [画像の解像度を変更]に移動します。

下部に、「単位」と「解像度」のオプションが表示されます。ファイルをピクセル形式で設定した場合でも、72dpiでピクセルとして表示されます。

まず、「解像度」メニュー(またはその他の目的のオプション)で300dpiを選択します。 「幅」、「高さ」、「スケール」オプションが調整されているのがわかります。 「スケール」値が1.00より大きい場合(この例のように)、これは、より高い解像度に到達するために画像のサイズを大きくする必要があることを意味します。ただし、これは必ずしも必要ではない場合があります。

「単位」オプションを選択してから、cm / mm / inを選択し、必要な画像の幅と高さを定義します。この例では、15x15cmの画像のみを印刷したい場合があります。スケール値は1.77に調整されます。これは、現在の画像サイズをほぼ2倍にする必要があることを意味します。これを行うと、図面にベクターレイヤーを使用していない限り、アートワークがぼやける可能性があります。ベクターレイヤーの詳細については、前のチュートリアルをご覧ください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3868

「補間方法」オプションは、画像を拡大または縮小するさまざまな方法を指します。ほとんどの場合、これを「高精度」のままにしておくのが理にかなっています。

「OK」を押すと、仕様に応じて画像が調整されます。

次に、アートワークに裁ち落としを追加する場合は、[表示]> [クロップマーク/デフォルトの境界線設定]に移動するだけでこれを行うことができます。

これで、チュートリアルで前に説明したのと同じ値を調整できます。このウィンドウではキャンバスサイズを拡張できないことに注意してください。キャンバスサイズがすでに希望する最終的なアートワークのサイズになっている場合は、最初に[編集]に移動してキャンバスサイズを拡張する必要があります。 」>「キャンバスサイズの変更」をクリックして、このウィンドウに戻ります。

CMYKでのフルカラー画像のエクスポート

Clip Studio Paintは、主にRGBで動作するように設定されています。これは、加法的に色を混合する色空間です。
ただし、印刷の場合は、減法混色の色を混合する色空間であるCMYKで作業します。
これらの用語に慣れていない場合は、簡単に説明したいと思います。

まず、「加法」色。赤、緑、青を表すRGBでは、各色の値を増やして全体の色を明るくします。 3つすべてを最大255に設定すると、白色になります。

さて、「減法混色」の色。シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック(またはキープレート)の略であるCMYKでは、各色の値を増やして全体の色を暗くします。 3つすべてを最大100%に設定すると、非常に暗く飽和した色になります。

注意すべき重要な点の1つは、画面がより鮮やかな方法で明るい色を表示できることです。 CMYKでは、これは通常、スポットカラーでのみ可能です。これについては後で説明します。

まず、Clip StudioPaintでCMYKを使用する方法を見てみましょう。

「表示」に移動し、「カラープロファイル」>「プレビュー設定」オプションを選択します。

先に進む前に、ここで最初のドロップダウンオプションである「プレビュー用のプロファイル」について簡単に説明しましょう。印刷の世界には、さまざまな紙や色を尊重するさまざまなカラープロファイルがあります。たとえば、新聞のアートワークを作成する場合、紙に適用できる色の量を制限する明確なカラープロファイルを使用する必要があります。これは、新聞がインクジェットオフィスプリンターで使用する可能性のある紙の種類とは非常に異なる色を吸収するためです。あまりにも多くの色を適用すると、物事が暗くなりすぎる可能性があり、カラープロファイルは最終結果を最適化するのに役立ちます。

印刷サービスのWebサイトで印刷仕様を調べて、使用する必要のあるカラープロファイルを確認してください。

しかし、ポップアップしたばかりのウィンドウに戻ります。ここで、目的のカラープロファイルを選択できます。
そうすると、今ではもっと鈍く見えることに気付くでしょう。

ただし、これを改善するためにいくつかのことができます。 「レンダリングインテント」ドロップダウンメニューを見てみましょう。これにより、色をRGBからCMYKに変換できるさまざまなオプションが提供されます。ほとんどの場合、「飽和」オプションを選択することをお勧めします。このオプションを使用すると、多くの場合、アートワークがRGBで表示された方法と非常によく似た外観になります。

実際に色をより*飽和*させることはできませんが(標準のCMYK色で実行できることには制限があります)、これらのオプションは色のコントラストを変更します。そして、あなたがあなたの色理論を知っているなら、あなたはより多くのコントラストが物事をより鮮やかに見せることができることを知っています。

4つの「レンダリングインテント」オプションすべてに不満がある場合は、「色調補正」チェックマークを選択して、4つのカラープレートすべてのコントラストを個別に微調整することもできます。

結果に満足したら、必ず「キャンバスに保存」オプションを選択してください。そうしないと、画像をエクスポートするときに調整が実際に保存されません。

これがアートワークのCMYKバージョンであることを示すために、.cspファイルを別の名前の新しいファイルとして保存することをお勧めします。そうしないと、変更を加えたい場合は、色の調整をやり直す必要があります。

最後に、実際にCMYKファイルをエクスポートしてみましょう。ファイルを、品質を100まで上げたJPGとしてエクスポートするか、さらに高い印刷品質を提供できるTIFFファイルとしてエクスポートすることをお勧めします。

エクスポート設定ウィンドウがポップアップ表示されます。ここで重要なのは、「クロップマーク」オプションを含めることです。

次に、「エクスプレッションカラー」メニューで「CMYKカラー」を選択します。 「埋め込みICCプロファイル」も必ず確認してください。

最後に、「元のデータからのスケール比」を100%のままにします。以上です!

-------------------------------------------------- ---

これで、チュートリアルの最初の部分は終わりです。これで、基本的なフルカラー画像をエクスポートしてClip StudioPaintで印刷する方法をマスターしました。このような2トーンスポットカラープリント用の画像の準備について詳しく知りたい場合は、より高度なテクニックを試してみてください。

スポットカラーの紹介

私は以前にスポットカラーのトピックを簡単にからかった。重要なのは、印刷物でも、このネオングリーンのような非常に明るく鮮やかな色を実現できるということです。これはスポットカラーで可能です。

CMYKがどのように機能するかを思い出しましょう。色が一緒に追加されます。近くに虫眼鏡がある場合は、近くの印刷された紙を見てみませんか?たぶん、あなたは写真が実際にはこれらの4つの色を混ぜ合わせたたくさんの小さな点で構成されていることに気付くでしょう!

さて、これらの基本色の1つだけで何かを印刷すると、たとえば2つを混ぜ合わせて緑を作成する場合よりも、わずかに滑らかできれいな外観になります。

これが、スポットカラーが存在する理由の1つです。それらを事前に混合された色と考えてください。それらを使用すると、より均一なカラーアプリケーションが得られるだけでなく、より明るくまたはより鮮やかな色が可能になります。

残念ながら、Clip StudioPaintはこのテクニックをまだサポートしていません。しかし、私たちはそこに自分の道をハックすることができます。これを行う方法を理解するために、まず、Photoshop、Illustrator、InDesignなどのスポットカラーをサポートするプログラムで印刷用に設定されたファイルがどのように見えるかを見てみましょう。

このPDFを例にとってみましょう。 Adobe Acrobatで開くと、「印刷制作」メニューと「出力プレビュー」ウィンドウにアクセスできます。ここでは、ネオングリーンがシアン、マゼンタ、イエロー、ブラック(またはキープレート)と並んで独自の色としてリストされていることがわかります。

この色の選択を解除すると、他の色で印刷されているものだけが表示されます(この場合、黒のみが表示されます)。同様に、すべてのCMYKカラープレートを非アクティブにして、スポットカラープレートのみを表示するとどうなるかを確認できます。

お分かりのように、色が消えて、黒だけが残っています。これは基本的に、「黒が見える場所、この別の色を印刷し、黒が見えない場所は印刷しないでください」という指示であるためです。黒で表示されている領域にマウスを合わせると、カラープレートの横にあるパーセンテージ情報がこれを反映し、選択したスポットカラーの「100%」として表示されます。

その知識を念頭に置いて、Clip StudioPaintに切り替える準備ができました。

Clip StudioPaintでのスポットカラーの設定

始める前に、このアートワークをどのように設定したかを分析しましょう。設定が異なる場合もありますが、自分のアートワークに適用できる方法でスポットカラーを設定する原則をお見せできることを願っています。

まず、実際のアートワークはそれ自体のレイヤーにあります。黒でないものはすべて透明です。

次に、スポットカラーは実際には完全に黒いレイヤーで、Clip StudioPaintの「レイヤーカラー」エフェクトを使用してネオンカラーを選択しました。

2つの間に、イラストにいくつかのハイライトを与えるために使用した白い色のレイヤーがあります。

以前にPDFファイルで見たようなものを実現するために、Ctrlキーを押しながらメインのアートワークレイヤーをクリックして、その選択範囲を作成します。または、レイヤーを右クリックして、[レイヤーからの選択]> [選択の作成]オプションを選択することもできます。

次に、白い領域も選択する必要があります。選択範囲に追加するには、CTRL + SHIFTを押しながらレイヤーをクリックします。または、レイヤーを右クリックして、[レイヤーからの選択]> [選択の追加]オプションを選択することもできます。

これで、ISNがネオングリーンで印刷しないものがすべて選択されました。これは、次のステップがその選択を逆にすることであることを意味します。これを行うには、CTRL + SHIFT + Iを押すか、[選択]> [選択した領域を反転]に移動します。これで、実際にネオングリーンで印刷することになっているすべてのものを選択でき、そのレイヤーを選択して新しいレイヤーマスクを作成できます。

次に、「レイヤーカラー」効果をオフにして、レイヤーが完全に黒く表示されるようにします。現在表示されているものは、以前にPDFファイルで表示されたものと同じです。

次のステップは、これがどの色として印刷されるかについての情報を手動で追加することです。 Clip Studio Paintは(まだ!)PANTONEなどのスポットカラーをサポートしていないことを前に述べました。ただし、スポットカラーを印刷できるほとんどのプリンタは、自然に焼き付けられていないファイルを受け入れ、代わりにこの情報をテキストとして表示します。

これが、テキストツールを使用して、印刷する色をメインの印刷領域の外側、実際にはブリード領域の外側でも単純に書き込む理由です(このテキストが表示されるリスクを冒したくありません)。印刷物のどこにでも表示されます!)。私がそれを言い表すのを提案する方法は「[あなたの色]で印刷する」です。

何かを印刷したい色を見つけるには、PANTONEカラーサンプラーに投資することをお勧めします。しかし、それがあなたの予算の範囲外であるならば、あなたは彼らのウェブサイトを使ってあなたに提案された色を持つことができます。これを行うには、現在アクティブな色をダブルクリックします。 RGB値を書き留めるか、16進コードをコピーして貼り付けます。

次に、PantoneのWebサイトにアクセスし、「Find aPantoneColor」メニューオプションを選択します。左側で、「変換」>「RGB / CMYK / Hex」を選択します。 「色空間」セクションで、RGBまたは16進数を選択し、情報を入力します。

https://www.pantone.com/

「検索」を押す前に、正しいカラーライブラリを選択する必要があります。どちらを使用するかわからない場合は、いつでも「すべてのPantoneBooks」を選択できます。この例では、ネオンカラーが必要なことはすでにわかっているので、「PANTONEパステルとネオンコーティング」のみを選択します。

「コーティングされた」および「コーティングされていない」カラープロファイルの簡単な説明:これらは紙の品質を示します。紙に滑らかなまたは光沢のある質感があるときはいつでも、おそらくコート紙を見ているでしょう。これは通常、ほとんどの写真や雑誌のプリントに当てはまります。紙にざらざらした自然な感触があるときはいつでも、おそらくコーティングされていない紙を見ているでしょう。これは通常、新聞や環境にやさしいパッケージに当てはまります。前述のように、用紙の種類によって吸収される色が異なるため、PANTONEは個別のカラープロファイルを提供します。

「検索」を押すと、PANTONEのウェブサイトから使用する色の提案が表示されます。画面には、これが紙の上でどのように見えるかが正確に反映されません。サンプルを購入する余裕がない場合は、プリンタに連絡して提案を求めてください。たぶん彼らはあなたが決めるのを助けるために彼らが送るかあなたに見せることができるサンプルも持っています。

しかし、今度はファイルに戻って、このPANTONEカラーをテキスト情報に追加してみましょう。黒のカラープレートをコミュニケーションでより明確にするために、これを行うこともできます。

スポットカラー画像のエクスポート

ここで、このファイルをエクスポートするとき、いくつかの要因を考慮する必要があります。以前は、フルカラー画像であるCMYKファイルをエクスポートしていました。ただし、この例では、黒とPANTONEスポットカラーの2つのカラープレートでのみ印刷します。

今回ファイルをエクスポートするときは、2つの別々のTIFFファイルをエクスポートします。1つはスポットカラープレート用で、もう1つはブラックカラープレート用です。エクスポートする前に、スポットカラーとブラックカラープレートの両方が純粋なRGBブラック(R = 0 G = 0 B = 0)として表示されていることを確認してから、[エクスポート設定]ウィンドウで[式の色]として[グレー]を選択します。 。

このようにカラープレートを分割する場合は、最終的なアートワークがどのように見えるかをプリンターにプレビューすることも役立ちます。アートワークのRGBJPGファイルをエクスポートして、作成したTIFFファイルと一緒にプリンターに送信することをお勧めします。

すでに画像自体にトリミングマークと印刷色情報を追加しましたが、ファイル名に最終的な印刷サイズ(トリミング後)、および各ファイルが表すことになっているカラープレートを追加することも役立ちます。明確に伝達するファイルの命名規則があることは決して悪いことではありません。

そして、コミュニケーションについて話している間、何よりも重要なのは、プリンタが必要なものを理解していることを常に確認し、最適な印刷結果を得るために必要な変更があるかどうかを通知することです。

以上です!

このチュートリアルを終了する前に、すぐに取り上げたい2つの短いメモがあります。

オーバープリント

色をオーバープリントする機能があることに注意してください。これは、たとえば、100%黒を印刷している場所と同じスペースに100%スポットカラーを印刷できることを意味します。特に次のようなものを印刷する場合は、このオプションを覚えておくと便利です。

前の例とは異なり、この画像には、明確なエッジを持つセルシェーディングではなく、さまざまなトーンのシェーディングがあります。緑のスポットカラーにシェーディングを適用するには、黒も印刷する領域でもスポットカラーを印刷する必要があります。これらの領域は、黒でのみ印刷している領域よりも暗くなることに注意してください。

前の例に戻って、オーバープリントオプションを含めたくない場合を確認しましょう。黒のアートワーク自体を除外せず、白のハイライトを含むスポットカラープレートをエクスポートした場合、最終的な印刷は次のようになります。

白い部分を囲む大きな円は、必ずしもお世辞に見えません。したがって、スポットカラー領域を設定するときは、どのような外観にするかを必ず検討してください。

特殊印刷効果

また、この手法を使用して、UVコーティング(画像の一部が光を反射するか、光沢があるように見える)、キラキラコーティング(キラキラ光る!)などの特殊な印刷手法のファイルを設定できることにも注意してください。 。提供されているオプションについてプリンタに問い合わせてから、スポットカラープレートファイルと同じようにファイルを設定します。ただし、そのファイルを「[目的の効果]として印刷する」と説明します。

読んでくれてありがとう!

ご不明な点がございましたら、コメント欄にご記入ください。

コメント

新着

公式 新着