この簡単なトリックを使用して背景を作成してください!

1,048 view

I.キャンバスの準備

まず、キャンバスのサイズと解像度を考慮する必要があります。デフォルトでは、300dpiの解像度でカスタマイズした3200 x3800で作業することを好みます。

キャンバスに描画する文字を選択します。私のプロセスでは、最初に参照を探します。その際、キャラクターをどのような設定にしたいかを視覚化することに重点を置いています。そうすることで、環境や光源を確立するのに役立ちます。そうすることで、環境とターゲット光源に関して優れたイラストをよりよく実現できます。


以下は、キャラクターの描画プロセスのタイムラプスです。

アートは時間のかかるプロセスです:)

II。空間構成

イラストを描くときの風景と写真(そうです!写真)の基本と重要性を理解することは、アートをより面白くするものです。私が言わなければならないのであれば、それらを学ぶことは芸術家にとって必須です^^、

写真の3つの重要な要素(平面)の簡単な図を以下に示します。

シンプルで簡潔にするために、

前景は、常に視聴者に最も近いように見える視覚面です。中景が中心になり、背景はシーンや設定(つまり、日当たりの良い場所、暗い空など)にコンテキストを与える役割にとって重要な最も遠い視覚面になります。

カメラのスケール、ビュー、フォーカスによっては、フォアグラウンドのサイズが大きくなる可能性があります。これは、ビューアーに最も近いように見えるためです。その色は通常より暗く、テクスチャーはより洗練されています。一方、背景は前者の反対です。

画像が背景に近づくにつれて、スケールは知覚的に小さくなり、線が細くなり、細部がはっきりしなくなります。

III。応用

構図の基本がわかったので、イラストに適用してみましょう:)

これが特別な機能のないキャラクターです:D


私たちが作りたいのは、それがキャッチーに見えることです。そのため、ガウスぼかし([フィルター]-> [ぼかし]-> [ガウスぼかし])を使用してフォーカスぼかし(カメラ効果)を実行します。このタイプのぼかしフィルターを使用すると、画像に表示するぼかしの量を測定できます。

---- III.a背景のペイント

まず、キャラクターのレイヤーの下に新しいレイヤーを作成します(複数のレイヤーで作業している場合は、それらをマージするか、グループに入れます)。

そのレイヤーに背景をペイントしてください!

[このチュートリアルでは、設定は屋外にあり、背景は単純な木と日光だけです。]

もちろん、好みに応じて光源を見つけることを忘れないでください:)

背景にデフォルトのブラシ[油絵の具]を使用しています。

自然なストロークでブラシを軽くたたくだけで、さまざまな色の自然を簡単に塗りつぶすことができます。詳細にする必要はありません^^、

---- III.bガウスぼかしの使用

キャラクターを背景からポップにするために、ガウスぼかしを使用してカメラの焦点ぼかし効果を実現します。

[フィルター]-> [ぼかし]-> [ガウスぼかし]->を選択すると、好みに合わせてぼかしの強さを調整できます。

---- III.c照明とボケ効果

それでは、シーンにドラマチックな照明を追加しましょう。

使用するブラシ:デフォルトのソフトエアブラシとClip Studio Assetsのお気に入りのペイントブラシ(以下のリンク)


照明のチュートリアルについては、ビデオを参照してください^^

---- III.d補正レイヤーの適用

イラストの全体的な照明露出を調整するために、トーンカーブを使用して補正レイヤーを適用しています。

ツールを表示したい結果に合わせて、ツールを試してみることができます。私の場合、キャラクターが光に逆らって立っているので、少し暗く見せたかったのです。

---- III.e前景のペイント

シンプルな前景も追加するといいので、花を描いてガウスぼかしを使用するのと同じプロセスを実行して、キャラクターがイラストの主な焦点になるようにしました^^

IV。最終出力

コメント

新着

公式 新着