モノクロ設定の初心者向けガイド

24,616

HeroDraws

HeroDraws

前書き

初心者のグレースケール設定への私の役立つガイドへようこそ! Clip Studioのモノクロオプションの大部分を、詳細な説明とすべてを紹介する画像でカバーします。お役に立てれば幸いです。

 

チュートリアルビデオを以下に示します。すべてのガイドとなる追加情報と手順が含まれています。

注:このチュートリアルで取り上げられているすべての写真とアートワークは私が作成したものです。

キャンバスのセットアップ

キャンバスをグレースケールに設定するには、(ファイル)->(新規)->(カラードロップダウンボックス)->(グレー)に移動して、新しいキャンバスを作成します。これにより、キャンバスで作成されたすべての新しいレイヤーが自動的にデフォルトで白、グレー、黒の値に設定されます。つまり、色を使用できません(個々のレイヤーで手動で色を有効にしない限り)。この同じ方法で、(モノクロ)キャンバスを有効にすることもできます。 、白黒のみが使用可能です。

最初に(GRAY)キャンバス設定を有効にするのを忘れた場合でも、後で追加できます。そのためには、(編集)->(キャンバスプロパティ)->(カラードロップダウンボックス)->(グレー)に移動します。この手順の前に色を使用していた場合、以前のすべてのレイヤーは引き続き色に設定されますが、新しいレイヤーはすべてデフォルトでグレー値になります。

個々のレイヤーをグレースケールまたは白黒に設定するには、右側のパネル(LAYER PROPERTY)に移動し、変更するレイヤーをクリックして、(EXPRESSION COLOR)で(GRAY)または(MONOTONE)を選択します。これは、灰色のイメージに色のポップを追加して「選択された彩度パレット」を作成する場合に役立ちます。「選択された彩度パレット」は、シーン内のオブジェクトにフォーカスを描画し、物語を追加するために一般的に使用されます。

ブレンドモード

描画モードにアクセスするには、レイヤーパネルから(描画モード)ドロップダウンボックスを選択します。次に、そのレイヤーに使用するモードを選択します。

グレー値を簡単に選択できるように、Clip Studioには、それぞれにグレーの割合がラベル付けされた「デフォルトカラーセット」が用意されています。

 

ブレンドモードは、カラーとは異なり、白黒での動作が異なる場合があります。さまざまな効果を紹介するために、利用可能なすべてのClip Studio描画モードを並べて比較し、通常のグレースケール写真レイヤーの上に50%グレー値のレイヤーでどのように表示されるかを示します。

一部の描画モードは、使用する値が50%グレーより大きいか小さい場合を除いて機能しません。

 

-ブレンドモード「オーバーレイ、ソフトライト、ビビッドライト、リニアライト、ピンライト」は、50%未満のグレーを使用しないと機能しません。

 

-ブレンドモード「ハードライト」は、50%を超えるグレーを使用しないと機能しません。

 

-ブレンドモード「色相」、「彩度」、および「色」は、グレースケール画像では機能せず、効果を適用するには色が必要です。

 

-左から右上の順に…

元の変更されていない写真、グローダッジ、追加(グロー)、オーバーレイ、ソフトライト、差分、ハードミックス

 

-左から右下の順に…

暗い色、明るい色、減算、焼き込み、画面、除外、乗算

 

-左から右上の順に…

明るさ、暗く、線形焼き付け、明るく、カラーダッジ、追加、ハードライト

 

-左から右下の順に…

 鮮やかな光、リニアライト、ピンライト、ディバイド、色相、彩度、カラー

 

抽出線とLT変換

(EXTRACT LINE)レイヤー設定は、オリジナルのカットアウトとして画像を自動的にモノクロに変換します。それはその名前が伴うことを行います。オブジェクトのアウトラインのみを表示します。これは、マンガやコミックで使用するために写真からオブジェクトの切り抜きを作成するのに非常に便利です。そのプロセスは、元の写真ではなく、図面のように画像をレンダリングするため、アートワークの背景素材を作成するのに非常に時間を節約するトリックです。

(EXTRACT LINE)レイヤー設定に簡単にアクセスするには、(LAYER PROPERTIES)->(EXTRACT LINE)に移動します。次に、必要に応じて個々の設定を調整して、画像を最適に表示します。

-(黒塗りのしきい値);オブジェクトのカットアウトに存在する黒の量に影響します。より高いしきい値は、より強いコントラストとインクの付いた外観を作成するのに役立ちます。

-(補正線幅);カットアウトのテクスチャの幅を調整します。補正線幅の設定を高くすると、目に見える粒子の量が増え、画像が暗くなる場合があります。

-(エッジのしきい値);カットアウト線の太さを変更します。この設定の値を高くすると、写真の切り抜き内の粒子が目立たなくなりますが、しきい値が高すぎると、線画の輪郭が過度に消去される可能性があります。

-(検出の方向);カットアウトが発生する方向を変更します。特定の方向を固定することにより、特定の切り取り線の太さを操作できます。

-(ポスタリゼーション後の抽出);ポスタリゼーションは、画像で使用される色調に影響を与えます。スライダーで異なるトーンを表示すると、それぞれの値のパーセンテージを好みに合わせて修正できます。

(レイヤーのLT変換)「選択したレイヤーを、別々のレイヤーで作成された線とトーンに分離することができます。」これは(抽出ライン)レイヤープロパティのより広範囲で調整可能なバージョンであり、特に可視トーンの特定の調整に役立ちます。

 

(レイヤーのLT変換)の詳細な技術情報については、以下のリンクにあるトピックについて、Clip Studioのマニュアルを確認することをお勧めします。

 

(レイヤーのLT変換)にアクセスするには、(レイヤー)->(レイヤーのLT変換)に移動します

または

(レイヤープロパティ)->(ライン抽出)->(レイヤーのLT変換の実行)に移動します

 

 (抽出ライン)アクセス方法を使用している場合、(レイヤーのLT変換)設定は、以前に設定された(抽出ライン)設定よりも優先されます。

 

(LT CONVERSION OF LAYER)を使用すると、(EXTRACT LINE)を使用する場合よりも多くのレイヤーオプションにアクセスできます。たとえば、イメージの個々のポスタリゼーション値に(TONE)を追加して、よりマンガやコミックスタイルの外観を実現したり、テクスチャを追加したり、単純なパターンを作成したりできます。これらの(TONE)追加は、最初の(LT CONVERSION OF LAYER)の確立後に、変換から新しく作成された個々のレイヤーをクリックし、(LAYER PROPERTY)で(TONE)エフェクトを手動で編集することで変更できます。

マンガ/コミックのオブジェクトの切り取り

マンガやコミックのオブジェクトを切り取るのは、Clip Studioのさまざまなツールを使えば簡単です。このセグメントでは、車を切り取り、(レイヤーのLT変換)を使用して、手で描いたように見せます。

Clip Studioが提供する(Magic Wand)、(Lasso)、および(Selection Pen)のカットアウトツールは単純な背景からオブジェクトを抽出するのに最適ですが、ここにある車の例は、奇妙な照明の複雑な背景に対して設定されています。背景とオブジェクトのコントラストが不足していると、(マジックワンド)ツールが混乱し、やりたいこととやりたくないことの切り分けができるようになります。このシナリオでは(なげなわ)ツールまたは(選択ペン)ツールを使用して作業を行うことができますが、自動車の滑らかな幾何学的形状は、手で直線を描くときに大まかな時間を与える可能性があります。

これらの問題の解決策は、(図)->(曲線)ツールです。オブジェクトの写真の上に新しいレイヤーを作成します。次に、後で簡単に逆選択できるように細い線幅を使用して、(CURVE)ツールを使用して車の輪郭をトレースします。内側の線をトレースする必要はなく、シルエットを作成するだけです。

ホイールについては、ホイールごとに1つずつ、新しいレイヤーを作成します。 (図)->(サブツール)にある(楕円)ツールを使用し、Shiftキーを押しながら形状をドラッグして完全な円を作成します。次に、キーボードでCTRL + Tをクリックして(変換)を有効にし、を右クリックして(無料変換)を選択します。車の写真と一致するように、各ホイールの輪郭の円を修正します。

車のアウトラインレイヤーを作成したら、アウトラインレイヤーを結合して、写真の上にある1つのラインアートですべて1つのレイヤーにまとめます。 (MAGIC WAND)選択ツールをつかんで、ラインアートの外側をクリックします。ポップアップ選択パネルの(INVERT SELECTED AREA)でその選択を逆にすると、車の内側のみが選択されます。

写真レイヤーに切り替えます。線画でエラーが発生し、後で元の写真を参照して修正する必要がある場合に備えて、ここで写真レイヤーを複製することをお勧めします。

 

車の内側が選択され、写真レイヤーにいるときに、Delキーを押すと、切り取られた車のみが表示されます。

 

上記のアウトラインレイヤーをオフにして、表示されないようにします。最後に、車の写真の切り抜きに(LT CONVERSION OF LAYER)を使用し、必要に応じて設定を調整して、車が図面のように見えるようにします。 (プレビュー)チェックボックスがオンになっていることを確認して、編集を確認してからOKを押してください。

トーン

トーンは、テクスチャやエフェクトを作品に追加するのに最適な方法です。マンガやコミックでは一般的にグレースケールのカラーリングの形式として見られますが、アートワークのどのような形式にも適用でき、すごい要素を追加できます。

 

Clip Studioには、トーンを活用する多くの方法があり、単層の作品からトーンを削除する機能さえあります。

 

Clip Studioでトーンにアクセスするには、2つの方法があります。方法1は(LAYER)->(NEW LAYER)->(TONE)になります。この方法でアクセスすると、新しいトーンレイヤーがキャンバス全体を自動的にカバーします。ただし、画像上で選択がすでに確立されている場合は除きます。その場合、レイヤーマスクが使用され、選択のみがカバーされます。この方法では、トーンの角度にもアクセスできます。これは、LINEトーンタイプを使用する場合に特に便利です。 LAYER PROPERTYパネルで初期トーンを設定した後でも、設定を調整できます。

 

2番目の方法は、(レイヤープロパティ)->(効果)->(トーン)に移動することです。これにより、既存のレイヤーをトーンにすることができます。個々のレイヤーのトーン設定を必要に応じて調整して、ニーズに最適なバランスを得ることができます。

 

方法1のアクセスでは、GRADIENT、ANGLE、POSTERIZATION、REFLECT LAYER OPACITYなどの設定にアクセスできます。

方法2のアクセスでは、方法1と同じ設定の多くにアクセスできます(勾配、角度、ポスチャライズ、および反射層の不透明度を除く)。さらに、既存のレイヤーをトーンに変えることができます。

FREQUENCY設定は、トーンピクセルのサイズを変更します。これは、被写体の色の見え方に影響を与える可能性があります。非常に大きな周波数は、キャンバスのサイズによっては、トーンがまったく使用されていないように見せることもできます。

 

-周波数が小さいほど、トーン間のギャップが大きくなります。

-周波数が大きいほど、トーン間のギャップが小さくなります。

 

トーンDENSITYにはいくつかのレイヤー設定があり、そのうちの2つはトーン作成のメソッド1およびメソッド2からアクセスできます。これらは(画像の色を使用)と(画像の密度を使用)です。

 

-(画像の色を使用)は、設定したトーンレイヤーの値を、単色のトーンシートで使用します。 OPACITYを個別に調整しないと、背景はトーンの後ろからは見えません。

-(画像の密度を使用)は、トーンの下のレイヤーの値を使用して、トーンの明るさと暗さに影響を与えます。 OPACITYを調整しなくても、背景がトーンの後ろから見えるようになります。

 

以下に示す特定のグレー値を取得するために、Clip Studioはプロセスをさらに簡略化し、(COLOR SET)->(DEFAULT COLOR SET)で使用可能なプリセットのラベル付きのグレー値を提供します

(円)トーン

 

使用するグレーのパーセンテージは、トーンの明るさまたは暗さに影響します。シェードが明るいほど、トーンパーティクルは互いに離れているため、明るいトーンが表示されます。

 

Clip Studioは、トーンに使用できる24の異なる形状を提供し、すべてのプロジェクトで使用できる多様性を提供します。

 

(チェリーシン)トーン

(DIAMOND)トーン

(LINE)トーン

キャンバスをGRAY Basic Color Expressionに設定せず、代わりにCOLORモードで使用する場合、トーン値は、グレー値間とは異なり、色間で異なる動作をすることに注意することが重要です。

 

上の色と下の色の例では、異なる色ごとに同じ色合いまたは同じ色合いを使用していますが、色調自体は個々の色に応じて明るさと暗さが変化します。 (EX、赤は紫よりも暗い)これは非常に混乱する可能性があるため、一貫性を保つために、トーンのグレースケール値を使用することをお勧めします。

 

使用するBLENDING MODEおよびDENSITY設定に応じて、トーンの動作は異なります。これを利用して、シーンに楽しい効果を与えることができます。ただし、前述のように、一部のブレンディングモードでは、有効にするために50%以上または以下の灰色の値が必要です。

 

各ブレンディングモードを並べて比較し、下にある背景画像を表示するために、50%の灰色の単色でどのように表示されるかを比較しました。

 

^

50%グレー::頻度15%::(画像の色を使用)

-左から右上の順に…

元の変更されていない写真、グローダッジ、追加(グロー)、オーバーレイ、ソフトライト、差分、ハードミックス

-左から右下の順に…

暗い色、明るい色、減算、焼き込み、画面、除外、乗算

 

^

50%グレー::頻度15%::(画像の色を使用)

-左から右上の順に…

明るさ、暗く、線形焼き付け、明るく、カラーダッジ、追加、ハードライト

-左から右下の順に…

 鮮やかな光、リニアライト、ピンライト、ディバイド、色相、彩度、カラー

 

^

50%グレー::頻度15%::(画像の明るさを使用)

-左から右上の順に…

元の変更されていない写真、グローダッジ、追加(グロー)、オーバーレイ、ソフトライト、差分、ハードミックス

-左から右下の順に…

暗い色、明るい色、減算、焼き込み、画面、除外、乗算

 

^

50%グレー::頻度15%::(画像の明るさを使用)

-左から右上の順に…

明るさ、暗く、線形焼き付け、明るく、カラーダッジ、追加、ハードライト

-左から右下の順に…

 鮮やかな光、リニアライト、ピンライト、ディバイド、色相、彩度、カラー

 

Clip Studioを使用すると、単一のレイヤー化された画像からもトーンを削除できます。これは、線画だけを露出するためにそれらのトーンを取り除きたい、伝統的な漫画やコミックのページでスキャンした場合に便利です。また、レイヤーをあまり意味なくマージし、後で画像を編集して間違いを修正したい場合にも役立ちます。

 

単一レイヤーからトーンを削除するには、(編集)->(トーンを削除)->(選択したレイヤーからトーンを削除)に移動します

 

(LAYER)->(NEW LAYER)->(TONE)のアクセス方法では、(SELECT)->(TOOL PROPERTY)->(FILL SETTINGS)->(GRADIENT)で表示できるグラデーションを作成するための追加オプションが提供されます。

そのためには、まず新しいトーンレイヤーを作成します。次に、塗りつぶしの設定を(グラデーション)モードに切り替えて、グラデーションを設定します。新しく形成された青いグラデーションラインツールを移動して方向を調整します。 (グラデーションの色を指定)設定を選択し、好みを適用して、グラデーションの値を変更します。グラデーションの形状を変更して、(直線)、(円)、または(楕円)から選択することもできます。

グラディエントトーンをさらに際立たせるための便利な機能は、ブレンディングモードと組み合わせて使用することです。

 

上記の例では、空をポップにするために、トーングラデーション設定とOVERLAYブレンドモードを使用しました。

 

トーンでキャラクターを描く;一歩一歩

開始する前に、キャラクターのカラーパレットがグレースケールにどのように変換されるかを確認すると役立つ場合があります。そのためのすばやく簡単な方法は、リファレンスシートの上に新しいレイヤーを作成し、それを黒で塗りつぶし、BLENDING MODEをCOLORにすることです。この手順は、キャラクターの値にまともなコントラストがあり、2つの色が同じ灰色に変換されないことを確認するのに便利です。 (たとえば、肌と同じ色の髪の色があり、キャラクターがグレーの特異値になり、視聴者が髪と肌を区別することが難しくなります。)

BASIC EXPRESSION COLORをGREYに設定して、新しいキャンバスを作成します。トーンのDEFAULT FREQUENCY設定を調整して、キャンバスサイズを補完します。これは、今は完璧ではない場合でも、後で調整できます。

参照シートを新しいタブに用意しておくと、描画やカラーピッキングの際に簡単に確認できるように、別のキャンバスをアートワークにドラッグアンドドロップできるので便利です。

擬人化された動物とその頭を描く方法についてのより詳細なチュートリアルが必要な場合は、私のガイド「擬人化された動物を描く」をチェックしてください。

-(ステップ1)::サークルから始めます。これは、頭が配置される大まかなベースになります。

 

-(ステップ2)::新しいレイヤーで、キャラクターの銃口の上部を描画します。円に接続された3次元の長方形のように想像するのに役立ちます。

ヒント::マズルの長さは、描いている種によって異なります!私が描いているキャラクターであるLanはさまざまなドラゴンなので、比較できる実際の動物がいないので、鼻の長さを自由に使うことができます。これらの例では、犬の銃口の長さは私が参照したいものです。

 

-(ステップ3)::銃口の底が描かれ、円の底に向かって取り付けられます。直線ではなく、丸みのあるエッジとカーブを与えることで、リアルに見せることができます。

 

-(ステップ4)::目を引く時間です!ティアダクト/カーンクルは通常、鼻の内側の端から始まります。私のようにまつげを含める場合は、まつげを考慮に入れて、それに合わせて目の縦の比率を調整し、余裕を持たせます。

 

-(ステップ5)::ステップ1で描いた最初の円に緩やかに沿って、頭の上部と背面を形成します。ステップ1のサークルが小さすぎた場合は、創造的な自由を取り、必要に応じてサイズを変更するために、このステップの新しいサークルを形成できます。

 

-(ステップ6)::頭の後ろから流れ落ちるのが首です。カーブを付け、キャラクターの姿勢や種に合わせて位置を調整します。

 

これで頭のベースが描画されたので、さらに詳細を追加します。新しく追加した詳細が最初の黒いスケッチで見やすいように、ベースレイヤーをLAYER COLORに変更すると便利です。

-(ステップ7)::ホーンや胸の定義などの詳細をスケッチに追加します。

 

-(ステップ8)::髪の毛に取り組みましょう!新しいレイヤーを作成します。頭の付け根から外側に向かって、髪の毛を重ねてボリューム感を出します。ここで、ベーススケッチをLAYER COLORにすると、ヘアを上に追加し、ラインを区別するのがはるかに簡単になります。これは、キャラクターのラインが青色で、ヘアが黒色であるためです。

 

-(ステップ9)::詳細を続けて追加してスケッチを完成させます。このキャラクター、Lanは胸の毛羽がたくさんあり、首を大きく覆っています。このヘアは、主に線画の詳細を介して行われるため、この時点ではあまり詳細に気づかないかもしれません。

 

-(ステップ10)::筆を使って伝統的なインクの線を描き、スケッチの上にある新しいレイヤーできれいな線画から始めます。 LAYER COLORモードでスケッチを回すと、新しく作成したアウトラインが見やすくなります。

 

-(ステップ11)::文字の強度を与えるために、新しいレイヤーの筆を使用して、メインシャドウに黒でインクを塗る時間をとります。これにより、他のより明るいグレースケールパレットからの攻撃的なコントラストで、より印象的に見えます。このステップはオプションであり、アートワークのテーマに応じて、組み込むか除外するのが最善の方法です。たとえば、楽しくて幸せなシーンは、大胆な影がなくても、より心温まるかもしれません。

 

-(ステップ12)::カラーセレクターツールを使用して、参照シートから色を選択し、ラインアートの下の新しいレイヤーのアートワークに追加し、キャラクターを入力します。また、背景に暗い色合いを選択して、明るい色のキャラクターを目立たせています。次に、(LAYER PROPER)->(EFFECT)->(TONE)にアクセスしてTONEを追加します。

 

-(ステップ13)::必要に応じて、光源の方向と、キャラクターとヘアの最高点を考慮して、ハイライトを開始します。ハイライトでさえ、その伝統的なマンガの外観を最もよく実現するために、それらに適用されたトーンを持っていることに注意してください。

 

トーンにグラデーションを形成するには、ソフト消しゴムツールを使用して、目的の効果を得たい場所を消去します。これにより、グラデーションを簡単に制御できます。

 

グラデーショントーンを作成する他の方法には、GRADIENT(G)ツールまたはソフトブラシの使用があります。

 

-(ステップ14)::背景にGRADIENT(G)ツールを使用し、ライトの値を使用して、光源のあるキャンバスの右側からスイープします。これは、照明効果をさらに視覚化するのに役立ちます。

次に、ベースカラーレイヤーを選択し、(レイヤープロパティ)->(効果)->(ボーダー効果)に移動して、キャラクターの周りに白い境界を作成します。これにより、暗い背景に対しても、黒い線画が目立ちます。

-(ステップ15)::アートワークを仕上げるために、髪のハイライトの下に陰影を付けて、奥行き感を与えます。 (DOT SETTINGS)->(LINE)を使用して、背景レイヤーにもトーンを適用します。

キャラクターアートワーク完成!

2値化

BINARIZATION Clip Studioエフェクトは、すべての画像を白黒にします。この機能は、アートワークや写真の研究、シルエットの作成、テクスチャの抽出、パターンの作成に最適です。画像が非常に単純化されているため、構図をよりよく確認することもできます。

BINARIZATIONへのアクセスには2つの方法があります。

 

-1つは(EDIT)->(TONE CORRECTIONS)->(BINARIZATION)で、選択したレイヤーへの影響をやや永続的な状態でのみ処理します。

 

-もう1つは(LAYER)->(NEW CORRECTION LAYER)->(BINARIZATION)で、調整可能なすべてのものの上に新しいレイヤーを作成し、その下のすべてのレイヤーをBINARIZATIONエフェクトに変換します。

 

 

THRESHOLDは、黒と白の比率を調整します。THRESHHOLDが高いほど、黒が多くなります。

モノクロ素材

Clip Studioには、作品で使用するためのさまざまなモノクロムマテリアルも用意されています。それらの多くはソフトウェアに事前にダウンロードされていますが、クラウドから新しくダウンロードするにはインターネットアクセスが必要なものもあります。

これらの素材は制作に非常に役立ち、モノクロームと同じくらい簡単にカラー作品に使用できます。ブレンディングモードやトーンなどの前述のテクニックを適用すると、あらゆるクリエーターのツールセットに強力な機能が追加されます。

多くのマテリアルには、コンテンツのサイズ、形状、および配置を調整するための青いポップアップがあります。

エンドノート

みんな読んでくれてありがとう!このガイドは初心者向けに調整されていますが、すべてのスキルレベルに役立つ情報がいくつかあります。

 

コメントを残して、楽しんだらいいね! 🤍

コメント

新着

公式 新着