フィギュアツールを使用してアニメーションレーダー画面を作成する方法

4,800 view

Clipstudioのフィギュアツールは、シェイプやインターフェイスの描画に非常に便利です。

このチュートリアルでは、Figureツールを使用して次のような監視インターフェイスを描画する方法を示します。
-レーダー
- GPS
- 音波
-正弦波

次に、このクールな結果のためにそれをアニメーション化します!!

はじめましょう!

ビデオチュートリアル

https://youtu.be/G_tqpnVw0x4

ディスプレイインターフェイスの設計

インターフェイスディスプレイを設計するには、それがどのように機能するかを知っていると、設計の詳細がより現実的になります。インターネットでリファレンスを見つけるか、実際の機器に基づいて独自に設計することができます。

インターフェース表示の主な目的は、機器によって監視されている情報を表示することです。したがって、表示される情報に注意を払う必要があります。


レーダーは、信号波を送信し、それが物体に反射したときにそれをキャッチして、位置と距離(レーダーから)を検出する機器です。

GPSは私たちが携帯電話で慣れ親しんでいるもので、地図上の位置を上面から表示するだけです。GPSがどのように情報を表示するかをすでに知っているので、GPSがどのように機能するかを知る必要はありません。

ここでは、実際の楽器に基づいたクイックデザインを紹介します。

デザインは、実際の機器のようなデータを提供します。
レーダー:角度位置(度)、オブジェクトマーク、中心からの距離
GPS:地図上の障害物と基準点からの距離



フィギュアツールを使用したインターフェースの描画:レーダー

クイックデザインの準備ができたら、フィギュアツールで描きましょう!

グリッドを有効にし、[表示]> [グリッド]に移動します

デフォルトのグリッドが不明瞭に見える場合は、[ファイル]> [設定]に移動して色を変更してください

[ルーラー/単位]タブでは、[グリッド線の色]と[グリッド分割線の色]を変更できます。
このメニューでグリッドの不透明度を調整することもできます

これで、グリッドの外観がより明確になります。


メニュー[[表示]> [グリッド/ルーラーバーの設定]]でグリッドのスケーリングを調整します

開始点を[中央]に設定します。これにより、ルーラーの開始がキャンバスの中央で0に揃えられます。

デフォルト設定が小さすぎるか大きすぎる場合はグリッドのギャップを調整します。グリッドが小さすぎると、図の描画を開始する位置がわかりにくくなります。
(ここでは、2000 * 2000ピクセルのキャンバスサイズに対して200に設定しました。)

距離スケールから始めましょう
新しいベクターレイヤーを作成する

サブツール[図]で、楕円を選択し、アンチエイリアシングを無効にします

[グリッドにスナップ]を有効にします

エッジの1つのグリッドポイントから開始して円を描画すると、円がグリッドにスナップします。

グリッドを使用すると、円のサイズと、それがキャンバスの中心点に位置合わせされているかどうかを簡単に確認できます。
(ドラッグするときに[Shift]を押したままにすると、対称の比率で円を作成できます)

小さい円の場合は、始点を次のグリッドの交点に移動できます。円の上部と左側がグリッド線に揃えられます。これにより、円の調整がとても簡単になります。

これは、私のデザインのすべての円の開始点への参照です。

内側の円を小さなギャップで分割するので、2つのグリッド交点(グリッド分割線上)の間のポイントを使用します

円の線の太さを変更するには、オブジェクトツールを使用して円を選択します。

また、ツールのプロパティパネルで、[ブラシサイズ]オプションで線の太さを調整できます。


測定スケールを円に配置するには、スケールを大きな次数セクションから分離してから、小さなものにトリミングします。 (ここでは10度のギャップを使用します)

新しいレイヤーを作成して、値が作業しやすくなることに注意してください

距離の目盛りにも注意します。

スケール用に別の線を引き、
新しいベクターレイヤーを作成し、すべてのデザインをカバーする円を描きます。
この円は、図面の中心点を中心に回転するのに役立ちます。

[マーカー]サブツールの[ミリペン]または[モノフィルペン]を使用して、分割線を描画します。
アンチエイリアスを[なし]に設定します

90度と180度の分割線を描画します

新しいレイヤーアイコンにドラッグして、レイヤーを複製します。

レイヤーを選択してフリートランスフォームを作成します([Ctrl + T]を押すか、[編集]> [トランスフォーム]> [フリートランスフォーム]に移動します)

次に、ツールのプロパティパネルで、回転角を30度に変更します。

[Enter]を押して変換をコミットします

手順を繰り返し、レイヤーをもう一度コピーして、さらに30度回転します

30度のステップラインを取得します

[Shift]を押しながらすべてのレイヤーを選択し、右クリックしてそれらをマージします

10度のステップの場合、レイヤーを再度複製してステップを繰り返しますが、30度ではなく、10度だけ回転します。

オプション:[オブジェクト]ツールを使用して、ツールのプロパティパネルで線の太さと色を設定します

終了したら、10度の線のレイヤーをマージします

ハード消しゴムを使用し、[交差点まで消去]モードでベクトル消しゴムを有効にします

外側の円も消去すると、スケールの線の区切りが表示されます。

30度の線間隔でも同じ手順を繰り返し、[オブジェクトツール]で色を変更します。

図面上に円を作成する別の使用法として、選択ツールを使用することもできます。これはグリッドにスナップします。

10度スケールのレイヤーをコピーし、図面の上に[楕円]を描画します

変換を作成し、5度に回転します

もう一度繰り返すと、スケールが完了します。

注:プロキシサークルよりも選択のデメリットは、選択を何度も再描画する必要がある場合がありますが、自分にとって簡単だと思うものは何でも使用できます:)

レイヤーをコピーして30度のスケールで長い線を作成し、自由な変換を作成して、そのサイズを少し調整します

([ベクトル幅の変更]がオフになっていることを確認してください)

目盛り番号は、テキストツールで入力してください

次に、新しいレイヤーを作成し、番号と図面全体をカバーする円を描きます

テキストのみをコピーし、テキストとサークルレイヤーの両方を選択します

無料の変換を作成し、90度に回転してから、数値を編集します

次に、両方のレイヤーをコピーし、90度回転させて手順を繰り返します

30度回転させてもう一度手順を繰り返します。これで、すべての30度の手順に番号を付けることができます。

すべての番号をフォルダに入れて、小規模にするためにもう一度コピーします

フォントサイズを少し小さく調整します

フォルダの無料の変換を作成し、それを図面に合わせて調整します。変換の中心が図面の中心にあることを確認してください。

スケール位置まで回転させます

フォルダをコピーして、もう一度回転させます

次に、ステップの程度に番号を編集します

それらを選択して[右クリック>選択したレイヤーをマージ]で番号をグループ化できます

それでも、[オブジェクト]および[テキスト]ツールを使用してグループ内の番号を編集できます

オプション:小さなスケールの不透明度を少し下げて、大きなスケールがよりポップアウトに見えるようにします

距離線の番号も追加します

スケールの準備ができました

次のステップでは、レーダーへのスキャンを作成します

新しいレイヤーを作成し、内側の領域を覆う白い円を描きます

重要!:アンチエイリアシングをオフにします

レイヤーをファイルオブジェクトに変換します。レイヤーを右クリック[ファイルオブジェクト>レイヤーをファイルオブジェクトに変換]

エリアは[描画エリア]に設定する必要があります

ファイルオブジェクトを開きます。

グリッドを有効にして、少し大きなギャップを空けて中心から開始するように設定します。これにより、円の中心を簡単に確認できます。

[直線]ツールを使用して、グラデーションの領域を作成します。
重要!:ここでアンチエイリアシングもオフにしてください

レイヤーを透明にロックする

カラーパレットで灰色の-95%を選択し、中心点から端までドラッグして線を引きます

灰色の-50%を選択し、別の線をドラッグします。中心から始めて、最初の線の間に角度のスペースを作ります。

明るい灰色を選択して別の線を引き、中心点から開始します
(ここには4行ありますが、グレー-5%を使用しているため、最新の行はわかりにくい場合があります)

グラデーションタブで、フリーフォームグラデーションの[通常のペイント]ツールを選択します

[許容値]を0に設定します

(許容値を0に設定しない場合、色の値が薄すぎるとグラデーションがリークします。たとえば、グレーの場合-5%)

クリックして領域を塗りつぶすと、2行の値でグラデーションが作成されます

他のすべての領域を埋める

2本の線の間のグラデーション量を選択するためのいくつかのオプションもあります。

たとえば、[最も明るい影]は、暗い線よりも明るい線でより多くの比率を与えます

グラフを調整して値量を調整することもできます

すべての領域を埋めると、結果は次のようになります

-5%の灰色の領域を除いて、ほとんどの部分が灰色であることがわかります。
明るさを調整して白にし、[編集]> [色調補正]> [明るさ/コントラスト]に移動します。

薄い灰色の部分が白くなります

不要な領域を削除し、[選択領域]サブツールで[ポリライン]を選択します

最も暗い領域と白い領域をカットする選択を作成します

そしてそれを削除します([Ctrl + D]で選択を解除します)

透明な部分にし、[編集]> [明るさを不透明に変更]に移動します。

ファイルを保存して、メイン図面に戻ります。自動的に表示されます
(表示されない場合は、レイヤーを右クリックします[ファイルオブジェクト>ファイルオブジェクトの更新])

レイヤーパネルのこのアイコンをクリックしてレイヤーの色を変更します(またはレイヤープロパティパネルで有効にします)

色を緑に設定すると、レーダースイーパーが完了します。

オブジェクトファイルに変換することで、オブジェクトキャンバスのレイヤー境界ができます。
レーダーの中心に回転させるだけです

レーダー画面にオブジェクトを追加します

新しいベクトルレイヤーを作成し、図サブツールの[直線]または[ポリライン]を使用してレーダー上のオブジェクトのアイコンを描画します

[オブジェクト]ツールを使用して、サイズを変更し、希望の位置に移動します

[Ctrl + C]と[Ctrl + V]で、選択したオブジェクトをコピーして貼り付けることができます。
コピーされたオブジェクトは元のオブジェクトの上に配置され、別の位置に移動します。

[オブジェクト]ツールで線の色を変えれば完成です!!

フィギュアツールでインターフェースを描く:GPS

描画するマップにすばやくスケッチします。
強調表示された領域は、マップ上の高台を表します。

スケッチの角をグリッド線に揃えることをお勧めします。次のステップでマップグリッドを簡単に描画できます。

[長方形]ツールで境界線を描く

新しいベクトルレイヤーを作成し、グリッドを描画します
グリッドを描くにはいくつかの方法がありますが、これが私が使いたいものです

1. [長方形]ツールで描画し、フレームの境界線より大きくします

2. [Polyline]サブツールで描画し、フレームの境界を越えて連続的に描画します

終了したら、フレームの境界より少し大きい選択範囲を作成します。
反転アイコン(または[Ctrl + Shift + i])をクリックして、選択を反転し、グリッド図面の不要な領域を削除します。

[オブジェクト]ツールを使用して、線のサイズを調整します

線を選択し、[Ctrl + X]で切り取り、別のベクトルレイヤーに貼り付けて、線を分離し、不透明度を個別に調整できます。

これが結果です

数字も追加して、よりリアルに見せます

新しいラスターレイヤーを作成し、[なげなわ塗りつぶし]ツールを使用してマップを描画します。グリッドにスナップすると、クールなピクセルの外観が作成されます。

最初に強調表示された領域を描画します

次に、新しいレイヤーに別の領域を描画し、レイヤー[不透明度]を下に調整して、2つのレイヤーの違いを確認します。

オプション:画像の中央に参照点を追加すれば完了です。

フィギュアツールを使用したインターフェイスの描画:Waves

音波については、[テクスチャペン]ブラシを変更して音波を作成します

サブツールの詳細アイコンをクリックして、ブラシを編集します

設定手順は次のとおりです

1.アンチエイリアシングを無効にします

2.ギャップを[固定]モードに切り替えて、ギャップスペースを追加します

3.ブラシ先端オプションで、方向[水平]でブラシの厚さを1000に変更します。

4.ダイナミックの厚さを[ランダム]に最小値0で設定します(設定バーの後ろにある小さなアイコンをクリックします)

5.角度ダイナミックを無効にし、角度を90に変更します

ブラシはすぐに使用できます

サブツール詳細パネルの[ブラシ形状]タブのプリセットにブラシを登録します

新しいベクターレイヤーを作成し、[ポリライン]サブツールで直線を描きます
クリックして、グリッド上にいくつかのコントロールポイントを作成します。
ダブルクリックして描画を終了します

[オブジェクト]ツールで線を選択し、サブツール詳細パネルの[ブラシ形状]タブで、作成したウェーブブラシを選択します

今、あなたは非常に簡単な音波を手に入れます

[正しい線]サブツールで、[線幅の調整]ツールと[スケールアップ幅]オプションを使用します。
線をクリックして、波にいくつかの異なる振幅を作成します

正弦波の場合は、ベジェ曲線ツールで描画します
新しいラスターレイヤーを作成し、[図]サブツールで[バジエ曲線]を選択します

クリックしてドラッグし、最初のコントロールポイントのアームを作成します

次に、波の中点をクリックすると、曲線が作成されます

(垂直領域の距離は6ブロックです)

クリックしてドラッグし、最初のカーブとミラーリングしてから、ダブルクリックしてラインをコミットします

開始点と終了点の両方の先端領域を拡大して消去します

波を画像素材レイヤーに変換し、レイヤーを右クリックして[レイヤー変換]
それを画像マテリアルレイヤーに設定します


注:オブジェクトに変換することもできます。後でインク幅を簡単に調整できます。

[オブジェクト]ツールでレイヤーを選択し、タイリングオプションを有効にして、リピートモードを設定します

[アスペクト比を維持する]を無効にすると、拡大または縮小できます

波を表示領域に固定するには、希望する領域に長方形の選択範囲を描画します。

次に、レイヤーを右クリックします[レイヤーマスク>選択範囲外のマスク]

波の境界線を引くと完了です!!

メイン画像に適用するには、すべてのレイヤーを1つのフォルダーに入れます
次に、それをコピーして画像に貼り付けます

レイヤーフォルダを選択し、トランスフォームを作成します。次に、それを好ましい位置に移動します

モードをスキューに変更して、画面の角度に合わせることができます

その位置に設定したときに線が細すぎる場合は、
同じ色のエッジを追加して、太い線を作成できます。

監視インターフェースのアニメーション化

このパートでは、簡単なアニメーション手順でパネルをエンチャントします!

[タイムライン]パネルで[新しいタイムライン]アイコンをクリックします
(このパネルをメニュー[ウィンドウ>タイムライン]で表示します)

ClipstudioProと互換性のあるループアニメーションの基本設定は次のとおりです
フレームレート:8、再生時間:24

この設定をすべてのパネルに使用します。レーダーアニメーションから始めましょう。

準備したレーダーオブジェクトを選択し、レイヤーキーフレームを有効にします

新しいキーフレームモードを[線形補間]に設定します

次に、フレーム0と24に新しいキーフレームを作成します

[オブジェクト]ツールに切り替えて、オブジェクトをクリックします
[回転角]で値を-360に設定します

次に、キーフレームを少し後ろにドラッグして、ループ間のギャップを削除します

これでレーダーが動きます!!

オプション:外観を魅力的にするために、レーダー上のオブジェクトがスイープされたときに、オブジェクトに成長効果を追加することもできます。

この効果を行うには、レーダースイープの操作と同じようにグラデーション円を作成しますが、暗い領域を大きくします。

次に、ぼかし効果を適用します

それをオブジェクトファイルまたは画像マテリアルレイヤーに変換してから、レイヤーの色を緑と濃い緑に設定して、アクティブな色と非アクティブな色にします

シンボルレイヤーから選択範囲を作成し、右クリックして[レイヤーからの選択>選択範囲の作成]

次に、選択範囲外をマスクします

マスク付きのアニメーションオブジェクトの場合、レイヤーのサムネイルをクリックして、マスクではなくレイヤーでアクティブになっていることを確認する必要があります

次に、レーダースイープを(同じ値で)アニメーション化する手順を繰り返して、一緒に移動するようにします。

GPSマップの場合、フォーカスアニメーションを画像の中心に縮小する円として配置します

画像の中央に円を描き、画像素材レイヤーに変換してから、レイヤーキーフレームを有効にします

最初のキーフレームで、フレームより大きくなるまでサイズを大きくします

そして最後のキーフレームで、中心点までサイズを変更します

次に、レイヤーマスクを使用してフレームに合わせます

マップ領域に長方形を選択します

レイヤーキーフレームを無効にしてから、外側の選択をマスクします

レイヤーキーフレームを再度有効にすると、完了です。

音波アニメーションには、フレームごとの方法を使用します

新しいアニメーションフォルダを作成します

作成したウェーブをアニメーションフォルダに入れます
次に、タイムラインを右クリックして、フレームに表示されるように設定します

[正しい線]サブツールの[線幅の調整]ツールを使用して、線をリセットします
[幅を修正]モードと[行全体を処理]を使用します

レイヤーの名前を「01」に変更してレイヤーをコピーすると、自動的に「02」という名前になります

タイムラインに表示されるように設定します

[幅を拡大]モードを使用し、[行全体を処理]オプションを無効にして行を調整します

別のキーフレームに対して手順を繰り返すと、完了です。

正弦波の場合、波が繰り返されるパターンを確認する必要があります

アニメーション化するには、レイヤーキーフレームを有効にし、開始キーフレームと終了キーフレームを追加するだけです。

次に、最後のキーフレームで、オブジェクトを繰り返し位置に移動します

注:移動するときに[Shift]キーを押したままにすると、古い位置から水平方向に移動できます。

アニメーション化されたインターフェイスをアートに適用します

すべてをまとめる前に、インターフェイスファイルのキャンバスを切り抜いて、紙のレイヤーを削除する必要があります。

画像を簡単に切り抜くには、長方形ツールですべての描画領域をカバーするように選択してから、[編集]> [切り抜き]を選択します。

紙の層を削除すると準備が整います

メインファイルで、表示ファイルと同じ設定で新しいタイムラインを作成します(8フレーム/秒/ 24フレーム再生時間)

次に、ディスプレイをファイルオブジェクトとしてインポートし、[ファイル]> [インポート]> [ファイルオブジェクトの作成]に移動します。

[オブジェクト]ツールのモードを[スキュー]に設定すると、角度を調整できます。

正しい結果を得るためにレイヤーをマスクまたは並べ替えれば、完了です。

ディスプレイのホログラムの外観については、ホログラム効果を作成する方法についての私の古いチュートリアルを確認してください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/4286

アートのアイデアが浮かんだらいいなと思います!!フィギュアツールが楽しい!試してみてください<3

安全を確保し、お絵かき・アニメ化をお楽しみください!

コメント

新着

公式 新着