ストリーム用のアニメーション化されたフラット パペット。

394

こんにちは、Rocko と申します。今日は、CLIPSTUDIO PAINT を使用してパペットを作成し、アニメーション用に ADOBE CHARACTER ANIMATOR を使用して、ストリーム用のパペットをゼロから簡単かつ迅速に作成およびアニメーション化します。

1- 簡単なスケッチ

最初に、通常、300dpi で 1080px x 1080px の clipstudio ペイントで自分のキャラクターのスケッチを作成します。この部分では、キャラクターがどのような特性を持つかを想像する必要があります。これは基本的なアニメーションであるため、頭、髪、眉毛、目を閉じるだけで、後でキャラクター アニメーターでアニメーションを作成します。

2- フォルダーとサブフォルダーを作成する

キャラクターの名前でメイン フォルダーを作成します。私の場合は「パペット チュートリアル」と呼ばれ、その中に 2 つのサブ フォルダーを作成します。1 つは頭の要素用、もう 1 つは体用です。

フォルダーの順序は重要であり、フォルダーとレイヤーに正しい名前を付けると、キャラクター アニメータがフォルダーを最適に理解するのに役立ちます。
「+head」フォルダー内に、アニメーション化する顔の各要素のサブフォルダーを作成します

3- 線画 y 色

線画の準備が整い、フォルダーに分割されたら、線画の下に新しいレイヤーをペイントして、最も好きな色を付けます。常に対応するフォルダー内でペイントしてみてください。

4- 図面を .PSD でエクスポートし、Adobe Character animator で開きます。

キャラクターの .PSD ファイルをキャラクター アニメーターのプロジェクト ウィンドウにドラッグし、ファイルの名前をダブルクリックして、各フォルダーにパペットの一部のラベルを付ける準備が整います。

名前の横に王冠が付いているフォルダは移動します。空の箱を持っている人は静かになります。
「+head」フォルダを選択すると、デフォルトの支持点はデフォルトで頭の真ん中になります。これが頭の支持点になり、正しく回転するように首まで下げる必要があります。右側の人形の頭の円にラベルを付けます。

5- ラベル、位置決め、吊り下げ

プログラムがフォルダーを正しく検出できるように、右側にあるパペットのパーツを選択して、フォルダーに 1 つずつラベルを付けます。

王冠をつけたフォルダ「髪1」と「髪2」に、上部で髪束に定点を固定する「位置決めツール」、下部でそれぞれ「吊り下げツール」を適用します。髪のロック。これにより、ロックに動きの効果が生まれます。

「ポジショニングツール」

「吊るし具」

「髪2」

「髪1」

左右の眉毛にラベルを付けます

まぶたをオフにする必要があります。パペットでそれらをマークすると、ウェブカメラの前で目を閉じるとまぶたレイヤーがオンになります。

ボディにはアニメーションがないため、タグ付けする必要はありません

6- ビデオを録画してエクスポートする

録画タブに切り替えると、ウェブカメラが AI と連携して私の顔の動きをキャプチャし、パペットに変換します。
完了したら、必ず「キャリブレーション」をクリックしてパペットを中央に配置し、レコードをヒットしてください。

緑の背景を追加して、ストリームの OBS でクロマ効果を使用できます。右下のアイコンをクリックします。

キャラクターを選択することで動きの強さを変更できます。そのプロパティが表示されます。記録する前に時間をかけて調整してください。

次に、REC を押して記録する必要があります。結果がタイムラインに表示されます。
エクスポートするには、File > Export > Video with Alpha with Media Encoder に移動します。
メディア エンコーダーが開き、背景が透明なビデオをエクスポートする準備ができました

宛先フォルダーを選択し、再生を押して、Quicktime - Apple ProRes 4444 with Alpha としてエクスポートします。緑の背景とクロマ効果を使用して背景を消去する OBS を使用して、ビデオまたはストリームで使用できます。

- 最後までお読みいただきありがとうございます。必要に応じて、このプロセスを段階的に説明するビデオをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、喜んでお手伝いさせていただきます。必要に応じて、より複雑な新しいパペットを作成します。あなたの結果を共有してください!

コメント

新着

公式 新着