お気に入りの新しいフィルター - Clip Studio Paint 3.0

3,614

TamilVolk

TamilVolk

ビデオ

はじめに

こんにちは!タミルです。Clip Studio Paint の新しいフィルターを探索する準備をしましょう。Clip Studio Paint Ver. 3.0 には、最近、色収差、ノイズ、レトロフィルム、鉛筆画の 4 つのダイナミック フィルターが追加され、探索できるクリエイティブな可能性の世界が広がっています。

 

フィルターは、イラストを簡単に変身させる秘密兵器です。アートワークにレトロな雰囲気を吹き込みたい場合、テクスチャや深みを加えたい場合、スケッチのような効果を試したい場合など、これらのフィルターが役立ちます。

 

新しいフィルターの世界に飛び込み、それらを使用してアートワークを高め、これまでにないほどクリエイティブなビジョンを実現する方法を学びましょう。🎨 ✨

結果 + 無料画像

一度にすべてのフィルターを使って楽しもうと決めたら、どうなったか見てみましょう。結果は?懐かしさと創造性がうまく融合し、私の絵に完璧なビンテージ感を与えました。90 年代のアニメと流行のレトロなひねりを加えたマッシュアップを想像してみてください。両方の長所を兼ね備えています。

 

次のセクションでは、プロセス全体を説明して、使用した各フィルターについて詳しく説明します。これらのフィルターの魔法についてさらに詳しく知るために、お楽しみに!

さらに、古いホテルで撮った旅行中の写真を使うことにしました。その写真には、ちょっと古びた感じがして、アートにスパイスを加えるのが楽しみになりました。私の写真と絵は 無料 なので、ぜひダウンロードしてください。フィルターをいろいろ試して、どんな感じか試してみてください。ただし、販売したり、クレジットなしで投稿したりしないでください :)

事前準備: 複製 + フラット化

始める前に、良いヒントがあります。常に画像を複製またはフラット化してください。すべてのフィルターは破壊的であるため、安全のためにバックアップを用意しておくことが重要です。さらに、画像をフラット化することで、効果が 1 つのレイヤーに限定されるのではなく、アートワーク全体にシームレスに適用されます。

ペンシルフィルター

鉛筆フィルターはなかなかいいですね! 絵に少しテクスチャと伝統的な雰囲気を加えたい場合、これは最適です。この簡単な画像では、ノートの背景にも適用して、授業中に絵を描いているような錯覚を起こさせました。

フィルターを利用するためのオプションは多数ありますが、大部分は非常に簡単です。誰でも問題なく簡単に理解できると思います。

1 - アウトライン オプションについてお話しましょう。これは、画像の端に沿ってはっきりとした線を追加します。これは、「線とトーンに変換」機能に似ています。必要に応じて、このパネルの他のすべてのオプションを無効にすると、背景が透明なきれいな線のスケッチが作成されます。この機能は、写真から画像をカラー化したり、マンガ風の雰囲気を実現したりできるので便利です。

2 - 「ハッチングを表示」を有効にすると、画像にテクスチャの感触が加わります。名前が示すように、ペイントにハッチングが組み込まれます。「ハッチングのサイズ」はテクスチャのスケールを決定し、「粗さ」はハッチングのランダムさを制御します。最後に、「角度」はハッチングの方向を決定します。私は通常、デジタル感が少なくなるため、ほとんどの場合、45 度または 90 度の角度を選択します。

これは設定をさらに上げたものです。非常に力強くデジタルな感じになります。これを使用する場合は、少し塗り重ねてみることをお勧めします。

この場合、より微妙な効果がとてもいいです。それが与える感触がとても気に入っています。

このフィルターは、白黒画像に適用すると特に効果的です。結局のところ、鉛筆で描くとグレーの色合いになるのが普通ですよね? そのため、画像をグレースケールに変換するための専用ボタンがあります。この機能は、ワークフローを効率化したい場合に、本当に時間を節約できます。

私は主に背景にフィルターを適用し、ハッチングを削除し、アウトラインを保持しました。私の目的は、背景の本質を維持しながら、背景を簡素化することでした。色については、シーンに活気と温かみのある雰囲気を吹き込むために、紫とオレンジを選択しました。

色収差

色収差は写真の「エラー」です。色にフリンジ効果が生じます。レンズがすべての波長の光を 1 つの収束点に集められない場合に発生する、非常に一般的な光学現象です。

 

とてもオタクっぽくて複雑に聞こえるかもしれませんが、多くの人がなぜそれが起こるのか知らないので、取り上げてみました。:D 科学的にとても興味深いと思います。

これをアートにどう活用できるでしょうか? 使い方はいろいろあります。未来的なサイバーパンクの絵画にこれを加えることもできます。グリッチ効果でよりモダンな感じになります。

 

小さく目立たないようにすれば、90 年代初期の古いテレビ形式をシミュレートするのに使えます。今回はこの方法で決めました。

色収差を適用するには、「フィルター」メニューに移動し、「効果」を選択して、「色収差」を選択します。

このフィルターには 3 つの主要コンポーネントがあり、非常に使いやすく、そして何よりも楽しいものになっています。

1 - このフィルターには、ラジアルとグローバルの 2 つのモードがあります。まずはラジアル モードから始めましょう。このモードを有効にすると、画面に小さな赤い X が表示されます。この X は、フィルターの影響を受けない画像領域を示し、基本的にマスクを提供します。この機能は非常に便利です。たとえば、キャラクターの目を強調したい場合は、赤い X を顔の中央に移動できます。これにより、フィルターが顔以外のすべての場所に適用され、周囲のディテールの中に焦点が作成されます。これは、絵画の特定の領域に視聴者の注意を向けるための巧妙な方法です。

横方向またはグローバル モードでは、エフェクトは画像全体に均一に適用されます。ただし、角度パラメータを調整して興味深い結果を得ることもできます。個人的には、アートワークに素晴らしい結果をもたらす傾向があるため、角度を 90 度前後にすることを好みます。

2 - 強度スライダーを使用すると、効果の強さを制御できます。自由に試して、絵画を引き立てる完璧なバランスを見つけてください。

 

3 - 前述のように、角度パラメーターはグリッチ効果の方向を決定します。これは、色収差の全体的な外観を試すのに便利なツールです。自由に調整して、アートワークで希望する視覚効果を実現してください。

私の絵では、効果を控えめに適用しました。背景には、視覚的な魅力を高めるために、微妙なグリッチを加えました。線は主に白黒なので、視覚的な興味をそそる効果を出すことを目指しました。キャラクターについては、エッジに戦略的に効果を適用し、顔の特定の領域を慎重に消去しました。複製レイヤーを使用することで、これらの調整をシームレスに行うことができ、スムーズで手間のかからないプロセスを実現しました。

レトロスタイル

Clip Studio Paint にはレトロ スタイルのフィルターも導入されており、画像やアートワークに懐かしさを吹き込む素晴らしい方法を提供しています。個人的には、このフィルターは私の芸術的なスタイルにぴったりなので、大ファンです。

いつものように、「フィルター」メニューの「効果」から「レトロフィルム」を選択すると、レトロフィルム効果にアクセスできます。

では、このフィルターで実際に何が得られるのでしょうか?

これは、この場合に使用することにした単なる基本イメージです。

1 - プリセット。Clip Studio Paint のプリセットは、ユーザーが手動で微調整することなく、特定の効果や調整を即座に適用できるようにすることで、クリエイティブ プロセスを効率化する事前構成済みの設定です。プリセットは利便性と効率性を提供し、希望の外観を実現するための既成のオプションを提供することで、デジタル アートのワークフローを強化します。

 

試してみましょう。

ヴィンテージプリセット。色が黄色とオレンジ色になります。画像はとても柔らかくて懐かしいです :)

モダンなプリセット。色収差と色調整が多少あります。右下隅が色あせたように見えます。

暖かいプリセット。セピア色の微妙な効果。色は少し色あせていて、グレー/オレンジ色です。

2 - エフェクト タブはシンプルです。プリセットがいくつかのエフェクトの組み合わせに過ぎない場合、エフェクトはその個々の部分です。セピアだけを含めたいとします。強度を調整して、その部分だけを画像に適用できます。他には何もありません。プリセットは完全なフィルターであり、エフェクトはエフェクトの小さな部分です。

3 - 強度はシンプルです。フィルターの強さ、色をどれだけ強調するかです。

4 - ノイズはフィルム写真の一部です。レトロスタイルを使用しているため、ノイズが多くなります。通常、ノイズを非常に低く抑えるようにしています。その後、別のフィルターなので、ノイズを個別に適用します :)

ノイズ

ノイズは、アートワークにテクスチャ、粒子、ランダム性を追加して、視覚的な魅力を高める多目的ツールです。ビンテージ フィルム効果、ざらざらしたテクスチャ、または微妙な粒子など、ノイズにはデジタル作品を高めるさまざまなオプションが用意されています。ノイズを使用してアートワークに深みと個性を加える方法について詳しく見ていきましょう。

 

これはマニアックな話ですが、現実の世界では、ノイズはフィルムまたは低光量から発生します。そのため、絵画が非常に暗い場合は、ノイズを少し増やす方が自然に感じられますが、画像の白や非常に明るい部分にはノイズを少なくする必要があります。

Clip Studio Paint でノイズにアクセスするのは簡単です。単に「フィルター」メニューに移動し、「効果」を選択してから「ノイズ」を選択するだけです。とても簡単です!

 

ここでは主に 2 つのオプションがあります。カラーとグレーです。使い方も非常に簡単です。実現したい効果によって異なります。私は個人的にカラーを使うのが好きです。控えめにするために 1 ~ 5% に設定することもあります。奇妙なスタイルにするためにもっと多く設定することもあります。試してみてください :)

カラースタイル

グレースタイル

終わり

Clip Studio Paint フィルターの探求にご参加いただきありがとうございます。この情報があなたのクリエイティブな取り組みに役立つ、実用的なものであったことを願っています。ご質問や追加のガイダンスが必要な場合は、YouTube にコメントを残してください。答えがわかればお手伝いします。

 

創作を続け、スキルを向上させてください。

 

アート関連のコンテンツをもっとご覧になりたい場合は、お気軽にソーシャル メディアで私をフォローしてください。🎨

コメント

新着

公式 新着