シンプルモードでかんたん水彩風

3,142

百問

百問

シンプルモードで手軽にできる、水彩風イラストの解説付きメイキング。

最小限のブラシとテクスチャを使い、できるだけ簡単な手順で描いています。

記事の末尾にメイキングの動画版もあります。

 

 

使用したブラシと素材について

使用したブラシと素材はこちらで無料ダウンロードできます。

CLIP STUDIO ASSETS には多くのブラシやテクスチャがありますが、その中から好みのものを見つけるにも時間がかかるので、とりあえずシンプルな2本のブラシを作りました。

本格的な制作には不向きですが、いいブラシを見つけるまでの繋ぎくらいにはなるかもしれません。

ラフエッジ水彩は、水彩境界有り、テクスチャ無し、混色無しでストロークごとに色が重なるブラシ。

ぼかし水は、色がつかず、キャンバス上の色をぼかして混色するブラシ。水彩境界をオンにすれば、水を落としたような効果もできます。

テクスチャは、紙目を付与するWpaper3種と、水彩のにじみを付与するWater color texを用意しました。

素材パレットから貼り付けて、オーバーレイなどの合成モードにして重ねて使います。

色を塗る、色をぼかす、質感を出す、それぞれの役割を分けることで、分かりやすく簡単に塗れると考えて作りました。

基本的には、WpaperとWater color texを貼り付けたレイヤーの下に、ラフエッジ水彩で色を置き、ぼかし水でぼかす、の繰り返しで塗ります。

 

 

メイキング

CLIP STUDIO PAINT PRO for iPad のシンプルモードで制作していきます。

キャンバスはプリセットの正方形(1668x1668px)を選択しました。

印刷解像度のことは考えず、とにかく手軽に描くことを優先しています。

まずラフ〜下書き〜線画を鉛筆カテゴリのチョークで書きました。

素材パレットから、Wpaper_npとWater color texをサイズを調整して貼り付け、それぞれをオーバーレイに設定。

不透明度はいったん、Wpaperは30%前後、Water color texは80%前後にしています。

間違えて描き込まないよう、レイヤーロックもかけておきます。

あとはこのテクスチャレイヤーの下にレイヤーを作って描いていきます。

下塗り

線画のレイヤーの上に下塗り用のレイヤーを作り、乗算に設定。

ここからは主にラフエッジ水彩とぼかし水を使って塗ります。

まず全体に淡い色を置いてからぼかして下塗り。

ここではぼかし水の水彩境界をオンにしました。

 

 

ぼかしたあと、色がまだ濃いので、下塗りレイヤーの不透明度を少し下げました。

 

 

全体の塗り

下塗りを終えたら、また乗算のレイヤーを作り、ラフエッジ水彩でメインの色を塗っていきます。

ストロークごとに色が重なるのでむらになりますが、気にせず、むしろむらになるように塗っています。

おおまかに塗ったら、ぼかし水でぼかします。ここではぼかし水の水彩境界はオフにしました。

ぼかす時には、すべてを平坦にぼかすのではなく、むらやエッジ、塗り残しが適度に残るようにします。

また、塗りのはみ出したところも、少しであれば消さずに残します。

これにより、アナログの水彩のような雰囲気が生まれます。

乗算レイヤーを追加して、続きを塗っていきます。

全体を、この乗算レイヤー作成→色を置く→ぼかす、の繰り返しで塗っていきます。

ぼかし水の水彩境界は、効果が欲しい時などオンオフ切り替えつつ使っています。

 

 

影の塗り

全体に色が入ったら、影を塗ります。

同じように、乗算レイヤー作成→色を置く→ぼかすの繰り返しでOK。

影を塗る時には単に暗くするのではなく、色相の変化をつけて塗ると、透明感が出せます。

影が強すぎたので、影のレイヤーの不透明を下げました。

 

 

ハイライトと、テクスチャの調整

影もすべて塗り終えたら、線画の上に合成モード通常のレイヤーを作り、ペンや鉛筆を使って白いハイライトを描き入れます。

あとは、最初に作ったテクスチャのレイヤー2枚のロックを解除して、全体のテクスチャの強さを見ながら不透明度の調整をして、塗りの終了です。

全体の色調整

最後に全体の色を調整しますが、シンプルモードでは調整レイヤーやフィルターが使えないので、レイヤーの合成モードを利用します。

レイヤーを追加する「」を長押しし、「統合レイヤーを追加」を選びます。

統合レイヤーは、キャンバス上に表示されているレイヤーを1枚に統合したレイヤー。

このレイヤーの合成モードや不透明度を変えながら、コントラストや彩度を調整します。

ここでは、統合レイヤーを2枚作り、乗算10%で色を濃く、オーバーレイ10%で彩度とコントラストを上げてみました。

気に入った結果になればサインを入れて完成です。

このメイキングで書いた方法は、使うブラシは少なく、同じ手順の繰り返しだけでできるため、難しく考えなくてもできる塗り方だと思います。

ここから、色々なブラシを使ったり、レイヤーの合成モードを変えたりと、自分なりの表現を発展させていくこともできます。

追記

2024/05/08 追記 : 上記メイキングと同じ手順で描き、プリセットブラシのスプラッシュ水彩や飛沫、合成モードの覆い焼き(発光)を使って効果を加えた絵の例。

動画

タイムラプス

解説付きメイキング 動画版

上記のメイキング内容を基にして作った動画です。

Comment

New

New Official Articles