部分的なワニスを使用したお祝いカードが簡単になりました

252 view

こんにちは、
ここで私は再び新しい印刷チュートリアルをしています。

クリスマス/休日はきらびやかです。ホリデーカードをきらめきや金と銀のラッカーほど装飾的にするものはありません。

しかし、アーティストはこのタイプの印刷用のファイルをプリントショップに合わせて準備できないことがよくあります。そのため、いくつかの手順でファイルを作成する方法を本日ご紹介します。

ステップ1

ホリデーカードのサイズに応じて、それに応じてモチーフを作成できます。
事前にこれを行う必要はありませんが、モチーフのデザインに役立ちます。ただし、ベクターレイヤーに輪郭を描くことをお勧めします。そうすれば、別の形式で必要に応じて、いつでもモチーフを自由に拡大できます。

私の場合、最初からA6はがきとしてモチーフを作成しました。

注意:プリントショップでは常に裁ち幅*が必要です。これを忘れずに考慮してください。
私の場合、ファイルのサイズは111x154 mm(3mmトリム)です。

トリミングされたエッジを表示する場合は、[表示]-> [ルーラー]に移動します。

ルーラー上でマウスの左ボタンを押したままにすると、補助線を作成できます

適切な場所にガイドを配置します。
私の場合
3mm、151mm
3mm、108mm
(各側で3mmを加算または減算します)

これで、出血が「見える」ようになりました。

次のステップでは、イラストを作成できます。

ステップ2

次に、イラストをPhotoshop互換形式で保存します。
ファイルを.psdとして保存することは可能ですが、事前にすべてのレイヤーを1つに圧縮する必要があります。

次のステップでは、「チャンネル」を持ち、画像を.pdfとして保存できる追加のグラフィックプログラムが必要です。
私は自分でPhotoshop CS6を使用していますが、古いバージョンも適しています、または同様のプログラム。

このプログラムで.psdファイルを開くか、適切なサイズで新しいファイルを作成します。
重要:
.psdファイルを開く場合、画像モードをCMYK *に変更する必要があります(画像->モード-> CMYK)。

新しいファイルを作成する場合、CMYKファイルとして作成する必要があります。

新しいファイルを作成した場合は、デスクトップからプログラムに画像を「ドラッグ」するだけです。
その後、必要に応じて拡大または縮小するオプションがあります。
これを手動で行うには、「黒い角」を移動するか、コントロールパネルを使用します。
ヒント:Shiftキーを押しながらコーナーを移動すると、アスペクト比が保持されます

次のステップでは、テキストを作成して中央に配置できます。
Photoshopの新しいバージョンでは、テキストが中央にあるかどうかが自動的に表示されます。
古いバージョンでは、単にガイドを描くことができます。

テキストレベルに移動し(テキストではなくレベルをクリックするだけ)、[編集]-> [変換](またはコマンド+ T)に移動すると、テキストの周りにボックスが表示され、中央に配置できます。
同じことは、イラストの中央揃えにも適しています。

ステップ3

デザインに満足したら、最終的にペイントを作成できます。

現在、2つのオプションがあります。1つのレベルでペイントで覆われるべきものをすべて配置するか、ペイントで覆われないべき層を非表示にします。


すべてが1つのレベルにある場合は、魔法の杖を取り、「すべてのレベルを選択」のチェックマークを外します。
異なるレベルにある場合は、「すべてのレベルを含める」でチェックマークを有効にし、記録しないレベルを非表示にします。

写真の「空の」場所をクリックすると、ペイントでカバーしたいすべてのものが選択されます。
次に、選択->反転に移動します

次のステップでは、「チャンネル」にのみ進みます。この右側に小さなシンボルがあります。それを押して、さまざまなオプションを取得します。

(「チャンネル」が見つからない場合は、ウィンドウ->チャンネルに移動して表示します。

「新しいスポットカラーチャネル」を選択します

ポップアップが表示され、チャンネルに名前を付けることができます。
重要:すべてのプリントショップには異なる要件があります。このスポットカラーに名前を付ける方法とこの色を定義する方法については、プリントショップの印刷仕様を確認してください。
私の場合、スポットカラーチャネルは「グリッター」と呼ばれ、100%マゼンタとして定義できます(C:0 M100、Y:0、K:0)
色ボックスをクリックして色を設定できます。色を定義できる別のポップアップが表示されます。

「OK」を押します。これで、新しいチャネルが作成され、ペイントで覆われるすべてのものが別の色で表示されるようになります。

心配しないでください。色は、部分的なワニスが必要なプリンターを示しているだけです。最終製品には表示されないため、個別のチャネルとして作成します。

ハガキを.pdfとして保存し、単色が有効になっていることを確認します。

ステップ4(オプション)

それでもハガキの裏面を作成したい場合は、インターネット上に(通常はプリンタ自体からでも)簡単に編集できる多数の印刷テンプレートがあります。

注:カードの裏面にテキストを印刷する場合は、完成した製品フォーマットの端から3 mm離れている必要があります。
単純にガイドラインを再度描くことができます。
青い境界線はテキストの安全距離を示し、赤いブリードは完成した印刷物では見えなくなります。

ステップ5

おめでとう!これで、カードをプリントショップに送信できます。

チュートリアルがお役に立てば幸いです。印刷設定は印刷ショップごとに異なる可能性があり、仕様を慎重に確認してください。

*トリミング

ブリードは、「スピードカメラ」とも呼ばれる白い境界線がないことを保証する安全マージンです。

なぜなら、あなたが疑うかもしれないことに反して、印刷ファイルは適切なサイズの用紙に印刷されるのではなく、大きな用紙に他のページが一緒に印刷されるからです。
印刷後、これらはレーザーを使用して適切なサイズにカットされます。これは100%正確に機能しないため、「トリミング」または「裁ち落とし」に対応する許容誤差があります。
したがって、レーザーが正確に機能しなかった場合、印刷物に白い境界線が表示されるため、ページの周囲に白い境界線を描くことはお勧めできません。

* CMYK

CMYKモードはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックを表します(Kはおそらくキープレートから来ます)。

各プリンターにはこれらの色のカートリッジが4つあり、それらを混ぜて印刷ファイルを作成します。 4色のプリントについて話すことができます。

画面のRGBモードではさまざまな色を表示できますが、CMYKモードではかなり少ない色を表示できます。これは、4つの基本色から混合する必要があるためです。
そのため、ファイルを常にCMYKモードでプリントショップに送信する必要があります。
もちろん、RGBモードでそれらに送信することもできます。印刷する前に自動的に変換されるだけで、結果は期待とは異なる場合があります。
データを自分で変換する場合、色が希望どおりに見えることを確認し、必要に応じて調整できます。
この例(左RGB、右CMYK)のように、特に明るい色では、違いが顕著になる可能性があります。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着