エモートをアニメーションに変える 5 つの簡単な方法

5,154

viciaia

viciaia

やあみんな!!アニメーションエモートを作成する簡単な(または怠惰な)方法を探している場合。アニメーションエモートを作成するための 5 つの簡単なヒントを試してください!!

このエモートは全てCLIP STUDIO PAINT PRO版で作っています!!クリップスタジオのアニメーション機能を初めて使用する場合、またはアニメーションエモートには PRO バージョンでは十分ではないと思われる場合…。

 

このチュートリアルはあなたのためのものです!! >w<

ビデオチュートリアル

私のチュートリアルはビデオとテキストの両方で構成されています。質問がある場合は、いつでもメッセージを送ってください。

静止エモートを準備する

準備する必要があるのは、後で簡単に編集できるように顔のレイヤーを体から分離する 1 つのシンプルなエモートだけです。頭の層も胴体から切り離します。

ヒント: 線の色を変更すると、顔が小さいときにより浮き出て見えます

目のレイヤーにも境界線を適用したので、より飛び出すようになります :)

アニメーションを始めましょう!

ヒントその1 2コマアニメーション

たった2フレームで簡単にアニメーションエモートが作れます!!

ここでは、手を追加したり、顔を変更したり、頭を傾けたりして、エモートをコピーして少し編集します。

次に、レイヤーを2つの別々のフォルダーに置きます

画面上にタイムラインパネルがない場合は、メニューから開くことができます

[ウィンドウ > タイムライン]

新しいタイムラインを作成し、フレーム レートを 12 に設定します。

フレームレートとは、1秒間に再生されるフレーム数を意味します

フレームレート 8: 24 フレームに 3 秒かかります

フレームレート12: 24フレームで2秒かかります

フレームレート24 : 24 フレームに 1 秒かかります

(Clip Studio ペイント PRO には 24 フレームの制限があります。これらは私が GIF アニメーションを作成するために使用するフレームレートです)

 

すべてのフォルダーを表示する

タイムライン バーの上部にある小さな四角形をドラッグして、タイムラインを調整します。

これにより、各フレームが順番に表示され、アニメーション化されます!!

このアニメーションを作成するもう 1 つの方法は、アニメーション フォルダーを使用することです。これは、クリップ スタジオでフレームごとのアニメーションを作成する古典的な方法です。

 

新しいアニメーションフォルダーを作成する

すべてのフレームをアニメーションフォルダーに入れます

右クリックしてフレームをタイムラインに割り当てます

この方法でも同じ結果が得られますが、アニメーションに 2 つ以上のフレームを作成する場合にも適しています。

ヒントその2 ズームアニメーション

ズームすると、アニメーションにさらにドラマチックなシーンを加えることができます。

しかも作り方はとっても簡単!!

2D カメラ フォルダーを作成します [アニメーション > 新しいアニメーション レイヤー > 2D カメラ フォルダー]

エモートレイヤーをカメラフォルダ内に置きます

次に、タイムライン パネル で、キーフレーム モードを [スムーズ補間] に設定します。

 

フレーム1とフレーム24にキーフレームを追加します。

(フレームを選択してからキーフレーム アイコンをクリックします)

これでループになります(開始点と終了点が同じになります)

 

フレーム 7 を選択し、オブジェクト ツールを使用してカメラのサイズを変更します (青い枠線)

これにより、フレーム 7 にキーフレームが自動的に作成されます。

 

キーフレームを右クリックしてコピーし、フレーム 18 に貼り付けます。

これにより、ズームイン、停止、ズームアウト(ループ内)のループ アニメーションが作成されます。

カメラをプレビューするには、[表示モード] のオブジェクト ツールのプロパティ パネルで、[[カメラの視野] を表示] をクリックします。

ズーム動作をより連続的にしたい場合は、フレーム 18 でカメラ サイズを少し調整します。

ヒント: カメラを回転して、さらに劇的な結果を得ることができます

ヒントその3 揺れるアニメーション

怒りは本物だ!!

2Dカメラフォルダを使えば、揺れるアニメーションも簡単に行えます。

• フレームを選択します。

• カメラの境界線を少し移動する

• 次のフレームでそれを繰り返す

顔はタイムラインでレイヤーの不透明度を調整することもできます

レイヤーを選択し、レイヤーのキーフレームを有効にして、キーフレーム 1 で選択します。

フレーム 1 の不透明度を調整すると、キーフレームが自動的に作成されます

最初と最後にキーフレームを作成してループにします。

 

ヒント: キーフレームをコピーして貼り付ける代わりに、次のようにしてください:

• 最後のキーフレームを選択します

• 不透明度を上下に調整します (古い値に)

 

これにより、最初と同じ値のキーフレームが作成されます

不透明度のキーフレームは移動のキーフレームから分離されており、タイムライン パネルの [+] アイコンを展開すると表示できます

タイムラインの中央を選択し、不透明度を上げて調整します

結果

画面上の別のオブジェクトについては、レイヤーのキーフレームを使用してアニメーション化することもできます

 

レイヤーを画像素材レイヤーに変換します [レイヤーを右クリック > レイヤーを変換]し、タイプを [画像素材レイヤー] に設定します

レイヤーキーフレームを有効にする

タイムラインの最初と最後にキーフレームを作成します (ループ アニメーションの場合)

タイムラインの中央を選択し、オブジェクト ツールを使用してオブジェクトを移動/回転します

キーフレームは自動的に作成されます

そして結果がこれです^w^

ヒントその4 パーツアニメーション

この方法は他の方法より少し複雑ですが、結果は素晴らしいものになります。

 

移動したいパーツをレイヤーまたはレイヤーフォルダーに分ける必要があります

 

移動させたい部分をすべて画像素材レイヤーに変換します

[レイヤーを右クリック > レイヤーを変換 > タイプを「画像素材レイヤー」に設定]

オブジェクトツールを自由変形モードで使用し、頭の部分を少し横に傾けます

各部の位置を調整します

新しいタイムラインを作成し、フレーム レートを 8 に設定します。

これにより 3 秒のタイムラインが作成されます

タイムラインの最初と最後に新しいキーフレームを作成します

1 秒目 (キーフレーム 9) で、オブジェクト ツールを使用して、息を吸い込むように頭を編集します。

これにより、彼女が速く息を吸い、ゆっくり吐き出すような単純なアニメーションが作成されます。

他のパーツでも同じ手順を繰り返して、すべてが一緒に動くようにします

オブジェクトの自由変形編集により、レイヤーキーフレームを有効にすると、すべてのコーナーを個別にアニメーション化し、より柔軟なアニメーションを作成することもできます。

エモート上のテキストについては、レイヤーのキーフレームを有効にして不透明度を調整することで、フェードインおよびフェードアウト効果を適用できます。

結果

ヒントその5 パーティーライトアニメーション

色を変更すると、静止画エモートに雰囲気も加わります。

 

エモートにライトを適用するカラー ホイールを作成し、アニメーション化して色の変化効果を作成します。

 

新しいレイヤーを作成する

定規ツールを使用します [特殊定規 > 放射状線モード]

そしてキャンバスの中央をクリックします

ミリペン ツールを使用し、アンチエイリアシング[None] に設定します。

様々な色で中心に線を描きます

定規へのスナップモードがオンになっていることを確認してください

線を覆う円の選択範囲を作成します

フリーフォーム グラデーション ツールを使用して線の間を塗りつぶし、

これにより円内にグラデーションが作成されます

円をコピーして貼り付けます (選択範囲を含む) [Ctrl+C then Ctrl+V]

カラーサークルを含む新しいレイヤーを作成し、元のレイヤーを削除します

(円の外側の不要な線を消去するため)

透明をロックしてぼかし効果を適用すると、より滑らかになります

ホイールレイヤーを画像素材レイヤーに変換

オブジェクトツールで画像全体を覆うようにホイールのサイズを変更します。

(キャンバスをズームアウトするとはるかに簡単になります)

次に、レイヤーモードをカラーに変更します。これにより、エモートに色が適用されます。

ホイールをエモートにクリップすると、色はエモートにのみ表示されます

注意: 色が強すぎる場合は、不透明度を下げてください

 

レイヤー キーフレームを有効にして、タイムラインの最初と最後に [線形補間] キーフレームを作成します

オブジェクト ツールを使用して、最後のキーフレームを選択し、回転角度を 360 に変更します。

色が変わるエモート 完成しました!

私のヒントが、アニメーション エモートの作成を開始するためのヒントやアイデアになれば幸いです

アニメーションを楽しんでください!!

コメント

新着

公式 新着