イラストからシームレスな繰り返しパターンを作成する方法

347 view

繰り返しパターンは、エリアを埋める繰り返しのパターンです。
それらは特に、生地サンプルやフォルダー、ペンシルケース、テキスタイル製のすべての商品に適しています。


パターン機能を使用すると、各画像を繰り返しとして簡単に表示できますが、シームレスにエラーなしで表示できるように、いくつかのトリックが必要です。
今日は、シームレスに融合するイラストから簡単にデザインを作成する方法を紹介します。

前書き

シンプルなデザインは、Clip Studioのガイドラインを使用して簡単に作成できます。
各図に「四角」を割り当てれば、ちょっとしたギミックで簡単にパターンを作成できます。
これを行う方法を非常によく説明するTIPのチュートリアルがすでにいくつかあります。

ただし、図形の配置が異なる場合、または図形が互いにメッシュし、同じ距離で離れていない場合は、さらに困難になります。
より複雑なデザインでは、デザインを「カット」することは避けられません。
これは、たとえば、図の左側で一部が切り取られていることを意味します。パターンの切り取り部分は、パターンがシームレスにフィットするように、右側に正確に配置する必要があります。

図が正しく配置されていない場合、この例のように、見苦しいエッジと誤った表示が発生します。

次のチュートリアルでは、シームレスに連動する数回のクリックだけで複雑なパターンを作成する方法を説明します。

ステップ1

最初のステップでは、パターンに使用するイラストを作成する必要があります

次に、それらを配置して、パターンに最適なページ形式を試してください。いくつかの星座の場合、正方形は他の長方形のフォーマットに適しています。
完全に自由に行動できます。それはあなたのパターンがどのように終わるべきかについての感覚を得ることです。
しかし、パターンを繰り返す場所とカットする図をすでに計画しています。
次に、ページとサイズの形式を選択する必要があります。
警告:デザインを小さくしすぎないでください。
いつでも縮小できますが、拡大すると品質が低下し、ファイルがピクセル化する可能性があります。

ステップ2

この手順では、Adobe Illustrator、または同様の機能を持つプログラムが必要です。

Illustratorでのデザインのサイズを定義します。注意:出血は必要ありません!

また、Illustratorを使用すると、描画領域外の要素も表示されることに注意してください。これはパターンを作成するときに非常に役立ちますが、最初は少し混乱する可能性があります。
白い表面のすべてが実際にはファイル形式であり、後で見ることができます。それ以外はすべてエクスポート中に切り捨てられます。

私の場合、デザインは横長のA6サイズです。

ドラッグアンドドロップを使用して、イラストをIllustratorに直接配置するか、[ファイル]-> [配置]に挿入できます。

次に、カットするデザインの最初の要素を適切な場所に配置します。

重要:要素を配置するときは、[変換]ボックスに注意する必要があります。

これを確認するか、または見つけない場合は、ウィンドウ->変換に移動してください。

要素が正しい場所に配置されている場合は、それをコピーして、[ファイル]-> [元の位置に貼り付け]に移動します。

複製された要素は同じ場所にあるはずです。
次に変換ボックスに移動します。
X、Y、B、Hの4つの値があります。
あなたにとっては、XとYの値だけが関係します。
これらは座標であり、要素がどこにあるかを正確に伝えます。
値を変更すると、対応する要素が移動し、それがトリックです。

X軸の座標を変更すると、要素は左または右に移動します。
Y軸の座標を変更すると、要素が上下に移動します。


元のファイルはA6 105x148mmの形式でした。
だから今あなたがしなければならないすべては単にあなたの基本的なフォーマットの値を加算または減算することです。次に、複製された要素は常に正確に正しい場所にあるため、元の要素とシームレスにマージされます。


私の例では、出力要素はxにあります:0 y:13.181mm

Y軸に沿って移動する場合は、A6形式のY値を追加するだけです。
つまり、105mm + 13.181mm = 118.181mm

新しい値を入力するだけで、複製された要素が適切な場所に配置されます。

頭蓋骨は両側でカットされているので、いわば、デザインのためにこの手順を2回繰り返す必要があります。
もう一度コピーして、元の位置に挿入し、X軸に最大148mmを追加します。

次に、この要素をコピーして、Y軸に105 mmを追加します。

カットする最初の要素を正しく配置したら、次の要素に進むことができます。手順は常に同じです。
1.要素を配置します
2.元の位置にコピーして貼り付けます
3.ファイル形式の対応する値を加算または減算して、XまたはY側に従って移動します。

次の例では、減算によって要素が「上」に移動しました。
開始位置(Y):
146.104mm
ファイル形式(Y):105mm

複製の位置(Y):41.104mm

カットする要素を配置できるようになりました。

最後に、残りの要素を追加すると、パターンの準備が整います。

ステップ3

パターンが完成したらすぐに、ClipStudio互換にエクスポートする必要があります。
これを行うには、「ファイル」->「エクスポート」に移動します

個人的には、サンプルを2つのバージョンで保存するのが好きです。透明な背景の有無にかかわらず。
注意:透明な背景で保存するには、PNGとして保存し、「背景色:透明」をアクティブにする必要があります。

背景を透明にして保存すると、Clip Studioで好きなように背景を変更できるという利点があります。

ただし、Illustratorでパターンを背景付きで保存する場合は、新しいレイヤーを作成し、レイヤーをパターン(ロック)で「修正」することをお勧めします。
これにより、誤ってパターンを変更するのを防ぐことができます。
新しいレイヤーの作成は、Clip Studioの場合と同じように機能するため、ロック機能を知っている必要があります。

個々の画像要素と同様に、ドラッグアンドドロップを使用して、Illustratorに背景画像を配置できます。

ステップ4

最後のステップに進みましょう:
最後に、新しいパターンをClip Studioにインポートできます。
2つのオプションがあります。

1.ファイル->インポート->画像からのパターン

2.画像を素材として登録

この機能は、より頻繁に使用されるパターンに特に適しています。

これを行うには、Clip Studioでサンプルファイルを開き、[編集]> [素材の登録]に移動します。

ただし、画像を並べて「拡大/縮小」オプションを有効にすることを忘れないでください。

このチュートリアルでお役に立てれば幸いです。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着