スケッチからベクトルまで、白黒

613 view

こんにちは!私の名前はウォルターです。ある時点で簡単な方法で行った紙のスケッチから、白黒のデジタル描画について簡単に紹介します。私の場合は、インスタグラムで見た自分撮りの漫画風の絵を使用しました。

https://www.youtube.com/watch?v=YBoBFsNN2Tk

キャンバスを準備する

1-ベクターに変換したいスケッチや鉛筆画がある画像をドラッグします。

モノクロモードを使用して、キャンバスサイズと解像度を好みに応じて選択します。
仕事が高品質のプレゼンテーションを目的としている場合は、低解像度を使用しないことをお勧めします。

これがキャンバスのプロパティを変更した方法です。

そこで、回転オプションを使用します。

最後に、新しいベクターレイヤーを作成し、図面をインクする準備ができました。

使用するツール

ライントレースの場合は、Gペンを使用して、ブラシサイズを変化させて、描画にリズムを与えます。
口と顔の影には、灰色の丸いブラシを使い、ブラシのサイズを変えたり、好みに応じて不透明度を変えたりします。

連続的で有機的なラインを実現するには、ラインのスムージングと安定化を確認することが重要です。

新しいレイヤーを作成して、線の作業と影やパターンの作業を分離することをお勧めします。新しいレイヤーを作成し、見やすくするために白で塗りつぶします。

影とプロット

髪には、グラデーションサブツールに基づいて緯糸を使用することにしました。ベクターレイヤーで自動選択を使用して、髪の領域を選択します。これは、すべてのグラデーションがかかるように領域が閉じている必要があります。マウスのSHIFT +右クリックを使用して、選択に追加できます。
選択したら、ハッチレイヤーに移動し、グラデーションコントローラーで光と影の場所を決定します。

分岐設定では、プロットを調整してさまざまなタイプの効果を実現できます。
他の黒とグレーの値を生成することにより、パターンの不透明度を変更することもできます。

最後に、髪に光を反射として与えます。パターンを消去またはペイントするには、まずパターンとグラデーションレイヤーをラスタライズする必要があります。次に、消しゴムまたは白いインクのブラシを使用してライトを作成できるようにします。

私たちが学んだことで、図面のパターンやスタイルの他のバリエーションを作成できます!読んでくれてありがとう!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着