曲線ツール:クリエイティブなヒントとコツ

3,228 view

みなさん、こんにちは!このチュートリアルでは、曲線ベジェツールと図ツールで使用するヒントとコツをいくつか紹介します。最初に、それらの基本的な機能を説明し、次に、それらがデザインとイラストでスムーズな結果を達成するのに役立つ方法の例を示します。
お役に立てば幸いです。
このチュートリアルのビデオ版はこちらからご覧いただけます▼

https://youtu.be/wIyr3GSksyc

1.曲線ツールの基本

まず、基本的な図と曲線のサブツールがどのように機能するかを確認してみましょう▼

1.1 Straigthライン

名前が示すように、このサブツールを使用して直線を描くことができます。
クリックしてドラッグするだけでラインを作成できます。 ▼

Shiftキーを押したままにすると、線の角度が事前定義されたステップにロックされます。 ▼

[ツールプロパティ]パレットで、始点と終点を設定してテーパー線を作成できます。これはコミックのスピードラインに役立ちます▼

1.2カーブ

このサブツールを使用して、単純な曲線を描くことができます。
クリックしてドラッグして線を作成し、曲線を定義できます。
行をクリックして確定するか、Enterキーを押します。 ▼

これは曲線を作成する簡単な方法であり、あまり制御できません。直線ツールと同じように角度をロックし、始点と終点を設定することもできます。

1.3ポリライン

ポリラインツールを使用して、複数のポイントをクリックして直線で接続します。
最初のポイントをクリックしてラインを閉じます▼

Shiftキーを押して角度をロックすることもできます。
閉じずに行を確認したい場合は、Enterキーを押します▼

[ツールプロパティ]パレットで[ラインを閉じる]をアクティブにすると、最初のポイントをクリックしてラインを閉じなくても、常にラインが閉じます▼

描画時にポイントをクリックして削除したり、Deleteキーで作成した最後のポイントを削除したりできます▼

ラインプレビュー内をクリックしてポイントを追加し、Ctrlキーを押しながらポイントを移動します。このようにしてラインを洗練させることができます▼

たとえば、矢印を作成するために、中間点で線を閉じたい場合。 ALTを押しながらクリックし、Enterで形状を確定します▼

1.4連続曲線

このサブツールにはさまざまなモードがあります。 [ツールプロパティ]パレットで選択できます
直線モードはポリラインと同じように機能します▼

スプラインモードでは、複数のポイントをクリックしたときに滑らかな曲線を作成できます。直感的な描画方法ですが、最終的な曲線をあまり制御できません▼

以前と同じように、角度をロックし、ポイントを移動、追加、削除できます。
また、オートクローズラインもご用意しております。 Enterキーを押すと、行が確定されます

次のモードはQuadratic Bezierです。このモードでは、3つのポイントを持つカーブを作成します。 2つの制御点と1つの方向点。これにより、最終的なカーブをより詳細に制御できます。▼

方向点を移動して、各曲線の制御点間の関係を変更できます。▼

ALTを押したままにすると、コーナーを作成できます。既存のポイントをクリックすると、コーナーとカーブが切り替わります。これは、混合線の作成に役立ちます▼

2次曲線の詳細については、このチュートリアルをご覧ください▼

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1029

1.5長方形

次は3つのShapeサブツールです。 1つ目は、四角形ツールです。▼

クリック&ドラッグして長方形の形状を作成▼

Shiftキーを押しながらアスペクト比をロックします。これにより正方形が作成されます▼

[ツールプロパティ]パレットには、中央から開始するオプションがあります。このオプションを有効にすると、コーナーではなく中央からシェイプを描画できます。▼

固定後の角度調整がオンになっている場合。サイズを定義した後、形状の角度を定義できます▼

もう1つのオプションは、角を丸くすることです。比率を変えて形を変えて遊ぶ▼

図形のグラフィックスタイルを変更することもできます。3つのオプションは次のとおりです。
■フィル
■ライン
■ライン&フィル

1.6楕円

次は楕円ツールです。円形にできます▼
■Shiftを押すと真円になります。

私たちができる長方形と同じように:
■センターからスタート
■固定後の角度調整
■グラフィックスタイルを変更

1.7ポリゴン

ポリゴンツールを使用すると、形状を描く前に角の数を選択できます。三角形・六角形など作成できます▼

従来の形状と同じ操作が可能です▼

1.8ベジェ曲線

バージョン1.9.9以降、連続曲線が更新されています。
Cubic Bezierと呼ばれる新しい曲線モードがあります。
このモードは非常に強力であり、形状をより細かく制御できるため、滑らかな曲線を操作するのに推奨される方法です。
それがどのように機能するかを簡単に説明します。

クリックしてポイントを追加すると、ポリラインのように機能します。最初の点をクリックするか、Enterキーを押して線を確定します。▼

ポイントを作成するときにクリック&ドラッグすると、方向ポイントハンドルが作成されます。この点の角度と長さが次の線の曲率を決定します▼

2番目のポイントを作成すると、反対方向のポイントが作成されます。この点により、線の各曲線をより細かく制御できます。▼

方向ポイントをドラッグするときにShiftキーを押しながら角度をロックします▼

他の曲線モードと同様に、ポイントを移動、追加、削除できます▼

Altを押しながら、コーナー操作を適用できます。ポイントをクリックするとコーナーに変化し、クリックしてドラッグするとカーブに変化します▼

新しいポイントを追加し、Altを押しながらドラッグすると、次のカーブの方向ハンドルが作成されますが、鋭い角は維持されます。
ラインを閉じると、最後のカーブを定義できます▼

これらはベジェ曲線の基本的な操作です。修飾子に慣れるようにしてください。
詳細については、このチュートリアルをご覧ください。▼

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1030

2.ベクターレイヤー

ベクターレイヤーで作業することをお勧めします。
このタイプのレイヤーを使用すると、作成後に線を変更できます。▼

■注:ベクターレイヤーで作業する場合、描画に使用できるのは線のみです。図サブツールの塗りつぶしグラフィックスタイルを選択することはできません。

操作ツールを使用すると、ライン内のポイントを移動、スケーリング、回転、および変更できます。▼

適切なラインサブツールを使用して、ラインをさらに変更できます。▼

コントロールポイントを移動できます▼

追加と削除▼

コーナーを切り替えます。▼

線幅と不透明度を調整します。▼

分割線▼

ピンチベクトルやラインの簡略化など、その他のサブツールでは異なる結果が得られます。実験してみてください▼

3.簡単なヒント

グリッドを使用して、デザインを作成できます。
[ビュー]> [グリッド]に移動し、グリッドへのスナップが有効になっていることを確認します。▼

次に、グリッドを使用して描画します。▼

ポリライン選択ツールでベジェ曲線を使用できます。▼

もう一つの秘訣は、曲がった定規を描き、次に装飾ブラシでペイントすることです。▼

4.インク

ツールの使用例をいくつか紹介します。
まず、ベジェ曲線でベクターレイヤーとインクを作成します▼

線を重ねてベクター消しゴムツールで不要な部分を削除します▼

簡単なヒントは、対称定規を使用して作業をスピードアップすることです。▼

行を追加して変更します。シンプルな最終結果とカラーバージョンはこちら▼

5.ロゴ

同じテクニックを使用して、ロゴとレタリングを作成できます。▼

次に、同じ手法を使用した例をいくつか示します。自分の手書きを試してみてください。▼

6.対称性

図形ツールと対称定規を使用して、クールなデザインをすばやく作成できます。▼

7.マスキング

ベクトルレイヤーとベジェ曲線ツールを使用して、写真内のオブジェクトの境界線の周りに描画できます。時間をかけて選択範囲を調整してください。

次に、選択レイヤーを作成し、線の内側を塗りつぶして選択を作成します。▼

選択範囲を読み込んでレイヤーマスクを適用します▼

これが最終結果です▼

マスクについて詳しく知りたい場合は、他のチュートリアルを読んでください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2238

8.パースペクティブ

最後のヒントとして、透視画層で図形ツールを使用できることを覚えておいてください。▼

終わりに

さて、これでチュートリアルは終了です。複雑すぎないことを願っています。
ビデオでより詳細な説明をします。
私のヒントのいくつかをあなたの作品に適用していただければ幸いです。
最も重要なことは創造的であることです。新しいことに挑戦することを恐れないでください。
またね見てくれてありがとう

コメント

関連する記事

新着

公式 新着