主力ブラシ 101

6,709

Lennybunny

Lennybunny

みなさんこんにちは

イラストレーター兼 3D アーティストの Lennybunny です。

私のウェブサイトで私の作品を見て、プリントやTシャツを購入することができます

そしてGraphixlyでブラシを購入

Clip Studioのヒントに関する他のチュートリアルを作成しました。それらが役立つことを願っています!

私は2017年にCSPエキスパートになりましたが、2022年まではCSPエバンジェリストと呼ばれていました。つまり、Clip Studio Paint(略してCSP)のハウツーについて5年間の深い知識があります。

この数年間、私はブラシ エンジンの動作に関する多くのヒントとコツを取り上げてきましたが、最も重要なものは主力ブラシの作成方法に関するものでした。

主力ブラシとは

何かをスケッチしたり、色の研究をしたり、ただリラックスしたりしたい場合があります。

つまり、完璧なブラシを手に入れることを心配する必要はありませんが、必要なすべてを実行できるブラシだけです.スケッチ、インク、ペイント、ブレンドなどのように。そのために主力ブラシを作成します。

リファレンスを理解していれば、おそらく腰痛のために何かが必要になるでしょう...

 

 

例として、私のこれら 3 つの古い作品は主力ブラシを使用して作成されました。

作成はとても簡単で、Mili ペンを複製して編集するだけです。

作成方法

最初のステップでは、[ツール]パレットに移動し、ペンツールグループを選択して、マーカー[サブツールグループ]に移動します

ミリペンを右クリックし、[サブツールの複製] をクリックするだけで、新しいメニューが開き、「主力ブラシ」という名前を付けて [OK] を押します。

 

[ サブツールの詳細 ] パレットに移動してオプションを編集する必要があるだけです。そのためには、2 つの選択肢があります。

1- [ ツール プロパティ ] パレットに移動し、右下の小さなレンチ アイコンをクリックします。

2 – 上部のメニューに移動し、[ウィンドウ] をクリックして [サブツールの詳細] をクリックします。ちなみに、誤ってパレットを閉じてしまった場合は、ここに来て再度開く必要があります

幸いなことに、CSP にはブラシ用に 328 のオプションが用意されていますが、ここに問題があります...それらは多く、すべてをブラシに入れることはできません...

そこで、99% の確率で使用する 12 のオプションを特定するお手伝いをします。

 

幸い、[ブラシ サイズ]、[アンチエイリアシング]、[安定化] は [ミリペン] の中に既に含まれているため、9 つのオプションを追加するだけで済みます。

これらの 9 つのオプションは、[ サブツールの詳細 ] パレットの左側にある 4 つのセクションにあります。

1- [インク]

2-[ブラシ形状]

3-[筆先]

4ストローク]

 

[修正]の下にオプションを非表示にする必要がありますが、

しかし、これらのオプションをどのように表示および非表示にするのでしょうか?

主力ブラシの編集

デフォルトでは、[サブツール詳細]パレットの[ブラシサイズ]セクション内にあるはずです。 [ブラシサイズ] オプションの左側にあるように、少し目があります。

その目は、[ツール プロパティ] パレット内のオプションの可視性を制御します。

そこで、[インク] カテゴリに移動して非表示にします。

 

1- [不透明度]

2-[ブレンドモード]

 

私たちが少し目を向けている間:

 

1-混色

2-塗料の量

3-塗料の密度

4-カラーストレッチ

[ブラシ形状] カテゴリに移動すると、[ブラシ形状] オプションが表示されます…

 

[ブラシチップ]カテゴリの下に表示する必要があります

 

1-【硬度】

2-[ブラシ濃度]

3-【隙間でブラシ濃度を調整】

 

[ストローク]カテゴリの下で、[ブラシの先端を暗くする]に目を向けるだけでよいことを示す必要があります

 

そして、[修正] カテゴリの下で、[速度による調整] を非表示にする必要があります。

これで主力ブラシの完成です

しかし、これはどのように機能しますか?

主力ブラシの仕組み

まず最初に。設定の右側にある小さなアイコンが見えますか?

これにより、オプションのペン ダイナミクス設定にアクセスできます。

ペンダイナミクス

ペンのダイナミクスは、[ブラシ サイズ] や [不透明度] などのオプションを 4 つのダイナミクスのいずれかにリンクします。

____________________________プロのヒント:

[ブラシ サイズ] オプションで使用すると、[ランダム] ダイナミックは素敵な粗いインク ブラシを提供します

ところで、これらすべてのオプションの下に、筆圧曲線と傾斜曲線の動的曲線の 2 つの曲線が表示されます。これら 2 つは、筆圧と傾きのダイナミクスが CSP によってどのように登録されるかを微調整できるようにします。

 

それらがどのように機能するかについての簡単な要約はこれです

 

  • 筆圧曲線

横軸には筆圧があり、左は筆圧が低く、右は筆圧が高いです。縦軸には圧力出力があります。

  • チルトカーブ

 

筆圧曲線と同じですが、名前が異なります。横軸には、水平 (左) から垂直 (右) までの範囲のペンの角度があり、縦軸には出力があります。

 

 

 

 

これらの 6 つのアイコンのいずれかが表示されるたびに、そのオプションのダイナミクスを編集できます。

これらのオプションを微調整する方法はわかりましたが、これらのオプションは何をするのでしょうか?

オプションの説明

厳密に言えば1つ目は【ブラシサイズ】ですが、わかりやすいですね…ブラシの大きさを変える…

 

それでは、色の混合から始めましょう

- 混色

これが色のブレンドを可能にするもので、次のように分けられます。

 

• 塗料の量、既存の色に適用される色の量

• 塗料の密度。レイヤーの空の部分に適用される色の量。

• カラー ストレッチ、A 点から B 点までの色の移動量

____________________________

- ブラシ形状

ブラシ形状を使用すると、別のブラシのブラシ先端を主力ブラシに適用できます。つまり、[ツール プロパティ] パレットに入力した設定は変更されません。

ブラシ形状を保存するには、ブラシを選択し、[サブツールの詳細]パレットに移動して[ブラシ形状]セクションに移動し、[プリセットに追加]ボタンをクリックします

このオプションは、ツールを変更したりショートカットを作成したりせずに、お気に入りのブラシを簡単に変更できるので便利です。

- アンチエイリアシング

[アンチエイリアス] と [硬さ] は、2 つの異なる方法で柔らかいブラシ ストロークを作成します。

 

アンチ エイリアシングには、ソフト化される固定ピクセル量があります。つまり、ブラシ サイズにリンクされていません。ブラシサイズが大きいとアンチエイリアスがかかっていないように見えます。

 

硬さはブラシのサイズにリンクされているため、常に柔らかいストロークが得られます。

____________________________

- ブラシ密度設定

 

[ブラシ密度] [不透明度] に似ていますが、単一のブラシ先端に適用されます。これは、同じストロークをもう一度渡すだけで、より多くの色を同じストロークに配置できることを意味します。他のソフトウェアではフローと呼ばれています

 

しかし、[ブラシ密度]を少し試してみると、設定を下げてもブラシに影響がないように見えるのはなぜですか?

 

【筆密度】は先程も言ったように筆先1本に影響を与えますが、筆先同士が交わるとどうなるでしょうか?これは「乗算」効果を生み出し、大幅に単純化し、交差部分により不透明なゾーンを作成します。これらの先端が互いに非常に近い場合、実質的に完全に不透明な色になります。

 

[ギャップでブラシ密度を調整]は、この動作を削除します。そのため、ブラシ密度を 25% に設定した場合、それらのブラシ先端の交差は 25% の不透明度を超えません。

[ブラシの先端を暗くする] で再び単純化したい場合、このオプションがアクティブな間、[ブラシの密度] は [不透明度] のように動作します。つまり、ペンを削除して新しいストロークを開始しない限り、不透明度は変化しません。変化する。

___________________________

- 安定化

スタビライゼーションは、描画中の線のぐらつきを減らすだけです。描画中はストロークが「遅くなる」ことに注意してください。

___________________________

 

これで、完全に機能する Workhorse ブラシが完成しました。しかし、最後のトリックが 1 つあります。画面が小さい場合や、スライダーの使用に問題がある場合に非常に役立ちます。

 

ご覧のとおり、硬度はスライダーではなく、ペンで簡単にクリックできる一連の 5 つの長方形です。

タブレットフレンドリーにする方法

[ ブラシサイズ ] を例に考えてみましょう。

[ サブツールの詳細 ] パレットに移動し、目のアイコンとオプションの間にある小さな水平矢印をクリックします。

これにより、値の表示方法を編集できるメニューが開きます。 [ インジケータを表示 ] をクリックすると、値の入力方法が変更され、5 つの長方形が表示されます。スライダーを元に戻したい場合は、[ スライダーを表示 ] をクリックしてください。

 

 

これらの 5 つの長方形には 1 つの問題しかなく、値が固定されています。どうすればそれらを変更できますか? [インジケーターの表示] の下に [インジケーターの設定] オプションがあり、これをクリックすると、固定値を編集できる別のメニューが開きます。

 

これらの固定値の外に何かを入力する必要がある場合は、ペンのダイナミクス設定と最終的な長方形の間の水平矢印をクリックするだけです。

これで、作成する必要のあるものの 99% を運ぶことができるブラシができましたが、注意点があります。

結論

Workhorse ブラシは、多かれ少なかれすべてに使用できるものです。これは要するに標準的な円ブラシであり、個性がないことを覚えておいてください.使用しているツールについて心配する必要がないため、これはデジタル世界の補助輪のようなものです。

 

アーティストとしての自分自身を成長させ、自分が探しているスタイルの種類を知った後、最近の作品からわかるように、より特殊な効果を念頭に置いて独自のブラシを作成しました。

 

私のartstationアカウントでそれらをHDで見つけることができます

ちなみに、これらのブラシは、Graphixly のこのリンクから購入できます。

そうは言っても、このチュートリアルに従って楽しい時間を過ごし、それを使用して多くの優れたアートを作成できることを願っています!

コメント

新着

公式 新着