遠近法定規でキャラクターに背景を追加する方法

2,391 view

主にキャラクターを描く場合、背景を追加するのが難しい場合があります。

通常、私は常にクリップスタジオアセットのパターン化された背景でアートを仕上げます。ただし、背景を追加する必要がある場合もあります。遠近法定規ツールは私の一日を節約します!ですから、作業中(または存続中)のプロセス全体を皆さんと共有できることを誇りに思います。

このチュートリアルでは、遠近法の基本的な知識のみを使用して、最後の仕上げとして遠近法の背景を図面に追加する基本的な手順を示します。

ビデオチュートリアル

https://youtu.be/unFwFuqFVt0

ステップ1構成設計

キャラクターの絵に背景を追加すると、画像にストーリーも作成されます。
ただし、描画プロセスの開始時に背景を計画しない場合があります。
(心配しないでください、これはあなただけではありません)

まず、画像の解像度を設定します

解像度は、公開プラットフォームや印刷サイズなど、画像の目的によっても異なります。

次に、解像度を選択したら、焦点が合うように文字を配置します。ここでは、基本的な「三分割法」を使用します

交点が画像に適した構図になる場合は、3 * 3グリッドで図面を覆い、画像の焦点を1(または2)に置きます。

ルールの焦点が背景とキャラクターのバランスをより良くすることを感じることができます。

構成の詳細については、TamilVolkによるチュートリアルを確認してください。非常に明確で理解しやすいです:

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/4060

このチュートリアルでは、16:9のビデオ画面のサイズの横向きの解像度を使用します

画像には木こりのオオカミがいて、小さなウサギの旅行者への道順を示しています。
ですから、基本的にこのシーンは路上で起こるはずです。

三分割法を使用せず、キャラクターをシーンの中央に配置する場合は、中心につながる消失点を持つ遠近法の背景を追加するだけで、キャラクターに焦点を合わせることができます。

中央へのリード線がないと、シーンの焦点が合っていないことがわかります。 (これはキャラクターの行動にも依存します)

三分割法を作曲に適用すると、シーンは真ん中だけに焦点を合わせるよりも物語を語っていることがわかります

たとえば、これはバニーが歩いている場所を示しています。

ストーリーの詳細を表すために、いくつかの詳細を追加することもできます。 (オプション)

フォーカスを変更すると、バニーが通り過ぎたものが表示されます

画像の構図を調整するだけで、画像のストーリーがどのように異なるかを確認できます。

このチュートリアルでは、グリッドの右上のフォーカスを使用します。

ステップ2キャラクターの遠近法チェック

本来、キャラクターを見るビューでキャラクターを描きながら、キャラクターに何らかの視点を適用します。

完成したキャラクターの後に背景を適用するには、キャラクターの視点がどのように設定されているかを知っている必要があります。

基本的なパースペクティブコンポーネントは次のとおりです。
-目の高さの線(または地平線)
-消失点

目の高さは、画像を見たときの水平線です。追加する背景の目の高さは、キャラクターの目の高さと同じである必要があります。

キャラクターのビューを変更すると、目の高さとキャラクターの遠近法が変更されます。

新しいキャンバスを作成し、デザインしたフォーカスコンポジションにキャラクターを配置します

文字がもう1つある場合は、それぞれに個別のフォルダを作成します。

キャラクターの視界に合わせて目の高さの線を引きます。これが画像全体の目の高さになります。

キャラクターの視点に自信がない場合は、3Dモデルを参照として使用できます。

モデルは[マテリアルパネル> 3D>ボディタイプ]にあります。

モデルをキャンバスにドラッグすると、自動的に中央に表示されます。

カメラコントロールを使用して、モデルを所定の位置に調整します

ツールプロパティで、モデルの追加調整を見つけることができます。

キャラクターに合わせてモデルのボディスケールを調整できます。

調整後、モデルが浮いているのを確認し、このアイコンを使用して床に置きます。

モデルを図面の近くに移動します。

レイヤーパネルで、ルーラーアイコンをクリックします。

パースペクティブルーラーはモデルとともに自動的に表示されます

オブジェクトツールを使用してルーラーを編集できます。これにより、モデルの視点も変更されます。

モデルをキャラクターに近づけ、モデルの目の高さが描画の目の高さに近いことを確認します。

オプション:モデルパーツをクリックして、解剖学的ジェスチャを調整および確認できます。

キャラクターフォルダを選択し、[編集>変換>メッシュ変換]を選択します。

ツールのプロパティパネルでノードの数を調整します。

ノードを調整して、モデルに一致するようにキャラクターの視点を修正します

[Enter]を押すか、[OK]ボタンをクリックして調整してください

両方のキャラクターを調整して、全体的な視点の目の高さに対してより相対的なものにします

ステップ3ボックスモデルを使用したレイアウト設計

目の高さを調整し、キャラクターの視点を確認した後、背景の簡単なスケッチを行います

ここでは、山、道路標識、木、建物を追加します。
それらはあなたが道端で見るものです。背景に何を追加すればよいかわからない場合は、インターネットから背景合成の参照を見つけることができます。

(これは遠近法とはまったく関係ありません。画像のどこに物を置くかを決めるだけです)

遠近法定規を設定し、新しいレイヤーを作成することから始めて、大きなキャラクターの上にボックスを描画します。

次に、ルーラーツールで[パースペクティブルーラー]を選択します

ボックス側をクリックしてドラッグし、消失点を作成します

1つの消失点を作成するには、別の側をクリックしてもう一度ドラッグする必要があります。
最初の消失点を作成すると、青い地平線が表示されます。これは、画像全体に使用される目の高さです。

また、[オブジェクトツール]で調整可能

別の消失点を作成します。線を近くにドラッグすると、目の高さの線にスナップします。

パースペクティブルーラーを使用する準備が整いました。

建物から始めましょう。

新しいレイヤーを作成し、キャラクターの高さから建物の方向に投影線を描画します。
消失点の方向に描画すると、作成した定規に線がスナップします。

ストロークを行うと、定規にスナップします。
スナップしたくない場合は、[ルーラーにスナップ]を無効に切り替えます。

これは、建物を配置する位置にキャラクターが立っている場合のキャラクターの高さになります

キャラクターの高さに関連するボックスを描画し、ボックスの高さを推定するのに役立つドアも描画します。

上部に別のボックススタッキングを描画して、2階を作成します。

反対側の家でも同じことをします

混乱を避けるために、投影線のない新しいレイヤーにクリーンボックスを再度スケッチします

他のオブジェクトで手順を繰り返し、クリアボックスの形にします
(混乱を避けるために変更された色も使用してください)

注:道路や山などの一部のオブジェクトは、常にブロック形状であるとは限りません。定規を基準にしてそれらを描くだけです。

ボックスの準備ができたら、詳細を入力します。

新しいベクターレイヤーを作成します。不要な線を簡単に削除できるため、ベクターレイヤーを使用して詳細を塗りつぶすことをお勧めします(消しゴムがベクター消しゴムモードを有効にしていることを確認してください)

次に家を描き、インターネットからのおとぎ話の参照を使用して簡単な家を作成しました。

2階の詳細は、窓の下に線を引いてください。

次に、オブジェクトツールを使用して線を2階まで移動し、[Shift]キーを押しながら線を移動します。

これにより、正しい位置で2階の窓を作成できます。

私たちが作った遠近法定規とは関係のないいくつかの形もあります

たとえば、切妻の場合、家のブロックの片側の中央で高さを引き上げます

[消失点の追加]で遠近法定規を選択します

ルーラーレイヤーを選択します

これで、新しい地平線(目の高さ)を作成せずに、新しい消失点を追加できます。

[消失点の削除]を選択して定規をクリックすると、後で削除できます。

注:多くの消失点を追加できますが、スナップの制御がより複雑になるため、使用後に追加の消失点を削除することをお勧めします

[定規にスナップ]をオフに切り替えて、わらの屋根を描画します

注2:[オブジェクト]ツールでルーラーを選択し、[スナップ]をオンにすることで、ルーラーへのスナップのオン/オフを切り替えることもできます。

(デフォルト設定でスナップを無効にすると、ルーラーは緑色になります)


一部のオブジェクトの場合、それほど複雑ではありません。遠近法の参照として作成したブロックを使用して、新しいベクトルレイヤーにスナップせずに描画するだけです。

また、混乱を避けるために、レイヤーに名前を付け、前面>上部の順に並べます。

最終的なインクの結果+プロセス

ステップ4自分のスタイルで背景を仕上げる

後で背景を追加すると、アートワークから焦点が合っていることがわかる場合があります。

色の選択や細部の少ないペイントは、キャラクターにより焦点を合わせるのに役立ちます。

このチュートリアルでは、インクのない文字に焦点を合わせることができるように、インクレススタイルで背景を作成します。

背景のペイントに慣れていない場合は、画像全体の色の選択が難しい作業になることがあります。だから私はそれを調整できるようにグレースケールでペイントします。

グレースケールの新しいラスターレイヤーを作成します

標準のカラーセットからグレースケールレベルを選択するだけです。

[他のレイヤーを参照]塗りつぶしツールを使用して、インクラインより少し大きい領域スケーリングを使用します。これにより、後でインクレイヤーを削除するときにインクライン間の空白領域が回避されます。

他のインクレイヤーを非表示にして、各部分にフラットカラーを塗りつぶします。

インク層を非表示にすると、各部分の間に隙間がなく、色が領域を埋めていることがわかります。

他のインク層で手順を繰り返します。
(混乱を避けるために、完了したら完成したレイヤーを非表示にします)

また、各パーツをフォルダにグループ化します。

次に、光の方向を画像に設定します。ここでは、昼光の正午が必要です。

シャドウ方向のフォルダの上に新しい乗算レイヤーを作成します。
そして、オブジェクトの上の影を灰色でペイントします

他の領域に漏れないように、シャドウレイヤーをフォルダーにクリップします。

各部分でそれを繰り返します。画像全体の光の方向を制御できるようになります。

色を塗りつぶすには、新しいレイヤーを作成し、それを灰色のレイヤーにクリップします。
次に、色を選択し、[Alt] + [Delete]でクリップレイヤーに塗りつぶします

レイヤーモードを[オーバーレイ]に調整して、グレーレベルとカラーブレンドします。

各部分に対して手順を繰り返します。

テクスチャブラシを使用して、画像にさらに詳細なタッチを追加します。


私にとっては、標準のリアルなブラシセット[ラフウォッシュ]を使用するのが大好きです。 [ブラシ]サブツールの下にあります

ライト、シャドウ、ベースカラーの3つのシェーディングを選択して1つの領域にペイントします。

ベースカラーの上に新しいクリッピングレイヤーを作成してから、その領域をペイントします。これにより、表面にテクスチャの外観が与えられます。

通りに自然な外観を与えるために、新しいレイヤーを追加して、エッジをペイントします。

また、いくつかの地面のテクスチャをペイントします。

結果

建物の場合、インクレイヤーを非表示にする代わりに、インクレイヤーの不透明度を下げて、詳細を確認できるようにします。

そして、インクレイヤーの上に新しいレイヤーをペイントします。

【油絵フラット】チークを使って油絵アートのように見せています。

また、[ラフウォッシュ]ブラシで熟成した質感を加えます

わら屋根は【水彩】ブラシを使用

とても簡単な背景はほぼ完成しています

レイヤーフォルダーとシャドウクリッピングレイヤーの上に新しいレイヤーを作成して、各レイヤーフォルダー間にペイントオーバーの詳細を追加することにより、追加の詳細を入力します。 (レイヤーをクリップしないでください)

ヒント:[ダーカーペンシル]でペイントして、草のディテールも少し追加しました。

追加の全体的なシャドウのために、すべてのレイヤーの上に新しい乗算レイヤーを作成します

そして、背景が完成しました!

プロセスの概要:

これが私が使用した標準的なブラシの結論です(そしてそれらを見つける場所)

Clipstudio Assetsには、興味深いブラシもたくさんあります^ _ ^

ステップ5光と効果のある最後の仕上げ

背景が完成すると、キャラクターがまだ背景とうまく調和していないことがわかります。

レイヤーブレンディングモードと補正レイヤーを使って調整します。

背景レイヤーを1つのフォルダーにグループ化します。

補正レイヤーで背景の色調を調整します

ここでは、色調に色相/彩度/明度モードを使用します。

より自然に見えるようにライトを暗くします

補正レイヤーが太すぎる場合は、表示される効果を少なくするために不透明度を調整できます。

注意 :
-レイヤーのサムネイルをダブルクリックすると、レイヤー効果の調整を編集できます。
-補正レイヤーは、その下のレイヤーに対してのみ有効になります。


[Add(Glow)]と[Multiply layer]を使用して、文字にハイライトとシャドウを追加します。

(画像に設定された光の方向を基準にして追加してください)

ヒント:少し灰色がかった黄色は、[Add(Glow)]レイヤーで柔らかな昼光効果を与えます。
また、乗算レイヤーに対する穏やかなシャドウ効果。

ソフトエアブラシツールで光と影をペイントします

そして、水彩ブラシでハイライトをペイントします

[通常]モードレイヤーのエアブラシを使用して、青い周囲光をペイントして背景に奥行きを追加します

また、光が当たるオブジェクトにグローを追加します

終了!!

このチュートリアルが背景のペイントに役立つことを願っています。
頑張って、遠近法定規を楽しんでください!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着