エレメンタルマジックブラシの作り方

44,121

FuyuDust

FuyuDust

ビデオチュートリアル

概要

-このチュートリアルでは、ファイアブラシの作成方法を紹介します。

-そのテクニックを使用して、雷、風など、いくつかの同様のブラシを作成できます。

 

[ブラシのヒント]を作成する

-まず、[ペン]ツールで標準の[G-ペン]を複製します

-複製したものを[ランダムドット]と呼びます

-[ランダムドット]を使用しているときに、[レンチ] / [サブツール詳細]ボタンをクリックします。

[サブツールの詳細]パレット:

-[スプレー効果]セクションに移動します

-[スプレー効果]チェックボックスをオンにしてアクティブにします

-ドットがはっきり見えるまで[粒度]を変更します

-[ブラシサイズ]と[粒子サイズ]は2つの異なる値であることに注意してください

-[粒子密度]を最小に変更します

-[スプレー偏差]を最大に変更します

-これらの値の横にある目のアイコンをアクティブにして、[ツールプロパティ]パレットに表示されるようにする必要があります。したがって、後で変更する場合は、この[サブツールの詳細]パレットを再度開く必要はありません。

-[ストローク]セクションに移動します

-[修正]タイプを選択します([ギャップ]行の横にある[シングルドット]ボタン)

-[ギャップ]の値を変更して、ドット粒子間のスペースを変更できます。

 

-次に、このような黒い背の高い長方形を描きます

-次に、[透明]カラーをクリックしてアクティブカラーにします。

-[透明]カラーをアクティブにすると、どのブラシも透明にスプレーするだけで、[消しゴム]のように機能します。

-[ランダムドット]ブラシを使用して、長方形の2つの辺を消去し、次のように火の形のジグザグに変換します。

-火の形を別のレイヤーに複製します。

-最上層の色を白に変更します

-[ガウスぼかし]最下層(フィルター>ぼかし>ガウスぼかし)

 

-そして、私たちはこのようなものを持っています:

-ぼやけたレイヤーを数回複製して、外側の輝きを厚くします

-すべてをマージします。

-[選択領域]ツールに移動し、[長方形]選択ツールを使用します

-結合された火の形の上部と下部を少し選択します

-選択したパーツを削除します

 

-これで、両側がきれいにカットされた輝く火の形になりました

-複製してから、複製したものを変換(Ctrl-T)します。

-サブツール詳細の[垂直方向に反転]ボタンをクリックして[反転]します。

-下にドラッグして、上部がオリジナルの下部に完全にフィットするようにします

-それらを1つのレイヤーにマージします

-そのレイヤーの[表現色]を[グレー]に変更します。

-この手順は重要です。[グレー]に変更しないと、最終的なブラシの色を変更できず、現在の色が維持されます。

 

 

-今、私たちはまだその層にいます

-メニューに移動[編集]> [マーテリアルの登録]> [画像]

 

-[MaterialProperty]パレット上

-この資料に名前を付けてください。覚えておいてください。後でこの名前を使用して検索する必要があります。ここでは[FireBase]と呼びます。

-チェックボックスをオンにします[ブラシの先端の形状に使用]

-資料を保存する場所を選択します

-OK

[ブラシのヒント]を使用して、火のブラシを作成します

-[G-Pen]に戻って、もう一度複製します

-これを[FIRE]ブラシと呼びます

-次に、その[サブツールの詳細]を開きます

 

-[ブラシのヒント]セクションに移動します

-[先端形状]ラインで、[材質]タイプを選択します

-[ブラシの先端の形状を追加]ボタンをクリックします

-検索するために作成したマテリアルの名前を入力します(私の場合はFireBase)

-それを選択してOK

-次に、[ストローク]セクションに移動します

-[リボン]を確認します(この小さなボックスは、CSPの最も強力な機能の1つであることを誓います)。ブラシの先端を連続的に繰り返し、ストロークに合わせて曲げます。

-OK、ブラシを完成させました。

ショーケースと使い方

-それでは色を選びましょう

-覚えとけ:

-前景=黒=外側の輝き

-背景=白=内側の輝き

-色の選択が終了した後。前景をもう一度クリックして、アクティブな色にします。

 

-それでは、テストしてみましょう。

-悪くはありませんが、もっと良くすることができます

-レイヤーの[ブレンドモード]を[追加(グロー)]に変更します。

-別のレイヤーを作成し、その[ブレンドモード]を[追加(グロー)]にも変更します。

-一番下のブラシの上に別の火ブラシをスプレーします

 

-このタイプのブラシには弱点があります。つまり、同じレイヤーに2つ以上のブラシをスプレーすると、このように混乱します。

-この問題に対処するための秘訣があります

-レイヤーを黒で塗りつぶしてから、[ブレンドモード]を[追加(グロー)]に変更できます。

-次に、ブラシの[ツールプロパティ]で、ブラシの[ブレンドモード]を[追加(グロー)]に変更します。

 

-こうすることで、重なり合うことを心配する必要がなくなり、互いに混ざり合います。

-また、美しい火を作成するために複数のレイヤーで作業する必要はありません。

-技術的には、このチュートリアルはこれでほぼ完了です。

-[ブラシのヒント]の作成部分で創造性を発揮してみてください。自分でいくつかの興味深いブラシを作成したり、assets.clip-studio.comで販売したりすることもできます。

-さらに2つの例があります:

[雷]と[風]の例

読んでくれてありがとう!

コメント

新着

公式 新着