勾配:初心者向けガイド

9,729 view

前書き

こんにちは、ようこそ!これは、Clip Studio Paintのグラデーションのガイドです。

このチュートリアルでは、グラデーションレイヤー、グラデーションツール、グラデーションマップ、トーングラデーション、等高線ペイントツール、およびこれらをイラストで効果的に使用するいくつかの方法について説明します。

これは初心者向けに書かれています。情報は基本から上級まで段階的に提供されるため、特定のトピックは異なるセクションに分割される場合があります。 (たとえば、このガイドでは、3つの異なるセクションでグラデーションカラーをカスタマイズする方法について説明します。)これは、初心者が新しい情報に進む前に紹介した内容を使用して練習できるようにするためです。

🧭これは長いチュートリアルです!

*****⚠注****このチュートリアルでは、Clip Studioバージョン1.9.7を使用します。このバージョンでは、ツールキットアイコンを含むユーザーインターフェイスグラフィックが更新されています。チュートリアルに示されている例に一致するアイコンが見つからない場合は、古いバージョン(またはこれを将来読んでいる場合は新しいバージョン)を実行している可能性があります。

グラデーションとは何ですか?

図では、グラデーションは、1つまたは複数の色、値、またはテクスチャから別の、または他の何か(他の画像など)にスムーズに移行する方法です。グラデーションは、フォームを定義したり、光の方向を示したり、色をブレンドしたり、視覚的な興味を追加したりできます。

以下は、アートワークでグラデーションを適用する方法を示すために使用する未完成の図です。各シェイプまたはエリアに独自のレイヤーを指定しました(つまり、女の子には独自のレイヤーがあり、花のように)。これにより、グラデーションを簡単に適用できるようになりましたが、選択またはお気に入り。

まず、グラデーションレイヤーで空を作成します。

グラデーションレイヤー

グラデーションレイヤーは、[操作]ツールを使用して色、方向、および位置を常に変更できる編集可能な「オブジェクト」です。変更はリアルタイムで更新されるため、後ですぐに修正する必要がある場合に役立ちます。

グラデーションレイヤーを作成する2つの方法を次に示します。

(1)プログラムの上部にあるメインメニューから、[レイヤー]> [新しいレイヤー]> [グラデーション]をクリックします。

(2)または、レイヤーウィンドウ内の任意の場所を右クリックすると、同じメニューがポップアップ表示されます。

作成されたグラデーションレイヤーは、現在のメインカラーとサブカラーを使用して、2色のグラデーションでキャンバスを覆う必要があります。中央に青い縦線があります。

また、レイヤーウィンドウに「グラデーション1」と呼ばれる新しいレイヤーが作成されます。

グラデーションレイヤーを作成したら、カスタマイズできます!



--------------------------------------------------
勾配の方向と広がりの変更
--------------------------------------------------

グラデーションレイヤーを作成した直後に、[操作]ツールが[ツール]ウィンドウで選択され、オブジェクトが[サブツール]ウィンドウで選択されます。これらにより、グラデーションレイヤーを編集できます。

(注:ツールウィンドウ、サブツールウィンドウ、またはこのチュートリアルで言及されている他の視覚要素が表示されない場合は、これを試してください。トップメニューに移動し、[ウィンドウ]をクリックします。チェックマークが付いているものは表示されているので、言及されているウィンドウが見つからない場合、または再びオンにする必要がある場合は、こちらをご覧ください。ウィンドウが画面上のどこかに表示されると、マークがその隣にポップアップ表示されます。ウィンドウを好きな場所に移動できます。

[オブジェクト]に設定された[操作]ツールを使用しながら、青い縦線の下部にある小さな円をクリックしたままにします。左右に動かすとグラデーションの方向が変わり、上下に動かすと各色の量が調整されます。

後でグラデーションレイヤーを変更する必要がある場合、または変更できない理由を判断できない場合は、[操作]ツールを再度選択します。編集のためにアクティブであることを示す青い縦線が表示されます。



-----------------------------
色の変更(基本)
-----------------------------

メインとサブの色をカラーホイールの左下に変更することにより、グラデーションの色を変更できます。これらは、変更するとすぐにグラデーションに適用されます。



-----------------------
位置の変更
-----------------------

青い縦線の上部にある小さなxをクリックしてドラッグすると、グラデーションの位置が移動します。

これは放射状グラデーションに特に役立ちます!

 💡ヒント:グラデーションツールのマスクフォルダーを作成する

[グラデーション]ツールを使用していくつかのことを暗くしましょう。

最初に、後で変更する可能性のあるものの上にペイントするのではなく、グラデーションの定義された形状を準備することで簡単にします。これを行うには、マスクされたフォルダーを作成します。開始するには、選択が必要です。

影の領域または形状を選択します。この図では、女の子を選択しています。選択した領域には、エッジの周りに小さな動く白い線があります。

女の子を自分のフォルダに入れたので、選択は楽になります。

レイヤー/フォルダーを右クリックし、[レイヤーから選択]> [選択を作成]を選択して、レイヤーにペイントされているものやフォルダーに含まれているものを選択できます。

Windowsショートカット:Ctrlキーを押しながら、レイヤープレビューまたはフォルダーアイコンを左クリックします。 (メニューにこの正確な修飾子が見つからないため、Macで何が使用されているかわかりません。)

-------------------------------------------------- -

線画またはスケッチしかない場合は、[ツール]ウィンドウの[自動選択]または[マーキー]ツールを使用して領域を選択することもできます。

[自動選択]ツールを使用して、陰影を付ける行間のスペースをクリックします。これを数回行う必要があるかもしれません。

または、[マーキー]の[サブツール]ウィンドウでなげなわ、ポリライン、または選択ペンを選択して、シェーディングする図形を描画できます。

ここでは、なげなわを使用しています。

-------------------------------------------------- -

(1)選択範囲をアクティブにしたら、下部にある[新しいレイヤーフォルダー]ボタンをクリックして、グラデーションが影響するレイヤーの上に新しいフォルダーを作成します(または、必要に応じてラインワークの下に配置します)。レイヤーウィンドウの。

(2)その後、その近くの「レイヤーマスクを作成」ボタンをクリックします。

これで、選択範囲の形状のマスクを持つフォルダーができました。このマスクされたフォルダーは、そのフォルダーに入れたすべてのものをフォルダーのマスク形状に準拠させることで機能します。フォルダーを閉じることができるため、多くのレイヤーを使用する場合は整理に便利です。

最後に、フォルダーが選択されている間に、ブレンディングモードを「スルー」に変更します。これにより、異なるブレンディングモードを使用するフォルダー内のレイヤーが適切に表示されるようになります。

マスクに関するより一般的な情報は、次の場所にあります。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2220

グラデーションツール

グラデーションを作成する別の方法は、[グラデーション]ツールを使用することです。グラデーションレイヤーとは異なり、ツールは現在選択されているレイヤーにラスタライズされたグラデーションを作成します。

ラスタライズされたグラデーションはオブジェクトではないため、形状、色、および位置の編集は、「変換」などの編集オプションを使用して行う必要があります。トレードオフは、小さなグラデーションを作成するときに利用する方が速いことが多いことです。これは、照明と影に最適です。



-----------------------------------------
透明なグラデーションへの前兆
-----------------------------------------

それでは大きな影を作りましょう。 [グラデーション]ツールを選択し、[サブツール]ウィンドウと[ツールプロパティ]ウィンドウの両方が表示されていることを確認します。

サブツールウィンドウを見てください。いくつかのグラデーションがありますが、「前景から透明」と呼ばれるグラデーションに焦点を当てます。

それをクリックして、[ツールプロパティ]ウィンドウを確認します。ウィンドウの上部には現在選択されているグラデーションが表示されます。この場合、一方の端に市松模様のバーがあり、その反対側に黒または白があります。これは「前景から透明へ」のグラデーションです。

チェッカーは透明度を表すため、このグラデーションを使用すると、そのレイヤーの下にあるものが徐々に透けて見えます。

テストしてみましょう。レイヤーウィンドウでマスクされたフォルダーを選択し、レイヤーを作成します。

開始したい最後の部分をクリックし、ホールドして、フェードしたい方向にドラッグしてから放します。

これにより、シンプルだが効果的な一般的な影が作成されます。マスクされたフォルダーが女の子の形のグラデーションを保持していることに注意してください。マスクが使用されなかった場合、代わりにグラデーションがキャンバス全体を覆います。

グラデーションの色を変更する(基本)

この照明では影が自然に見えないので、調整してみましょう。彼女の環境は青の色合いを使用しているため、青またはクールな色を使用する方が良いでしょう。色を変更するには、次の3つの方法があります。

(方法1)

カラーホイールの横にあるメインとサブの色を変更しようとしても、グラデーションレイヤーの場合のようにキャンバス上の色が変更されないことに気付くでしょう。グラデーションプレビューでも変更されません。

色を変更する1つの方法は、グラデーションプレビューの上にある小さな四角形を使用することです。正方形は、使用されている色または透明色を表します。

カラーホイールを使用してメインまたはサブカラーを選択します。グラデーションプレビューの上にある小さな四角形の1つにカーソルを合わせると、アイコンが小さなバケツに変わります。これは、選択された現在の色が正方形の塗りつぶしに使用され、グラデーションでその色が変更されることを意味します。正方形をクリックして変更します。

これでグラデーションは青から透明になります。レイヤーで作成した黒のグラデーションを消去し、新しい青のグラデーションを使用して再度作成します。

(方法2)

グラデーションのあるレイヤーが選択されていることを確認し、メインメニューを使用して[編集]> [色調補正]> [色相/彩度/明度]に移動します。 Hue / Saturation / Luminosityというウィンドウが表示されます。

HUE:色

彩度:色の強度または鮮やかさ

輝度:色の明るさまたは暗さ

動作する色が見つかるまで、すべてのスライダーを調整します。使い方は簡単で、すぐにキャンバスに結果が表示されます。

*注:通常、グラデーションの色を変更するには色相/彩度/輝度ウィンドウのみが必要ですが、色が黒、白、グレーの場合、色相がないため追加の補正ウィンドウが必要になります。

このグラデーションで変更する必要がある色は黒であるため、HUEを適用できるように輝度を明るくする必要があります。輝度バーの矢印を右にドラッグして、グラデーションを明るくします。色はキャンバス上でリアルタイムに変化します。

色相を適用するには、[編集]> [色調補正]> [カラーバランス]でメインメニューに再度移動します。 [カラーバランス]ウィンドウが表示されます。下部で「ハーフトーン」が選択されていることを確認し、必要な色を作成するために必要な矢印を移動します。この図では、青とシアンを増やすために、黄青の矢印が青に向かって移動し、赤シアンがシアンに向かって少し移動しました。

[編集]> [色調補正]> [色相/彩度/明度]に戻って、必要に応じて新しい色をすばやく調整できます。

(方法3)
  
グラデーションレイヤーの上に新しいレイヤーを作成し、レイヤーウィンドウの上部にあるクリッピングマスクボタンをクリックします。これにより、レイヤーがクリッピングマスクであることを示す垂直線がレイヤーに追加されます。

次に、[ツール]ウィンドウの[塗りつぶし]ツールを使用して、そのレイヤーを希望の色で塗りつぶします。バケットアイコンをクリックしてから、キャンバスをクリックします。グラデーションの色が変わるはずです。

最後に、新しいレイヤーを選択した状態で、「レイヤー」ウィンドウの下部にある「下位レイヤーに結合」ボタンをクリックします。

これにより、青で塗りつぶされたレイヤーとグラデーションレイヤーが1つのレイヤーに結合されます。



--------------------------------------
グラデーションの透明度の変更
--------------------------------------

誤ってバケツで透明な四角形をクリックした場合、または端のいずれかを透明にする必要がある場合、または透明度を変更する必要がある場合はどうなりますか?

その場合、グラデーションプレビューのすぐ下に「詳細設定」というボタンがあります。それをクリックして、グラデーションの編集ウィンドウを開きます。

グラデーションの上に小さな正方形はもうありません。代わりに、変更する色を選択するには、グラデーションで変更する色の下にある小さな矢印をクリックします。

色の下の矢印をクリックしたら、「不透明度」というラベルのボックスを編集する必要があります。数字をクリックして独自の数字を入力するか、右側の矢印をクリックして希望の割合を見つけて[OK]をクリックします。完全に透明にする場合は、「0」に設定します。

これで、青色が完全な透明に戻ります。

 💡ヒント:ブレンドモード-影

ブレンドモードは、その下にあるものまたはそれらと混合されているものを変更する方法です。それらは信じられないほど便利であり、時にはあなたが行くつもりはなかったが、さらに探求したい方向にあなたを連れて行くことができます。レイヤー、フォルダー、ツール設定、修正レイヤーを介して、それらを適用するさまざまな方法を見つけることができます。このチュートリアルではそれらについて詳しく説明することはできませんが、いくつかの提案が含まれています。

異なる描画モードを使用した同じグラデーションレイヤーを次に示します。

グラデーションは、特にシャドウや照明に使用する場合、ブレンドモードとうまく組み合わせます。以下は、影にそれらを使用するいくつかの便利な方法です。

左の画像は変更されていないグラデーションで、色は円で囲まれています。右の画像は同じグラデーションですが、その不透明度に加えて、レイヤーのブレンドモードが変更されます。

このブレンドモードはMULTIPLYで、シャドウによく使用されます。通常は、彩度が低くなり、その下にあるものに中間値がブレンドされます。グラデーションの色は表示されたままです。 -この例では、不透明度が40%に設定されています。

このブレンドモードはSUBTRACTです。極端に暗くなったりコントラストが出たりする傾向があります。以下の色は、使用される色の代わりに暗くなります。透明度の低い素敵で自然な色の影を得ることができます。 -不透明度31%に設定されています。

このブレンドモードはDIFFERENCEであり、「減算」に似ています。使用する色が濃いほど、下の色がより多く見えて暗くなります。色が明るいほど、グラデーションの色が多く表示されます。面白い結果を得ることができます。 -不透明度47%に設定されています。

このブレンドモードはハードライトです。ハードライトは、グラデーションカラーを強く鮮やかにします。色が十分に暗い場合、光源からの強い色または豊かな環境光がある環境に使用するのは素晴らしいことです。 -100%の不透明度に設定されています。

比較のためのブレンドモードを次に示します。

乗算、暗く、暗い色、色焼き、線形焼き、減算、差、ハードライト、オーバーレイは、さまざまな種類の影を試すのに適しています。
  
レイヤーをHARD LIGHTに設定して、飽和した青のグラデーションを追加し、空のコーナーを暗くしてコントラストを付けます。

*注:「通常」以外のブレンディングモードでフォルダーに入れる場合は、フォルダーを「スルー」に設定する必要があります。そうしないと、フォルダーはすべてフォルダーのブレンディングモードに変更されます(意図したとおりに表示されません) 。

形状、エッジプロセス、およびその他の設定

放射状グラデーションや繰り返しグラデーションなど、単純な線形グラデーションに加えて、グラデーションに適用できる他の設定があります。それらとそれらを使用するいくつかの方法を見てみましょう。



-----------------------------
形状とエッジのプロセス
-----------------------------

[グラデーション]ツールを選択し、[ツールプロパティ]ウィンドウを開きます。 [詳細設定]の下には、ボタンのある2つのセクションがあります。

-------------
形状
-------------

直線:描く線から直線のグラデーションを作成します。

CIRCLE:中心から始まる完全な放射状グラデーションを作成します。 (注:動作させるには、線をDIAGONALLYで描画する必要があります。)

ELLIPSE:放射状のグラデーションも作成しますが、必要に応じて狭くしたり、伸ばしたりできます。



--------------
エッジプロセス
--------------

繰り返し禁止:1つのシームレスなグラデーションを作成します。

繰り返し:繰り返しグラデーションを作成します。この場合、数値は線の長さに依存し、1つの繰り返しエッジは硬くなります。

REVERSE:ソフトエッジのグラデーションカラーの繰り返しバンドを作成します。

NOT DRAW:グラデーションの線を描画する場所で正確に開始および停止します。

-----

以下は、さまざまなエッジプロセスを使用して、直線と円のグラデーションで作成されたグラデーションレイヤーの視覚的なグラフです。

以下は、さまざまなエッジプロセスを使用して直線および円のグラデーションを作成する、前景から透明なグラデーションツールの視覚的なグラフです。

楕円は円に似ているため、省略されました。




-------------------
その他の設定
-------------------

これらは、[グラデーション]の[ツールプロパティ]ウィンドウにリストされている他の設定です。


DITHERING:グラデーショントランジションにノイズを追加して、滑らかに見せます。以下はディザリングのオンとオフです。

-----

作成場所:「編集レイヤーで描画」は選択したレイヤーでツールを使用し、「グラデーションレイヤーを作成」はメニューを使用する代わりにグラデーションツールでグラデーションレイヤーを作成します。

不透明度:ツールを使用して作成したグラデーションの不透明度(全体的な透明度)を制御します。

ブレンドモード:ツールは、使用可能なブレンドモードのいずれかを使用できます(さらに、レイヤーまたはフォルダーとして使用できないいくつかの追加モードがあります)。

角度のステップ:選択した数値に基づいて一時的なルーラーを作成します。これは、直線と楕円のグラデーションのガイドとして機能します。 (私はそれを使用しませんが、遠近法の作業には良いかもしれません。)

放射状グラデーションと照明

さて、小さな影を作成して放射状グラデーションを試してみましょう。

別のマスクされたフォルダーを作成しましたが、今回は彼女のスキンを選択しました。 [Circle]と[Do Not Repeat]に設定された[Gradient]ツールを選択し、シャドウの色を選択しました。

草についても同じことが行われますが、今回は楕円を使用した光の色を使用します。

放射状グラデーションは、何かの輝きを作り出すのに最適です。以下は、レイヤーのブレンドモードが「オーバーレイ」に設定された黄色の円のグラデーションです。

ブレンディングモードの多くは、さまざまな照明効果を伝えるために機能します。照明の種類ごとにそれぞれ試してみることをお勧めします。これらには、明るくする、オーバーレイ、スクリーン、色の覆い焼き、グローの覆い焼き、追加、グローの追加、ソフトライト、ハードライト、ビビッドライト、リニアライト、ピンライト、明るい色、除外、および分割が含まれます。

ホタルを作ろう! -サブツールウィンドウでの新しいグラデーションの作成

ホタルをいくつか作成して、光の効果に放射状のグラデーションを使用しましょう。

グラデーションを作成するには2つの方法があります。まず、Sub Toolメニューで作成します。
  
サブツールウィンドウで前景から透明へのグラデーションを選択した状態で、「現在選択されているサブツールのコピーを作成」ボタンを押します。アイコンには、中央にプラス記号が付いた正方形があります。

新しいウィンドウがポップアップします。必要に応じて、名前、アイコン、およびアイコンの色を変更できます。名前を「Firefly」に変更して、[OK]をクリックします。

前のツールの複製が[サブツール]ウィンドウのリストの下部にポップアップ表示されます。

選択されていることを確認し、[ツールプロパティ]ウィンドウを確認します。 [詳細設定]をクリックすると、[グラデーションの編集]ウィンドウが表示されます。

現在、グラデーションは白です。さらに色を追加します。

ルーラーラインがあるグラデーションプレビューバーの真下をクリックします。新しい矢印が表示されます。

次に、「指定色」の下の右側にある長方形のボックスをクリックします。これにより、色を選択できるカラーホイールが開きます。

矢印をクリックして左右にスライドすると、色の場所を調整できます。

バーから色を削除するには、矢印をクリックして押したまま、下に引いて離します。グラデーションバーのすぐ下にあるごみ箱アイコンをクリックすることもできます。

さらに2色を追加し、ホタルグラデーション用にすべて調整しました。ここに、色と不透明度の番号がリストされています。

カラーノードの位置を変更したため、グラデーションの形成が異なります。
-

試してみましょう!
  

新しいレイヤーを作成し、そのブレンドモードを「ピンライト」に設定します。グラデーションのShapeが「Circle」に設定され、Edge Processが「Do not repeat」に設定されていることを確認してください。

次に、放射状のグラデーションを作成します。

作成する円のサイズによって、ホタルの大きさが決まります。

グラデーションバーの色と不透明度の比率により、グラデーションが色の大きな円から小さな光の球に変わりました。

グラデーションマップ-仕組み

グラデーションは、キャンバス上の図形以外にも使用できます。それらは、指定された形状または領域、またはアートワーク全体の配色として使用できます。これはグラデーションマップと呼ばれます。

グラデーションマップでは、グラデーションバー上の色の位置と不透明度に基づいて、グラデーションを使用してVALUESに色を割り当てます。

勾配の一方の端は暗い値用であり、反対の端は明るい値用であり、中間値はそれに応じて中間に移行します。

*注:デフォルトではどちらの端が暗いか明るいかわかりません。調べるにはテストする必要があります。 [逆グラデーション]ボタンを使用すると、いつでもグラデーションを値に適用することができます。

これの簡単なバージョンを見てみましょう。

左端に黒、右に明るい灰色の4つの値があります。

グラデーションマップとして色をブレンドしないグラデーションを作成しました。これにより、値ごとに1つの色が適用されます。 (注:このグラデーションマップは、キャンバス全体ではなく、円にのみ適用されます。)

グラデーションは、赤茶色を暗い値に適用しています。これは黒が赤茶色になったためです。クールグリーンは、最軽量に適用されます。

キャンバス上の円を反転しても、グラデーションマップは同じ値に同じ色を適用します。

ただし、[グラデーションの反転]ボタンでグラデーションを反転すると、色が値に適用される方法が反転します。現在、最も暗い値はクールグリーンで、最も明るい値は赤茶色です。

クールグリーンは赤茶色よりも自然に明るいことは重要ではないことに注意してください。それはまだ暗い値を明るい色にし、そして明るい値を暗い色にしました。

これは、Clip Studio Paintが暗い色から明るい色のスペクトルを使用して、色の適用方法を決定するためです。プログラムは、グラデーションに似たスペクトルに基づいて値に色を割り当てます。

色のVALUEが何であれ、グラデーションマップがその色を変更するものを決定します。以下に、それがどのように機能するかの一般的な表現を示します。

これは最初の例です。

ここでは、一度反転されています。

色の価値がわからない場合、それはどんなに明るいか、または暗い色です。この赤、黄、青の色の値は次のとおりです。

使用されているグラデーションマップのより良い例と、反転した場合の外観を次に示します。

グラデーションマップの作成

グラデーションマップを作成するには2つの方法があります。

編集としてのグラデーションマップ

グラデーションマップを適用するレイヤーを選択し、メインメニューで[編集]> [色調補正]> [グラデーションマップ]に移動します。これにより、グラデーションマップウィンドウが開きます。

このメソッドで行った変更は、選択したレイヤーにのみ適用され、永続的です(元に戻すボタンを押した場合を除く)。

-----


勾配マップ補正レイヤー

グラデーションマップを適用するレイヤーまたはフォルダーを選択し、そのレイヤー/フォルダーを右クリックします。表示されるメニューで、[新しい修正レイヤー]> [グラデーションマップ]に移動します。これにより、グラデーションマップウィンドウが開きます。これは、メインメニューの[レイヤー]> [新しい修正レイヤー]> [グラデーションマップ]にもあります。

このメソッドは、グラデーションマップ修正レイヤーを作成します。これにより、いつでもグラデーションマップを調整または削除できます。グラデーションマップを編集するには、レイヤー上の灰色のボックスアイコンをダブルクリックします。

グラデーションマップ修正レイヤーは、レイヤーウィンドウでその下にあるすべてのレイヤーまたはフォルダーに影響します。

影響を与えるレイヤーまたはフォルダーは、次の方法で指定できます。
(1)グラデーションマップ修正レイヤーを特定のレイヤーまたはフォルダーのクリッピングマスクにする
(2)グラデーションマップ修正レイヤーへのマスクの追加
(3)グラデーションマップ修正レイヤーをマスクされたフォルダーに入れる

-----
  

グラデーションマップウィンドウが開くと、キャンバスに現在のグラデーションのプレビューが表示されます。色、不透明度、グラデーションの比率を調整すると、キャンバスはすぐに更新されます。

グラデーションセットの作成とインポート

ウィンドウの左側には、グラデーションセットがあります。明るい灰色のバーをクリックして、現在持っているグラデーションセットのドロップダウンメニューを表示します。リスト上の任意の名前をクリックして、そのセットをロードします。

新しいグラデーションがプレビューバーに自動的に読み込まれることはありません。これを行うには、セット内のグラデーションをダブルクリックするか、下部の[グラデーションバーに読み込む]ボタンをクリックします。

*注:[保存されたグラデーションを置換]ボタンを誤ってクリックしないように注意してください。メインのグラデーションバーに読み込んだグラデーションで選択したグラデーションが上書きされます。




-----------------------------------------
新しい勾配セットの作成
-----------------------------------------

新しいグラデーションセットを作成するには、[グラデーションセットリスト]メニューの右側にあるレンチアイコンをクリックして、[新しいグラデーションを作成]を選択します。

グラデーションセットの名前を入力できる小さなウィンドウがポップアップします。

新しいセットが[グラデーションマップ]ウィンドウに一覧表示され、そこから、[新しいグラデーションの作成]と呼ばれる下部にある唯一の点灯ボタンをクリックします。

別のウィンドウがポップアップして、新しいグラデーションの名前を入力します。これを入力すると、メインプレビューバーにグラデーションが設定された新しいセットの下にリストされます。

グラデーションセットの下に表示されるグラデーションがお望みのものでない場合は、ウィンドウ上部の大きなグラデーションバーを使用して、新しいグラデーションを選択してカスタマイズします。

必要な変更をすべて行ったら、下部にある[保存されたグラデーションを置換]ボタンをクリックします。これにより、セットのリストされているグラデーションがウィンドウ上部の大きなグラデーションで上書きされます。

レンチアイコンの下にある上下の矢印を使用して、グラデーションを並べ替えることができます。

[OK]をクリックして、新しいグラデーションセットとグラデーションを保存します。




--------------------------------------------
CLIP STUDIOアセットを使用したグラデーションのインポート
--------------------------------------------

グラデーションの作成にすべての時間を費やすのではなく、より多くのオプションが必要な場合は、新しいグラデーションをインポートできます。

新しいグラデーションを取得する最も簡単な方法は、Clip Studioのマネージャーアプリケーションを使用してClip Studio Assetsからダウンロードすることです。

Clip Studioを開き、左側の「CLIP STUDIO ASSETS」というラベルのボタンをクリックします。メインウィンドウに読み込まれたら、検索バーの右側にある[詳細]ボタンをクリックします。

リストされたキーワードから「グラデーションセット」または「グラデーション」をクリックし、「閉じる」ボタンをクリックして検索結果を表示します。

気に入ったものが見つかったら、選択したグラデーションまたはグラデーションセットの右上隅にある[ダウンロード]ボタンをクリックします。 (ログインする必要があります。)ダウンロードに関するメッセージが画面に表示されます。

グラデーションマップウィンドウに戻り、レンチアイコンをクリックして、[マテリアルセットのインポート]を選択します。 Import Material Setウィンドウが表示されます。

グラデーションセットまたはグラデーションをダブルクリックしてインポートすると、グラデーションセットのドロップダウンメニューに表示されます。

 💡ヒント:勾配マップの効果的な使用

グラデーションマップを使用すると、非常にクリエイティブになります。それらを使用するいくつかの方法を調べてみましょう。



カラーハーモニー

イラストの色の調和を作成する簡単な方法の1つは、グラデーションマップを追加することです。

グラデーションマップ補正レイヤーを作成し、レイヤーウィンドウでレイヤーの最上部に移動します。アートワークの雰囲気に合ったグラデーションを選択または作成します。環境や照明に合った色を選ぶこともできます。

この色の調和のために、日の出の色でグラデーションを作成し、グラデーションマップのブレンドモードを不透明度32%の「鮮やかな光」に設定しました。以下は、ノーマルブレンディングモードでのグラデーションマップ補正レイヤーの外観と、「ビビッドライト」に変更したときのレイヤーウィンドウの外観です。

ここに元の画像が左側にあり、その横にグラデーションマップがその上でアクティブになっている様子を示します。

それはすべてを青と紫の色相でつなぎ、同時に空に注目を集めました。

さまざまなブレンドモードをすべて試して、イラストに合ったものを見つけることをお勧めします。一般に、暗いイラストはグラデーションマップを明るい強調モードに設定すると見やすくなり、明るいイラストは暗い強調モードに見やすくなります。 COLORおよびHUEブレンディングモードは、通常、ほとんどのイラストでうまく機能します。

-----



マスクを使用した別個の領域

特定のグラデーションを特定の図形または図形のグループに追加します。

グラデーションマップを使用するものが1つのレイヤーにペイントされている場合は、そのレイヤーを右クリックして、その上にグラデーションマップ修正レイヤーを作成します。 (ヒント:何かがオンになっているレイヤーがわからない場合は、CTRLとSHIFTを押すと、キャンバス上の何かをクリックしてそのレイヤーに切り替えることができます!)

レイヤーウィンドウの上部にあるボタンを使用して、グラデーションマップレイヤーをクリッピングマスクに変更します。これで、アタッチされているレイヤー上にあるもののみに影響します。

この場合、それはツリーです。

ここでは、グラデーションマップのブレンドモードが「色」に設定されています。

-
  

背景にあるすべての植物のように、グラデーションマップが多くのことに影響するようにするには、次の操作を行います。お好みの選択ツールでアートワークの一部を選択します。レイヤーウィンドウの任意の場所を右クリックして、グラデーションマップ補正レイヤーを作成し、選択したすべてのレイヤーの上に移動します。グラデーションマップには、選択したものの形のマスクが必要です。

以下は、イラストの色を変更するために使用した4つの異なるマスクエリアです。上部の2つはグラデーションマップ修正レイヤーで、1つは空用、もう1つは植物用です。左下には少女の色の編集があり、右には少女と草にティールのグラデーションが追加されています。

これは、レイヤーウィンドウでは次のようになります。

ここでそれらは結合されます:

また、チュートリアルの最初からMasked Folderメソッドを使用して、グラデーションマップをその中に配置し、影響を受けるものを追加することもできます。

-----



パターン

グラデーションマップとパターンは互いに最適です。ブレンドモードが異なる1つ以上のグラデーションマップを追加して、同じパターンのさまざまなバージョンを作成できます。

マテリアルウィンドウがまだ開いていない場合は、他のウィンドウの上部を見てください。上部に単一矢印と二重矢印があります。これらは、パターンを持つマテリアルウィンドウを含む、ウィンドウの垂直スタックを表示および非表示にします。左向きの二重矢印を探してクリックします。

これにより、マテリアルウィンドウが開きます。 (そうでない場合は、別の二重矢印を試してください。)[すべてのマテリアル]の下の左側で、[カラーパターン]または[単色パターン]をクリックします。右側のパターンをスクロールして好みのパターンを見つけ、クリックしてキャンバスにドラッグします。

パターンはオブジェクトなので、必要に応じてサイズを変更できます。パターンが必要な領域を選択し、パターンのレイヤーにマスクを追加します。

そのすぐ上に1つ以上のグラデーションマップレイヤーを作成し、結果が気に入るまで色を調整し、パターンレイヤーのクリッピングマスクとして設定します。さまざまなグラデーションマップで変更された1つのパターンを次に示します。

トーングラデーション

グラデーションを漫画のトーンとして適用することもできます。

これを行うには、グラデーションを作成し、グラデーションのレイヤーを選択して、[レイヤープロパティ]ウィンドウを開きます。 [効果]で、市松模様のアイコンをクリックします。

グラデーションは、トーングラデーションになります。

レイヤーの[トーン]を有効にすると、[レイヤープロパティ]メニューにカスタマイズ可能なオプションが表示されます。




---------
展開する
---------

周波数バーを左右にスライドして、トーンのスケールを変更できます。




---------
形状
---------

トーンパターンに円が必要ない場合は、それも変更できます。ドット設定で形状を変更し、下の角度と位置を調整します。 「ノイズ」の表示方法を変更することもできます。




---------
不透明度
---------

[レイヤーの不透明度を反映]の設定により、レイヤーの不透明度を変更したときのトーンの変化が決まります。 2つの設定があります。左側のボックスをクリックして、一方から他方に変更できます。

オンのとき:トーンのサイズと近さが変化します。

オフのとき:トーンは変わりませんが、不透明度は変わります。




-----------------
勾配形状
-----------------

これは、すべてのグラデーション図形で機能します!

等高線ペイントツール-パート1

[等高線ペイント]は、他のグラデーションとは異なります。 LINEを使用してグラデーションを指示する代わりに、塗りツールに似たものを使用します。色の間のスペースを、それらを一緒にブレンドする効果で埋めます。

[等高線ペイント]を使用するには、それを選択し、画面上の色の間をクリックします。それでおしまい。

さて、それ以上のものがあります。実際、試してみるだけでは、ツールの動作が混乱する可能性があります。それに続く規則があり、さらに設定オプションは規則を少し変更し、それを使用する場所は結果を完全に変更できます。それを見てみましょう。





-------------------
アンチエイリアス
-------------------
  
[等高線ペイント] CONTOUR LINEペイントでグラデーションを作成するために使用するツールでは、アンチエイリアスをオフにする必要があります。ほとんどのアートワークは、アンチエイリアスが有効になっているツールで作成されています。

アンチエイリアスとは何ですか?

デジタルアートはすべてをピクセルで表示します。ブラシとブレンダーは、リアルに見えるようにピクセルを効果的に使用する必要があります。これを行うために、ピクセルはエッジに移行するにつれて不透明度を失います。そうでない場合、マークとブレンドはギザギザに見えます。

この場合、ギザギザの線は良好です。

基本的に、アンチエイリアスをオフにすると、ピクセルが完全に不透明になります。特に初期のゲームグラフィックスでピクセルアートを見たことがある場合は、アンチエイリアスを使用しないのがそれです。これは、[等高線ペイント]ツールでグラデーションを作成するために必要です。

ツールにアンチエイリアスを無効にする方法がある場合、右下隅の小さなレンチをクリックして、ツールプロパティウィンドウまたはサブツール詳細ウィンドウにリストされます。

次に、アンチエイリアスをオフにしてからオンにした図面で使用される[等高線ペイント]の例を示します。

アンチエイリアスがオンの場合、ツールは、完全な不透明ピクセルとは異なる色である最低の不透明ピクセルのみをブレンドするため、シームレスなグラデーションを作成できません。 (これについては、「Two Neighbor Colors」でさらに説明します。)






-----------------------------------------
定義されたエリア
-----------------------------------------
  
理解する最も重要なことの1つは、このツールを使用するには、定義済みの領域が必要であることです。この領域は、単一の形状または閉じられたライン間のスペースです。

新しい囲まれた境界線を作成するラインまたはシェイプは、グラデーションを変更または防止します。障害のある形状または線と混合することにより、新しいグラデーションを作成できます。

それが黒い線であり、ツールプロパティで黒が[黒を覆わない]に設定されている場合、新しい囲まれた各領域にのみ塗りつぶされます。

これらは単純な例では明らかなように見えますが、複雑な詳細な作業で使用しようとすると、問題が発生する可能性があります。





----------------------------
エリアを定義する方法
----------------------------


これらは、ツールが機能するための効率的な領域を確保するための2つの方法です。
  

1.線画を参照レイヤーとして設定:線画が領域を定義している間に、新しいレイヤーにグラデーションを作成します。

方法:1つのレイヤーで線画を作成し、それを参照レイヤーとして設定します。 [等高線ペイント]でグラデーションを作成するには、その下に新しいレイヤーを作成します。 [輪郭線ペイント]は、ラインワークレイヤーの囲まれた線の内側に色を保持します。

長所:クリーン、迅速、修正が容易、おそらくこのツールの最適な使用方法(ラインワークを継続する場合)

短所:線画が存在する場所(後で線を非表示にする予定がある場合)に空のスペースが残っているため、線にグラデーションをブレンドすると期待した結果が得られない場合があります

-----


2.参照図形として別の形状を設定:参照レイヤーとして多くのシェイプ領域を使用して、新しいレイヤーにグラデーションを作成します。

方法:1つのレイヤーに単一色のシェイプをペイントし、このレイヤーを参照レイヤーとして設定します。その上に新しいレイヤーを作成して、参照レイヤーの形状にグラデーションを作成します。このプロセスを繰り返して、図の複数の領域と形状に色を付けることができます。

長所:きれいで、簡単に修正でき、線画のないリアルな絵画やイラストに最適

短所:参照レイヤーを何度も変更して各シェイプにグラデーションを追加する必要があります(複数のグラデーションが必要な場合)。

-----

マスクを使用して、エリア内に追加のエリアを作成することもできます。
  

*注:最初は、3番目のオプションとして「透明度をロック」を使用して1つのレイヤーにグラデーションを作成しましたが、結果には一貫性がなく、イライラするほどでした。私の意見では、グラデーションを実際の作業から分離することが[Contour Line Paint]を使用する最良の方法です。あなた自身の責任でアートワークレイヤーにグラデーションを作成してください!

 💡ヒント:参照レイヤーの設定

レイヤーを参照レイヤーとして設定すると、そのレイヤー上にあるものは何でも、それを使用するツールが従う境界になります。つまり、すべてを選択しなくても、選択した領域のレイヤーに色を付けたり描画したりできます。

[等高線ペイント]、[塗りつぶし]、[自動選択]、色付けなど、参照レイヤーを使用するツールでのみ機能します。ツールが参照レイヤーを使用する場合、ツールプロパティウィンドウのオプションになります。

「参照レイヤーとして設定」は、切り替えるボタンです。参照するレイヤーを選択して、ボタンをクリックします。ボタンが青に変わり、灯台アイコンがレイヤーの左側に表示され、レイヤーがアクティブであることを示します。完了したらもう一度クリックするか、別のレイヤーで同じことを繰り返して別の参照レイヤーを選択します。

参照レイヤーがアクティブになっている間、(適切なツールを使用して)新しいレイヤーで行うことはすべて、それをガイドとして使用します。 [等高線ペイント]は、参照レイヤーを使用して領域を定義します。レイヤーが参照レイヤーの上か下かに応じて、線の内側と外側の両方を塗りつぶすことができます。

上の図では、参照レイヤーは線のあるレイヤーであり、色のあるレイヤーの下にあります。そのため、[Contour Line Paint]は、ラインの上に色を付けることもできます。

等高線ペイントツール-パート2

-----------------------------------------
2つの隣接色
-----------------------------------------

グラデーションを追加する予定のすべての領域に、異なる色ごとに2つの線または形状があることを確認してください。グラデーションは、2つの特定の色によってのみ形成されます。色は任意ですが、グラデーション(またはグラデーションのセクション)を形成するのは2つまでです。

*注:エリアに2色以上ある場合、MOSTスペースを占める色を選択するようです。さまざまな場所でツールを使用しても、結果は変わりません。

-----

同じ色の複数のインスタンスがブレンドされますが、これらの色はまったく同じ2色でなければなりません。

2つの赤い色にはわずかな違いがありますが、別々の色として登録するだけで十分であるため、ブレンドされません。

-----

グラデーションは複数の色で作成できますが、閉じた領域を作成する2つの隣接する色の間でのみブレンドされます。

黄緑と青緑は隣の色なので、混ざり合います。

ティールとブルーは別のネイバーのセットであるため、これらは別々にブレンドされます。

等々...

濃い青には隣の色がないため、領域を青一色で塗りつぶします。

[等高線ペイント] 2色が必要です。これには、複数色のグラデーションのENDSも含まれます。 ENCLOSE AREAに2番目の色が追加されない場合、グラデーションは他の何かを使用してブレンドしたり、1つの単色で領域を塗りつぶしたりします。
  

グラデーションを背景色にフェードする必要がある場合、背景色をグラデーションの最後に追加します。

*注:これは、別のレイヤーを参照レイヤーとして使用しながら、空のレイヤーでグラデーションを作成していることを前提としています! [等高線ペイント]で作成されたグラデーションは、THISメソッドを使用してグラデーションを作成している場合、背景にフェードアウトしません。

形状と同じレイヤーで[等高線ペイント]を使用すると、グラデーションを背景にフェードできます。これについては、チュートリアルの後半で説明します。

-----
  
以下のグラデーションは、すべてをブレンドしません。理由がわかりますか?

黄色は囲われたエリアを作りませんでした。これは、1つの定義済み領域に3つの色(緑、黄、赤)があり、グラデーションを作成するのに2つだけを使用することを意味します。ツールは黄色と緑をブレンドし、黄色と赤の間のスペースを埋めたため、赤は黄色とブレンドできなくなりました。
  

黄色でスペースを閉じると、適切に機能します。

等高線ペイントツール-パート3

これまでの情報のほとんどは、下の画像の[等高線ペイント]設定を使用して作成されています。 「黒は「黒を覆わない」に設定され、「透明色」は「透明を覆わない」に設定されます。

次に、[ツールプロパティ]ウィンドウの設定が[等高線ペイント]のパフォーマンスに与える影響について説明します。





---------

---------
  
「黒」の下の設定は、(1)黒線のあるレイヤーでツールを使用している場合、または(2)このツール用のレイヤーに黒を配置している場合にのみ適用されます。

黒をカバーしない:周囲のグラデーションを作成するときに黒を無視します。ただし、黒い色をクリックすると、黒が削除されます。 (これは、チュートリアルの前半で使用される設定です。)

カバーブラック:色は無視せずに黒とブレンドされます。ただし、TWO COLOR NEIGHBOR RULEが引き続き適用され、黒は2分の1と見なされます(黒と一緒に、または黒の横にある定義済み領域に複数の色がある場合、常に黒がブレンドされます)。

ブラックをドローイングカラーで置き換える:無色のブレンダーのように振る舞う代わりに、選択した色を追加して、レイヤー上にあるものと混合します。ここにも2色の隣人が適用され、選択した色は2の1です。






-----------------------------------------
透明色
-----------------------------------------
  
[透明色]設定の最後の2つは、同じレイヤーの塗りつぶし領域に色を追加する場合にのみ適用されます。

透明度をカバーしない:2つの隣接する色の間のブレンドを作成します。 (これは、チュートリアルの前半で使用されたものです。)

COVER TRANSPARENCY:1色の近くで使用すると、透明なブレンドを作成します。つまり、色を削除します。 2色の間で使用すると、「透明度をカバーしない」に設定されているかのように、2つの色が完全な不透明度でブレンドされます。

描画色で透明度を置き換える:選択した色を使用して、1色のブレンドを作成します。 2色の場合、2つの色を完全な不透明度でブレンドします。

-----

*注:同じレイヤーに黒い線画と塗りつぶされた領域の両方がある場合、「黒」の設定は「透明色」の設定を上書きします





-----------------------------------------
出力設定
-----------------------------------------

これは、グラデーションの混合率です。

矢印をクリックすると、アルゴリズムをカスタマイズできる小さなグラフが開きます。

線上の任意の場所をクリックして、方向にドラッグします。放すと、四角いピンがそこに留まります。ピンをクリックしてグラフからドラッグすると、ピンが削除されます。

サブツールウィンドウには、通常のペイント、最も明るい影、最も深い影の3つのプリセットがリストされています。球体は、これらの3つの設定を使用して、下の図に示す順序で色付けされます。

これらは、各出力設定に基づいてグラデーションがどのように変化するかを示しています。

ここに私が行った3つのカスタム設定があります:

セグメントごとに異なる設定を使用することもできます。

-----
  
さまざまな設定を試しても、まだバンディングが見える場合は、ぼかしをかけることができます。

手順は次のとおりです。

1.グラデーションを含むレイヤーを選択します

2.レイヤーを[透明度のロック]に設定します(レイヤーウィンドウの上部にある小さなロックアイコンとチェッカーアイコン)

3. [マーキー]ツールを使用して、ぼかしたい領域を選択します(すべてをブレンドする場合は、選択しません)

4.メインメニューに移動し、[フィルター]> [ぼかし]> [ガウスぼかし]に移動し、適切な量になるまで矢印を移動します

*注:水彩ツール、ブレンドツールを使用することもできます。また、等高線ペイントツールでバンドの近くまたは上をクリックすると、グラデーションが修正される場合があります。





----------------
ギャップを閉じる
----------------
  
これは、破線、または完全に閉じられていない領域がある場合に使用されます。

開口部がある場所を修正する代わりに、このオプションは、それらが閉じているかのようにそれらを扱います。この設定は、色付けするための詳細な線画が多い場合に役立ちます。

左側のボックスをクリックして有効にすると、チェックマークが表示されます。右側のボックスのスケールを調整することにより、「閉じた」とみなされる開口部の大きさを制御できます。右側の矢印をクリックして、50までの数値を手動で入力します。

オープンエンドスペースを埋めるときに[ギャップを閉じる]を有効にしていない場合、キャンバス全体を埋めます。

これは同じ例ですが、今では有効になっています。ギャップの間に境界線が作成されることに注意してください。

各ギャップのサイズに応じて、各図面または領域で機能するようにバー/番号を調整する必要があります。

これらすべては、ラインワークを使用していて、すべてのギャップを閉じている場合は、それをオフにしておく方が良いかもしれません。 [等高線ペイント]を閉じるギャップを有効にして使用すると、閉じた領域を完全に埋めるのではなく、「閉じたギャップ」を作成することがありました。






--------------------
カラーマージン
--------------------
  
カラーマージンは、ある色と別の色の違い、および2つ以上の色を同じと見なすかどうかを決定します。

これらのパープルのバージョンがどのように異なっており、個々の色であることがわかります。プログラムも同様です。ただし、設定によっては、プログラムで次のような同じ色が表示される場合があります。

またはこのように:

ツールはこれを考慮して、色がグラデーションの一部であるかどうかを判断します。

これを説明するために、同じレイヤーに隣同士に描かれた3つの円を示します。等高線ペイントは、各バージョンの左上の円でのみ使用され、色の余白はその下の数字に設定されていました。

左端には、各色が個別に見えました。 20では、2つの暗い色が同じ色として見えました。最後に30で、すべてが同じ色として表示されました。

これは、[等高線ペイント]を使用するときに、SEPARATE色として登録されない類似の色を使用する場合に役立ちます。

*注:TWO COLOR NEIGHBORSルールは引き続き適用されます。この設定は、他に何がブレンドされるかではなく、定義された領域として見られるものを変更します。





-----------------------------------------
複数を参照
-----------------------------------------

これは非常に役立つ設定です。チュートリアルの前半で、参照レイヤーを使用してエリアを定義する方法について説明しました。これは、[等高線ペイント]を使用可能にする方法です。また、他のレイヤーを参照してグラデーションを作成する方法と場所を決定する方法でもあります。

すべてのレイヤー:すべてのレイヤーに描かれたすべてを考慮して、グラデーションを作成する場所または方法を決定します。

リファレンスレイヤー:これにより、リファレンスレイヤーを設定して、グラデーションの作成場所と方法を決定できます。これは、任意のレイヤーに何度でも変更できます。 (これは私が最もよく使うものです。)

選択されたレイヤー:これは、この設定が無効になっている場合と同じようです。これは、現在選択しているレイヤーに適用されます。これに気付いた場合は、常にツールが使用されるレイヤーになります。このオプションを使用する理由がわかりません。また、なぜ存在するのかわかりません。

フォルダーのフォルダー:ツールはフォルダー内の選択されたレイヤーに適用されますが、フォルダー内のその他のレイヤーは、影響を受けるレイヤーの下にあるかどうかに関係なく、表示されたままです。



フォルダー内のレイヤーの例を次に示します。

フォルダーに4つのレイヤーを作成しました。タッチカラーの各セットは、ピンク色と同様に、独自のレイヤー上にあります。

右上に2色(緑と紫)のレイヤーがツールのターゲットレイヤーです。このレイヤーは、フォルダー内の他の3つのレイヤーの上にもあります。

空のスペースで色付きの円の外側でツールを使用すると、次のようになります。

2つの円をそれらの定義された領域にブレンドします。これはたまたまキャンバス全体です。覚えていれば、他のすべての色はターゲットレイヤーの下のレイヤー上にあるため、グラデーションで覆われる必要があります。ではない。

代わりに、この設定によりグラデーションが作成され、フォルダー内の他のすべてがマスクアウトされます。以下の他のレイヤーをオフにすると、これが行われたことがわかります。

このツールは、フォルダー内の任意のレイヤーに描画されたものすべてに対して機能します。ただし、フォルダー内の他のレイヤー上のすべては、ターゲットレイヤーのDEFINED AREASと見なされます。他のレイヤーとのブレンドは作成されません。

-----

複数参照を考えるもう1つの方法は、定義済みの領域を作成する別の方法です。これらのオプションは、他に何が定義された領域であるかを指定するものであり、作成するグラデーションに他のものが溶け込むことはありません。





---------------------------------------
この色の充填を開始しないでください
---------------------------------------

もう1つの設定は、サブツールの詳細ウィンドウです。これにアクセスするには、[ツールプロパティ]ウィンドウの右下にあるレンチアイコンを押します。

新しいウィンドウで、左側の[参照]をクリックします。これが最後のオプションです。

このオプションをオンにすると、右側のボックスにある色でグラデーションが形成されなくなります。ただし、色が参照レイヤーと同じ色の場合にのみ適用されます。

色を設定するには、選択した色の正方形をクリックするか、矢印をクリックしてウィンドウを表示し、色を選択します。

-----
  

例:レイヤーを作成して緑で塗りつぶし、設定ウィンドウで[この色の塗りつぶしを開始しない]ボックスに同じ緑を塗りつぶします。

「複数参照」を「すべてのレイヤー」に設定するか、そのレイヤーを参照レイヤーとして設定します。

ここで新しいレイヤーを作成し、同じ緑色のマークと異なる色のマークを作成してから、[等高線ペイント]でそれらをブレンドしてみてください。

参照レイヤーの色でグラデーションが作成されないため、キャンバスは緑以外のマークの色で塗りつぶされます。





-----------------------------------------
接続されたピクセルのみに適用
-----------------------------------------

この設定はデフォルトでオンになっています。オフにすると、インスタンスの数や場所に関係なく、1つの色で[等高線ペイント]を使用できます。

同じレイヤー上にいくつかの青い円といくつかの異なる色の円を作成し、右上の青い円で[Contour Line Paint]を使用しました。

これは、このオプションがオン(デフォルト状態)の場合です。

オフの結果は次のとおりです。

*注意:どの青い円を選択しても、結果は同じです。





-----------------------------------------
コンターライン塗装の個人的な考え方
-----------------------------------------
 
私の意見では、このツールは線画を着色するのに理想的なようです。これは漫画に特化したプログラムにとって理にかなっています。あなたがイラストに線画を組み込むことを計画しているなら、これは試してみる価値のあるツールかもしれません。

生地の折り目など、形状が変化するグラデーションを作成すると、このツールが役立つ場合があります。

また、特定の照明を取得しようとするときに放射状のグラデーションを使用するのではなく、球体オブジェクトを色付けするときに時間を節約できます。

一般的に、[等高線ペイント]は、素早い簡単なグラデーションが必要な小さな領域に最適です。

 💡ヒント:等高線ペイントで花を着色する

このすべての情報をまとめて、何かに色を付けるときです!花を色付けしましょう。

異なる色のスタイルを示すために、2つの花に色を付けます。これらの例では両方とも線画を使用しますが、一方ではその下に色を付け、他方では線画をグラデーションにブレンドします。

まず、アンチエイリアスをオフにして、ペンまたはブラシで花を描きます。このレイヤーを複製して、各例に1つずつ追加します。

---------------------------------
カラーベニアスラインワーク
---------------------------------
  
1.花のラインワークを参照レイヤーとして設定します。

2.その直下に新しいレイヤーを作成します。

3.濃い色と明るい色の2色を選択します。

4.最下層で、アンチエイリアスをオンにせずにブラシを使用して、1つの色(最も暗い色)のドットを各花びらの内部の部分に適用します。その後、中心質量のエッジの周りに同じ色の円を描きます。

5.同じレイヤーで、各花びらのOUTERMOST部分に他の色のドットを追加し、次に花の中心に十分な大きさのドットを追加します。すべての花びらには両方の色が必要です。

6.等高線ペイントツールを選択し、同じレイヤーで各花びらまたは2色の間のスペースをタッチします。

----------------------
着色された線
----------------------
  
1. 2つの色を選択します。1つは他の色よりも明るくなければなりません。

2.花のラインワークレイヤーを選択し、[透明度のロック]ボタンを押します。

3.線画レイヤーを選択したまま、最も明るい色を選択し、メインメニューの近くにあるキャンバスの塗りボタンを押します。

花全体がその色になっているはずです。 (ラインワークレイヤーで[透明度のロック]がオンになっているため、このレイヤーで行う操作はすべて、ラインワークにのみ変更または適用されます。)

4.ブラシ(アンチエイリアスオフ)を選択し、DARKERカラーを使用して雌しべ(花の中央の円)に色を付けます。

5.下に新しいレイヤーを作成し、このレイヤーで、すべての花びらの最も内側の部分に暗い色のスポットを追加します。明るい色を選択し、中央に適切なサイズのスポットを作成します。

6.線画レイヤーを選択し、下のレイヤーと結合します。

7.等高線ペイントツールを使用して、2つの色の間の各花びら/スペースをタッチします。

2番目の方法を使用して、図の中の花に色を付けます。

最終イラスト

グラデーション、グラデーションマップ、および等高線ペイントを使用したこれらの手法はすべて、イラストをより魅力的なものに磨き上げるのに役立ちました。

以下は、チュートリアルから追加されたものを含む図のさまざまなバージョンです。

以下は、グラデーションを使用して線画がどのように見えるかを確認できるように、図を簡略化したバージョンです。

グラデーションを使用すると、色付きの図がどのように見えるかを次に示します。

微妙なグラデーションを備えた別のカラーバージョンは、アートワークに大きな影響を及ぼします。

----------------------------
読んでくれてありがとう!
----------------------------
 
これがグラデーションに慣れていない人、またはそれらに関する追加情報を見つけることに興味がある人に役立つことを願っています!絵を描いたり探索したりしてください!

-サラシア

https://salacia.tumblr.com/

コメント

関連する記事

新着

公式 新着