素材集をASSETSに公開する

10,607 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIOでは、自分で作ったブラシ素材や3Dの素材を、CLIP STUDIO ASSETS(素材をさがす)に公開できます。

ここでは、複数の素材をまとめて公開できる素材集の機能を説明します。


【POINT】

単独の素材を公開する方法については、詳しくは次の項目を参照してください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/536


素材集とは?

作成した複数の素材を1つにまとめて、CLIP STUDIO ASSETSに公開するための機能です。

素材集の作成は、新規の素材集を作成し、その中に素材を追加していきます。

▲素材集の例


[1]データを準備する

素材集を作るには以下のデータが必要です。あらかじめ準備しておきましょう。



■素材データ


CLIP STUDIOシリーズの自作素材(オリジナル素材)のデータを用意します。素材集に追加できる素材数は、最大200個までです。

素材データの作り方は、次の項目を参照してください。

「素材をつくろう!」

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/series/7

「 3D素材セットアップ講座」

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/series/89


・アップロード時のファイル容量の上限は、2GBまでです。素材数が200個以内でも、2GBを超えている場合、アップロードできないことがあります。

・3D素材(キャラクター/オブジェクト)の追加は合計5個までです。素材集に3D素材を5個追加しても、その他の種類の素材は容量制限の2GBまで追加できます。


【POINT】

素材集に追加する素材の情報は、素材集を作成する前にあらかじめ設定しておきましょう。素材集に素材を追加すると、各素材に設定している情報を引き継げます。



■サムネイル画像


素材集のサムネイルを設定できます。素材集の内容が伝わりやすいサムネイルを設定しましょう。未設定の場合はNoimage画像が表示されます。

サムネイル画像に使用できるファイルは、次の通りです。


・ファイル形式:JPEG

・サイズ:240×240pixel(固定)

・ファイル容量:1MB以内


[2]新規素材集を作成する

CLIP STUDIOを使用して、素材集を作成します。CLIP STUDIOの[素材管理]をクリックします。


素材集リストから[新規素材集]をクリックします。


[新規作成]ダイアログが表示されたら、素材集名を入力して[OK]をクリックします。


素材集リストに新規素材集が作成されます。


[3] 素材集に素材を追加する

ツリー表示から、素材集に追加する素材が格納されているフォルダーを選択します。

素材集に追加したい素材を、素材集リストの素材集にドラッグ&ドロップします。


素材集リストから、素材集のタイトルをクリックします。素材集の内容が表示されたら、追加した素材が表示されていることを確認します。


【POINT】

素材集に追加した素材は、素材集に追加されたものとして複製されます。その場合、素材のタイトルは「素材集のタイトル_素材名」になります。

複製された素材は、単独の素材として公開や別の素材集に追加できません。

素材集へ追加した元の素材は、単独の素材として公開することも、別の素材集に追加することもできます。


[4] 素材集の情報を設定する

素材集の情報を設定します。[タイトル]・[サムネイル]・[解説・使用例]・[カテゴリ]のほか、素材の表示順序を設定できます。


編集したい素材集を選択し、[管理]をクリックします。


[ASSETSへ公開する]をクリックすると、素材集の情報を設定する画面が表示されます。必要な項目を入力します。


素材集の場合は、通常の素材公開で設定する項目のほかに、[素材の設定]が追加されています。

素材を表示する順序を入れ替えたり、素材をカテゴリに分けたりできます。


【POINT】

[タイトル]・[サムネイル]・[紹介文]・[タグ]・[解説・使用例]は、通常の素材を公開する場合と同様に設定できます。詳しくは次の項目を参照してください。

ASSETSに素材を公開する手順【Windows/macOS】

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/536



■素材の表示順序を入れ替える


素材のサムネイルの下にある、矢印のボタンをクリックします。矢印の向きに素材が移動します。



■カテゴリを設定する

素材集の素材が多い場合、カテゴリに分けておくと便利です。

カテゴリ名を設定するには、[カテゴリ名]にカテゴリの名称を入力します。


カテゴリを追加するには、[カテゴリ追加]をクリックします。


別のカテゴリに素材を移動するには、素材のサムネイルの下にある[カテゴリ移動]をクリックし、移動先のカテゴリを選択します。


【POINT】

カテゴリは最大49まで追加できます。それ以上は追加できません。



■素材を削除する


素材集から素材を削除するには、素材のサムネイルの下にある[削除]をクリックします。

素材を削除した場合、素材集用に複製された素材も削除されます。

素材の削除は、[一時保存]をクリックするか、素材の仮アップロードを行うと、確定します。そのまま設定画面を閉じた場合は、削除した素材が残ったままになります。


[5]公開情報の設定・仮アップロード

素材集の情報を設定後、公開に進む場合は、[続けて公開情報を設定]をクリックします。


【POINT】仮アップロードを行う前に

仮アップロードを行うと、素材の削除やカテゴリの変更ができなくなります。

引き続き素材の設定を行う場合は、[一時保存]をクリックして設定内容を保存したあと、CLIP STUDIOを閉じてください。

作業を再開するには、素材集リストから素材集のタイトルをクリックし、[管理]→[ASSETSへ公開する]の順にクリックします。


その後の流れは、通常の素材の公開と同じ手順です。詳しくは次の項目を参照してください。

ASSETSに素材を公開する手順【Windows/macOS】

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/536

コメント

関連する記事

新着

公式 新着