2.タイムシート情報のインポート/エクスポート

7,341 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

*この記事は日本語です。 日本語以外のサイトでは、機械翻訳されています。

CLIP STUDIOのタイムライン情報、東映アニメーション デジタルタイムシート(以下、デジタルタイムシート)のタイムシート情報に互換性を持たせます。

[1]CLIP STUDIOからデジタルタイムシートへ

CLIP STUDIOのタイムライン情報をデジタルタイムシートへ読み込みます。


①コマンドを選択する

[ファイル(F)]→[アニメーション書き出し(Y)]→[タイムシート情報(C)...]を選択します。



②xdtsファイルを保存する

タイムライン情報をエクスプローラー上の任意の場所にxdtsファイルとして保存します。



③デジタルタイムシートを起動しコマンドを選択する

[ファイル(F)]→[インポート]→[タイムシート情報(xdts)]を選択します。



④xdtsファイルを読み込む

②で出力したxdtsファイルを読み込みます。



⑤インポート結果を確認

タイムライン情報が正しく東映アニメーションデジタルタイムシートにインポートされているか確認してください。

[2]デジタルタイムシートからCLIP STUDIOへ

デジタルタイムシートのシート情報をCLIP STUDIOのタイムライン情報へ読み込みます。


①デジタルタイムシートでコマンドを選択する
[ファイル(F)]→[エクスポート]→[タイムシート情報(xdts)]を選択します。



②xdtsファイルを保存する
タイムシート情報をエクスプローラー上の任意の場所にxdtsファイルとして保存します。



③CLIP STUDIOでコマンドを選択する

[ファイル(F)]→[読み込み(I)]→[タイムシート情報(T)...]を選択します。



④xdtsファイルを読み込む

②で出力したxdtsファイルを読み込みます。



⑤インポート結果を確認

タイムシート情報が正しくCLIP STUDIOにインポートされているか確認してください。

[3]タイムシート情報の自動更新(デジタルタイムシートからCLIP STUDIOへ)

デジタルタイムシートで行ったタイムシート情報の編集結果を自動的にCLIP STUDIOのタイムラインへ反映させます。
※すでに一度「.xdtsファイル」を共有していることが前提です。


①デジタルタイムシートでコマンドを選択する

[Clio Studio(C)]→[CLIP STUDIO PAINTにタイムシート情報を適用]を選択します。(更新情報がCLIP STUDIOに送信されます)



②CLIP STUDIOで結果を確認

CLIP STUDIOをアクティブにするとタイムシート情報が更新されているので、内容を確認してください。


【POINT】
CLIP STUDIOのタイムラインにタイムシート情報が反映されない場合は、[アニメーション]メニュー→[タイムライン]→[東映アニメーションデジタルタイムシートの編集結果を読み込む]を実行してください。

[4]タイムシート情報の自動更新(CLIP STUDIOからデジタルタイムシートへ)

CLIP STUDIOのタイムラインで行ったタイムシート情報の編集結果をデジタルタイムシートへ自動的に反映させます。
※すでに一度「.xdtsファイル」を共有していることが前提です。


①CLIP STUDIOでコマンドを選択する

[アニメーション(A)]→[タイムライン(M)]→[東映アニメーション デジタルタイムシートにタイムシート情報を適用(X)...]を選択します。
(更新情報がデジタルタイムシートに送信されます)



②デジタルタイムシートで結果を確認

デジタルタイムシートのタイムシート情報が更新されているので、内容を確認してください。

[5]補足 タイムシート情報を共有後に新規セル(レイヤー)を追加、または削除した場合

タイムシート情報(.xdtsファイル)を一度でも共有したあとにCLIP STUDIOあるいはデジタルタイムシートでセル(レイヤー)を追加または削除したときの挙動について紹介します。


①CLIP STUDIO上でレイヤーを追加した場合



②デジタルタイムシート上でレイヤーを追加した場合

CLIP STUDIO上では一番上に追加されます(Action欄→Sound欄→CAM欄の優先順です)

コメント

関連する記事

新着

公式 新着