3.デジタルタイムシート機能紹介

5,058 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

*この記事は日本語です。 日本語以外のサイトでは、機械翻訳されています。

デジタルタイムシートのその他機能を紹介します。

[1]尺伸ばし/中抜き

任意の場所を中抜き/尺伸ばしするときの方法を紹介します。


①すべてのセル(レイヤー)を一括で尺伸ばし/中抜きする場合

任意の範囲を選択して[右クリック]→[全レイヤーにコマ挿入]を選択します。  ※中抜きする場合は[全レイヤーのコマ削除]を選択します。



②一部のセル(レイヤー)のみを一括で尺伸ばし/中抜きする場合

任意の範囲を選択して[右クリック]→[コマ挿入]を選択します。  ※中抜きする場合は[コマ削除]を選択します。

[2]セル(レイヤー)の移動

設定されたタイミングの部分をずらす際の方法を紹介します。


■任意の範囲をずらす

任意の範囲を選択して[右クリック]→任意の場所に右ドラッグ&ドロップします。

[3]ダミーコマの表示

先頭/末尾にあるダミーコマを表示する際の方法を紹介します。


①コマンドを選択

[表示(D)]→[先頭ダミーコマ表示]にチェックします。



②表示

先頭に1秒分のダミーコマが表示されます。

[4]簡易コンテ動画の作成

簡易的なコンテ撮ムービーを書き出す際の方法を紹介します。


①コマンドを選択する

必要なシート情報を入力し、[ツール(T)]→[簡易コンテ動画作成]を選択します。



②画像を選択

コンテ撮に使用する画像を選択します。 各セル欄の名前と同じヘッダ名のファイルが選択されます。  
※画像ファイル命名規則 <ヘッダ(セル)名>.<0埋め4桁の原画番号>.jpg   例)A.0001.jpg
※※ Aセル・Bセルなど同タイミングでセルが重なる場合乗算で出力されます。



③ムービーを書き出す

ムービーを書き出す場所を選択して[保存]を押します。→「コンテ動画作成設定」のウィンドウが出現します。



④セリフボールドの色と位置を選択

「コンテ動画作成設定」でセリフボールドの色と位置を選択→[OK]を押すかEnterを押します。→③で指定した場所にコンテ撮ムービーが書き出されます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着