定規で拳銃を描く

642 view

こんにちは! EatenRibs、ここに!
CSPのみを使用してこのハンドガンを描いた方法を紹介します!
始める前に。通常、無料の3Dモデルを見つけ、配置した後、その上にトレースします。しかし、適切な3Dモデルが見つからない、または作成できない場合は、このチュートリアルが最適です。

1.必要な武器の参照が必要です。サイドビューと3/4ビューで十分です。

2.デフォルトでCSPに付属しているハンドガンの3Dモデルを見つけて、最終的な図面で想定している同じ角度に配置します。

3. 3Dモデルでレイヤーを複製します。次に、新しいレイヤーを再配置します。 3Dレイヤーのグードは残ります。それらを使用して描画します。

キーボードの[削除]を押してレイヤーをクリアします。

4. [線]オプションで[四角形]ツールを選択します。銃の基本形をスケッチします。長方形が定規にスナップします。

5.ラインがスナップしない場合。 [表示]に移動し、[定規にスナップ]および[特別定規にスナップ]をオンにします。

6.特にこの場合。比率はかなり異なり、トリガーは大砲に非常に近いため、描画を開始する前に、3Dモデルを所定の位置に移動します。これにより、パースペクティブは正確なままになります。

これで、トリガーとグリップを引き続き描画できます。

7.グリップはまっすぐで傾いているため、3Dモデルとは異なり、新しい定規を追加します。ルーラーパネルに到達するまでUを押し、特別なルーラーを選択します。キャノンラインと比較して約45°です。銃の上隅に触れるように設定します。

重要!毎回使用していない定規を非表示にします。

8.銃の基本的な形状をすべて描画します。これらのボックスを使用して、すべての曲線の詳細を追加します。

このための新しいレイヤーを作成し、下のレイヤーの不透明度を変更します。

9.すべてを再描画する必要はありません。以前に指定したことがないもののみ。

終了すると、次の画像のようになります。

10.次に、新しいフォルダに図面を複製します。まだマージせずにクリーニングしてください!

終了したら、それらを1つの透明なレイヤーに自由に結合してください。楽しい部分が先です!

最終ラインアート

11.次に、ベクターレイヤーを使用して、ラインアートを一度作成します。筆圧や太さを変更するオプションなしでポリラインとGpenを使用することをお勧めします。

時間を節約するために、実際の銃の詳細を省略することにしました。ただし、必要に応じて詳細を追加できます。

完了するのに約1時間かかりました。このチュートリアルがお役に立てば幸いです。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着