Clip Studio Paintのハンドレタリング

700 view

1.新しいプロジェクトを作成する

新しいプロジェクトを作成することから始めます。この作品は1080x1080単位(px)で、Instagramの投稿の標準サイズです。ベクターレイヤーを使用する場合でも、Clip Studio Paintのベクターラインは対応するラスターに従って表示されるため、ピクセル化を避けるために高解像度(300)を設定する必要があります。

2.グリッドを表示

[表示]> [グリッド]に移動すると、アートボードにグリッドが表示されます。これにより、文字のサイズを視覚的に測定できます。

グリッドのサイズを編集する場合は、[表示]> [グリッド設定...]に移動します。

この作品では、ギャップサイズを100ピクセルのデフォルト設定のままにします。また、分割数を4に設定します。

3.背景色を設定する

背景色を設定するには、左下のアイコンをクリックしてカラーピッカーから選択し、目的の色を選択します。次に、上部のナビゲーションバーでペイントバケットツールを選択し、アートボード上の任意の場所をクリックします。これにより、アートボード全体がペイントされます。

4.定規の設定

x-heightと呼ばれる小文字の高さを決定するために、ルーラーを設定する必要があります。また、大文字、ディセンダー(文字「y」のようにx-heightの下にぶら下がっている文字)、アセンダー(x-heightの上にぶら下がっている文字)の高さのルーラーを設定することもできます。文字「h」)。

[表示]> [ルーラー]に移動すると、ワークスペースの上部および左側の境界線に沿ってルーラーが表示されます。

ただし、背景が暗いため、ルーラーの色を変更して、ルーラーを表示できるようにする必要があります。これを行うには、[ファイル]> [設定...]に移動し、[設定]パネルで[ルーラーの色]を選択してスナップし、新しい色を選択します。

次に、水平線の場合はガイドラインを上定規から下にドラッグし、垂直線の場合は左定規からガイドラインを外にドラッグします。選択した色で表示されます。ここでは、暗い背景に対して目立つように黄色を選択しました。

5.ラスターレイヤーのラフスケッチ

書き始めましょう! [レイヤー]パネルから[新規ラスターレイヤー]アイコンを選択します。新しいレイヤーはレイヤー2として表示されます。

ペンツールを使用して、ガイドライン内の手レタリングを大まかに示します。

6.不透明度を下げる

レイヤーパネルの左上のバーを100から25にスライドします。これにより、レイヤー2のアートワークの不透明度が25%に下がります。

7.ベクターレイヤーにアウトラインを描画する

ハンドレタリングとグラフィックデザインでは、アートワークのサイズを変更するときに品質を維持するためにベクターレイヤーで作業するのが最適です。

[レイヤー]パネルから、[新しいベクターレイヤー]アイコンを選択してベクターレイヤーを作成します(レイヤー3として表示されます)。このレイヤーで作成されたすべてのアートワークはベクトルになります。

次に、ペンツールを使用して、元のスケッチの端にアウトラインを描画します。

アウトラインを配置した後、グリッド、ルーラー、ラフスケッチを非表示にできます。 [表示]> [グリッド]に移動し、[グリッド]をオフにします。次に、レイヤーパネルから、レイヤー2とガイドレイヤーの目玉アイコンをオフにして非表示にします。

これで、手紙の概要が残りました。次の手順では、これらの行をクリーンアップします。

8.正しい線幅

サイドナビゲーションバーから[正しい行]アイコンを選択し、サブツールパネルを開きます。ここから、正しい線幅ツールを選択できます。 [幅を固定]を選択し、[行全体を処理する]をオンにし、特定の線の太さ(3.5を選択)を入力すると、このツールを使用してイラスト全体を3.5に変更できます。

左の画像では、線の幅が変化しています。右側では、正しい線幅ツールを使用して、線が同じ幅になるように修正されています。

9. Vector Eraserで浮遊線をきれいにする

次に、左側のナビゲーションバーから消しゴムツールを選択して、重複する行をクリーンアップします。 Sub Toolパネルから、Vector Eraserを使用します。

ツールのプロパティでは、触れたものをすべて消去するか、交差点まで消去するか、線全体を消去するかを選択できます。交差点まで消去を選択します。これは、重複する行を削除するのに役立ちます。

左の画像では、線が重なっています。右側では、これらの余分な行はベクター消しゴムを使用して削除されています。

10.詳細の追加

必要に応じて、レタリングを描いたのと同じ方法で、グラフィックに小さな装飾を追加できます。ここに、小都市のイラストを追加しました。

11.色を追加

ペイントバケットツールを使用したカラーリングは、ラスターレイヤーで行う必要があります。そのため、新しいラスターレイヤー(レイヤー4)を作成し、アウトラインレイヤー(レイヤー3)の下にドラッグします。

サイドナビゲーションバーにある塗りつぶしツールを使用します。サブツールパネルから、他のレイヤーを参照を選択します。シェイプを塗りつぶすと、すべてのレイヤーが参照されます。

これで、希望の色で文字を埋めることができます。

12.余分な行にルーラーツールを使用する

最後のステップでは、アートワークから押し出している直線を追加して、光線の外観を作成します。行が直線であることを確認するために、サイドナビゲーションバーからルーラーツールを選択します。サブツールパネルで、特別なルーラーを選択します。

[ツールプロパティ]で、[放射状の線]を選択します。

放射状の定規をアートボードの中央に配置します。

このレイヤーに線を描画すると、放射状のルーラーに自動的にスナップされます。これにより、光線を簡単に作成できます。

ファイルを保存すると、ルーラーは表示されなくなります。最終的な図を下に示します。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着