アニメーションの5つの時間節約のヒント

12,855 view
https://youtu.be/6s22SLsJ11o

こんにちは、

「アニメーションの5つの時間節約のヒント」へようこそ。このチュートリアルでは、Clip Studio Paintを使用してアニメーションを作成する際に角を切って時間を節約するために開発したいくつかの方法を見ていきます。これはClip Studio Paintのアニメーションの補足知識であり、初心者向けのハウツーやアニメーションチュートリアルではありません。つまり、Clip Studio Paintでのアニメーションやアニメーションの絶対的な基本を説明することはしませんが、プログラムでアニメーション化するより効率的な方法をよりよく理解できることを願っています。リストの最後までに、このソフトウェアで利用できるより強力なツールのいくつかのより良いアイデアがあり、おそらくここに示されているものに基づいて独自のワークフロー習慣を考え出すことを望みます。始めましょう!

1.複数のレイヤーを持つ単一フレームの移動:

これはおなじみのように聞こえます。ドラフトは見た目がいいと思うので、アートワークにインクを塗り始め、色をつけることさえできるかもしれませんが、フレームまたは複数のフレームで場所がずれていることに気づき、今すぐ必要になりますこの問題を解決するために、2〜3、おそらく4の異なるアニメーションフォルダーを移動します。

この問題を解決するために、これらのフレームを個別にレイヤーごとに移動し、それらを整列させようとすると、非常に苦痛に聞こえます。最初に、そのフレームでアクティブなすべてのレイヤーを選択して移動したり、タイムライン上のセルリストをスライドさせたりすることを考えるかもしれませんが、これに対するはるかに簡単な解決策を見つけました。

まず、操作ツールを選択します。デフォルトでは、操作ツールは選択されたレイヤーを処理するオブジェクトモードに設定されます。サブツールパレットで[レイヤーの選択]を選択すると、ボックスで選択されているレイヤーを移動できます。

また、左側のサブツールパネルメニューに表示される選択を無視します。

したがって、たとえば、この完全に色付けされた文字を移動する必要がある場合は、不要なレイヤー(背景など)をロックし、必要な領域をクリックしてドラッグしてボックス内で選択し、必要な調整を行います。

後で必要な厄介な小さな調整に非常に便利です!

2.参照用のライトテーブルの使用

Clip Studioのアニメーションツールを最初に使用したときによく見落としていたツールの1つは、非常に便利なライトテーブルでした。 Clip Studioやその他のアニメーションソフトウェアでアニメーションを作成するのにある程度の時間を費やしているのであれば、タイムライン上の現在の位置の前後にいくつかのセルを表示できるオニオンスキン機能をご存じでしょう。

Light Tableは、より用途の広いタマネギの皮です。ライトテーブルでは、オニオンスキンのように線形で時系列にセルを表示する代わりに、キャンバス単位または個々のセル単位で表示されるセルを決定できます。アニメーションのドラフトまたはファイナライズ中にモデルを維持するのに最適な方法です。ライトテーブルにアクセスするには、[ウィンドウ]> [アニメーションセル]に移動して、それぞれのツールパネルを開きます。

ここで、ライトテーブルのオンとオフを切り替え、キャンバス上のすべてのセルに対してアクティブにするか、単一のセルに対してアクティブにするかを決定できます。ドキュメントからファイルを直接ライトテーブルに読み込んで使用できます。

また、現在のセルや登録したいセルを登録して、任意の数のセルをドラッグアンドドロップしてレジストリに直接参照することもできます。登録した画像の不透明度を個別に決定したり、一度にすべてを変更したりできます。

また、登録画像の色を変更して、オニオンスキンと同様に、それらをより簡単に区別することができます。

これをどのように使用できるかを説明します。たとえば、ここに新しいアニメーションループの開始点があり、描画しているキャラクターが正確であることを確認したいです。ライトテーブルを有効にし、この最初のキーフレームをキャンバス全体に登録します。

今、私は彼女の微妙な動きをドラフトし始めているので、作業中にキーフレーム参照をバックグラウンドで持っています。不透明度を簡単に操作したり、不要になったライトテーブルを無効にしたりできます。

3.微調整のためのフレームの複製

アニメーション中の一般的なシナリオは、特に直進、ドラフト、または火や風などの特殊FXのアニメーションの場合、前の図面を少し調整します。

このチュートリアルのバージョン1.9.3の作成時点では、「セル/フレームの複製」機能は提供されていません。ただし、複製レイヤー機能があります。ただし、キーボードバウンドではないため、ショートカットキーの設定を編集して、この機能を最大限に活用する必要があります。キーバインドヘッドを編集するには、[ファイル]> [ショートカット設定]を選択します。

設定エリアがメインメニューに設定されていることを確認してから、レイヤー階層を開き、レイヤーの複製を見つけます。編集ショートカットを押すと、この機能に使用するキーバインドを決定できます。

私はAlt + Dに設定しました。ショートカットキーを設定したので、その仕組みを見てみましょう。

これを実行するには、複製するタイムラインでセルを選択します。これにより、レイヤーパレットで対応するレイヤーが自動的に選択されます(最初にレイヤーが選択されていない場合は、レイヤーフォルダーを展開して、内部のすべてのレイヤーを確認します適切なアニメーションフォルダー);次に、Duplicate Layer(この場合はAlt + D)のショートカットを押します。

Clip Studio Paintはレイヤーパネルでそのフレームのレイヤーを複製しているので、タイムラインを右クリックして、そのレイヤーを必要なタイムラインに登録できます。

これは完全な解決策ではありませんが、適切な機能が与えられるまで私が見つけた最善の回避策です。

4.カラーピッキングおよびリファレンスのサブビュー

他のほとんどのペイントプログラムでは、参照またはカラーピッキングに画像を使用する場合、通常、画像を開く、ウィンドウをドッキング解除して脇に置く、2つの異なる画面間を行き来する手順を実行します。参照およびカラーピッキング用のキャンバス。または、画像をドキュメントにロードし、追加レイヤーとして使用します。

Clip Studio Paintには、Sub Viewパレットでこれに対するエレガントなソリューションがあります。このパネルを開くには、[ウィンドウ]> [サブビュー]をクリックします(デフォルトのワークスペースを使用している場合、サブビューは右上の[ナビゲータ]パネルの横にタブで表示されます。簡単にアクセスできます)。

サブビューを使用すると、画像を読み込んですばやく色を選択したり、単に参照として保持したりできます。かなり簡単です。カラーピッキングをすばやく活用するには、パネル設定で[スポイトツールに自動的に切り替える]を有効にします。

別のドキュメントにカラーパレットを作成し、カラーリングプロセスのためにそれらをサブビューに読み込むのが好きです。これは、最終的なアニメーションを着色する際の時間を大幅に節約します!

5.タイムラインとレイヤー構成:ベストプラクティス

Clip Studio Paintはアニメーションを処理する方法のため(レイヤーは、タイムラインに登録するアニメーションフォルダーに保持されるセルです)、グループ、アニメーションフォルダー、および後続のレイヤー(必要な場合)に正しく名前を付けることをお勧めします。アニメーションについて考えるための一般的な階層は次のようになります:グループ>アニメーションフォルダー>レイヤー。

レイヤーパネルで整理することで、タイムラインで整理することができます。ラベルを付け忘れたり、どこに行くのかを追跡し忘れたりすると、より複雑なアニメーションが手に負えない場合があります。表示しているアニメーションでは、髪/ビーニーを1つのアニメーションフォルダー(タイムライン上の1つのレイヤートラックとしてカウント)に分離し、顔を独自のものに分離し、手が分離され、体が最後になりました。

プロジェクトの終了までに新しいレイヤーの複製または作成の命名規則が不明確になった場合、Clip Studioにはタイムラインメニューに、タイムラインに登録された順序、またはレイヤーパネルの順序ですべての名前を変更する機能があります。

タイムラインメニュー> [トラックの編集]> [タイムラインの順に名前を変更] / [レイヤーの順に名前を変更]に移動します。これは、レイヤーをクリーンアップし、整理された状態を保つのに非常に役立ちます。

再編成するタイムライン上のもう1つの便利な機能は、セルのバッチ指定です。タイムラインメニュー> [トラックの編集]> [セルのバッチ指定]を使用すると、指定した順序で任意の数のセルを設定できます(注:この機能を使用するには、アニメーションフォルダーを選択する必要があります。グループまたは通常のレイヤーは指定できません)。

これは、参照アニメーションのインポート、一連のセルの繰り返し、または一連のセルの継続時間の変更に役立ちます。タイムラインの名前変更とバッチ指定セルの両方を組み合わせて使用して、アニメーションを逆に設定したり、アクションをループしたり、タイミングを1秒から2秒に変更したりできます。 [セルのバッチ指定]パネルで、[既存のアニメーションセルの名前を指定]を選択し、繰り返しまたはループするセルを選択します。

フレームの数は、フレームの総数ではなく、各セルに与えられるフレームの数を決定します。たとえば、3に設定すると、すべてのセルに3つのフレームが含まれます。開始セルで最後のフレームを選択し、終了セルで最初のフレームを選択することで、アニメーションを逆に設定できます。

整理整頓を維持することで、アニメーションプロセス全体でスムーズに移動できます!
チュートリアルをご覧いただきありがとうございます! Clip Studio Paintでのアニメーションは系統的なプロセスであるため、アニメーションの計画、レイヤーの整理、およびツールの知識が非常に重要です。これが、その過程で時間を節約し、時間を節約するためのいくつかの方法の良い紹介になることを願っています!

乾杯してアニメーションを楽しんでください!

トリプレハズ

コメント

関連する記事

新着

公式 新着