ヒューマノイドロボット

300 view

こんにちは、ナディアです!
このチュートリアルでは、ヒューマノイドロボットを作成する方法を紹介します。
2点の視点で描きます。遠近法がわからない場合は、まずこれを読んでください。遠近法の基本です^^

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3666

関節

まず、ロボットがどのように動くかを考える必要があります。
人体には6種類の滑膜関節がありますが、ロボットを描くために必要なのは3種類だけで、次のとおりです。

1.ヒンジジョイント、肘と膝用(デザインによっては、手首と足首にも問題ない場合があります^^)

2.頭(手首と足首)のピボットジョイント

3.肩と股関節の球関節(はい、ここでも手首と足首^^)

(もちろん、必要に応じて、サドル、プレーン、顆状関節などの他の関節を追加することもできます。私にとっては簡単なので、これら3つを作成しました^^)

これは、メカニカルジョイントを設計する方法に関する非常に一般的な方法です。

ご覧のとおり、非常にシンプルに見えます。彼らがどのように動くことができるかを知るためだけです。頭に浮かんだら、3Dのように想像できるので、いろいろなポーズで描いてみてください。後でロボットを描きやすくなります^^
1.ヒンジ、それは通常のヒンジのようで、それを作成するために詳細とさまざまな形状を追加する必要があります
2.ピボット、それは完全に回転できる単純なシリンダーです。例のように、または2つのパーツで作成されているか、シリンダー内のシリンダーのみで作成されている場合に描画しました(最もよく使用されます^^)
3.ボールとソケット、それは腕や脚を追加するためのシリンダーなどが取り付けられたボールです!

通常、ひじとひざの場合は、ヒンジとピボットを組み合わせて使用するため、曲げたり回転したりできます。
しかし、それはすべての関節に「球関節」を使用することができます、それはあなたとあなたが好むもの次第です!
より多くのヒンジを使用すると、異なる曲げが可能になります(したがって、必要に応じて、実際には肘のピボットジョイントは必要ありません^^)

設計

それらはヒューマノイドベースであるため、このロボットはベースとして次の形状をしています。

しかし、すべてにこれと同じ形をする必要はありません!好きなように形を変えてください、あなたは無限の可能性を持っています!

ロボットを設計する前に、さまざまな形状を作成してみてください。たくさんのアイデアが得られます。

ロボットを描くことは、人間を描くよりも簡単です。なぜなら、形を誇張することができ、それは常に素晴らしいからです! ^^
たとえば、腕と脚の組み合わせが異なります。
あなたは4つの形で腕を考えることができます:
肩、腕、前腕、手
脚も:
ヒップ、脚、ふくらはぎ、足

腕(または脚)の例を次に示します。

1.肩
2.アーム
3.前腕
4.手足

ただし、この例は脚のパーツと考えることもできます。

1.ヒップ
2.脚
3.ふくらはぎ
4.足

ご覧のとおり、これはほんの一例であり、サイズを自由に変更できると考えてください。そのため、組み合わせは無限にあります^^

しかし、これだけではありません!気に入った組み合わせが見つかったら、すべてのパーツの作り方を選べます!それが円筒形である場合、または異なる形状などで接続されている平行六面体またはより多くの部品である場合:

そして、これを決定したら、詳細を追加するだけです^^

詳細を追加するために、私は最初にロボットがいつどこに設置されるかについて考えます。
ファンタジー中世やスチームパンク、モダン、SFなどに設定されている場合。これを最初に考えると、その時代の参照を検索できるので、それらの素材やオブジェクトを使用してロボットを作成できます。

これは同じアームの例ですが、詳細が異なります。

1.スチームパンク
2.ヴィンテージ
3.サイエンスフィクション

ご覧のとおり、私はいくつかの部分をより詳細に行い、他の部分は単純にしました。これは70-30ルールによるものです。
これはキャラクターデザインに役立つルールです。つまり、すべての設計において、30%は詳細であり、70%は単純です。
この方法では、画像の焦点は30%の詳細になり、視聴者は単純な部分に目を「休める」ことができます^^
また、ほとんどの部分で1つの色を使用し、次に他の色でいくつかの部分を使用して、色に使用することもできます。

頭は同じです。あなたは2つの目、1つの鼻、1つの口で頭だけをする必要はありません。さまざまな形やディテールを作り、鼻と口のない2つの目、または1つの目、またはそれ以上の目を描きます。
丸い顔だけを作らないでください。円形、楕円形、平ら、正方形、三角形、六角形、押しつぶされた、伸ばされた、より多くのパーツでそれを作成してください!例:

ロボット設計

私は通常この方法を使用します:
-最初のスケッチ
-スケッチ
-インク
- 色

スケッチ

私はそれらを最初は金属片の集合体とは考えていません。ですから、最初のスケッチは機械的なものではありません。気分やポーズを見つけるために、いくつかの形を落書きします。今のところはっきりしていませんが、2点の視点で描いています。

(より詳細なロボットを作成するために、料理人、発明家、郵便配達員などの仕事のために作成されたかどうかを考えることができます...彼らは彼らのルーチン中に役立つ詳細を持っています^^)

これは速度の描画です(リアルタイムより10速い)が、ここで詳細にとどまらないことがわかります:

これはリアルタイムの描画です。描画するのに30〜40秒かかります。ゆったりとした姿勢を保つように心がけているので、ロボットに有機的な外観を与えます。これはSFのデザインに最適ですが、前にも言ったように、これらをベースとして使用しているので、必要に応じてスチームパンクにすることができます。 ^^

気に入ったスケッチを見つけたら、それを新しいレイヤーにコピーし、詳細を追加するために別のスケッチ用に新しいレイヤーを作成します。
私は2つのスケッチをしました。最初のスケッチでは、ベースをたどるとどうなるかを示したかったからです。

そして、これは私が線を描く間に形を変える場合に私がするスケッチです:

インク

スケッチのレイヤーの色を変更して、青になり、見やすくします。
インク用に別のレイヤーを作成します。

最初にフラットカラーを作成し、マスクを追加するフォルダーを作成します。
このように、私がラインから外れた場合、私はいつも消去する必要はありません^^

次に、フラットな灰色のベースを作成し、その上に「通常」に設定された新しいレイヤーを作成します。
このレイヤーでは、黒い影を追加します。後で「オーバーレイ」モードを使用して色がきれいに見えるようにするため、暗いように見えても問題ありません。 ^^

影を追加するときは、着色する形状と素材に注意してください。金属面にしたい場合は、プラスチック面とは異なります!脚や他の部分よりも不透明な前腕で行ったように、影を反映したものがすべてあるわけではありません。

フラットグレーレイヤーを非表示にし、シャドウレイヤーを「オーバーレイ」に設定します
私はそれを複製し(影が明るすぎるように見えたので)、不透明度を40%に下げました

次に、色の効果を追加します。

-「オーバーレイ」レイヤーを作成し、グラデーションツールを使用して(ソフトブラシを使用することもあります^^)、左上にオレンジ色のライトを少し追加しました。次に、レイヤーの不透明度を24%に下げました

-「乗算」で新しいレイヤーを作成し、脚に大きな柔らかい青い影を追加しました。次に、不透明度を54%に下げて、明るくしました。

-別の「オーバーレイ」レイヤーを作成し、オレンジとブルーを使用して、柔らかいブラシで他のライトを追加しました。不透明度レイヤーを25%に下げました

「ノーマル」で新しいレイヤーを作成し、鉛筆ブラシでリムライトを追加しました。
リムライトは、ロボットの輪郭を定義するため、ロボットをポップにするのに非常に役立ちます。

そして最後に、これらの薄緑色の反射光を追加するための「ソフトライト」レイヤーを作成しました。

そしてこれで終わりです! ^^

ノート

ここまで読んでくれてありがとう!お役に立てば幸いです^^

コメント

関連する記事

新着

公式 新着