写真だけじゃない「イラスト調」フィルター

822 view

はじめに

イラスト調フィルターについて簡単に解説します。

イラスト調フィルター

「フィルター」カテゴリ「効果」の中に「イラスト調」フィルターは属しています。

写真以外に使用する前に基本的な説明をします。

まず、この画像に使用するとどうなるか説明していきます。 
(※これはCLIPSTUDIOPAINT素材です。解説に使用可能とのことです。)

ラスターレイヤーにしか使用できないのでラスターレイヤーでない場合は
ラスタライズ(ラスターレイヤー化)してください。

「イラスト調」には、下図のように

「色と線」、「色のみ」、「線のみ」という大まかな種類が存在しています。


(スライダーはこのようになっています。)


「色と線」を選択し、プレビューで確認しながら
各スライダーを調節すると

このように変化しました。


「色のみ」


「線のみ」

線の色を変えたい場合は、元のレイヤーを複製しておき
「線のみ」のものと「色のみ」のものに分けて作業したほうがいいでしょう。


補足ですが「線のみ」を選択するとそのレイヤーは線の部分以外は透明になるようです。

写真以外に使用する

この「イラスト調」フィルターは写真以外にも使用できます。


たとえば、「銀杏葉」という名称の、初期で搭載されているブラシツールで
ただ描画してみるとこんなふうになるのですが、

イラスト調フィルターを使用すると、

多少アナログ感が出た気がします。

設定値次第で好みに合わせられます。


ブラシのほかにも、3D素材をラスタライズしたものにも便利です。

これが、

こんなふうに。

これも設定値次第ですが、ほんの少し
やわらかみがついたように。
遠目でわかりづらいかもしれませんが。


厚塗りのイラストにはなじみやすいかもしれません。

おわりに

フィルターを使用する前には「保存」をかけておいたほうが安全です。

では、ここまでおつきあいくださりありがとうございました。


大した内容ではなかったかもしれませんが
どなたかのお役に立てれば幸いです。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着