テクスチャを作ってブラシに使う方法

14,409

手札x

手札x

はじめに

ここではCLIPSTUDIOPAINTでおこなう「簡易的なテクスチャの作成とブラシへの活用」を紹介していきます。

「テクスチャ」とは?

「テクスチャ」とはいわゆる「質感」で、デジタルイラストの場合、塗りなどに深みを持たせてくれる要素です。例えばこんなものです。

動画

この動画の字幕で解説しています。字幕をオンにして視聴してください。

テクスチャを作ってみる

CLIPSTUDIOPAINT収録の素材を使用してもいいのですが、今回は簡易的に作成してみます。適度なサイズの「正方形のキャンバス」に表現色グレーのレイヤーを用意してください。その先の手順は動画のこの辺りからどうぞ(字幕オンでお願いします)。

ブラシの紙質に使用する想定で作成しているので「シームレスかつ透過」を目指しています。そして「画像素材レイヤー」なら、ブラシに設定する以外ではイラストに被せる形で使用する場合レイヤープロパティで「質感合成」が使用可能になるので乗算やオーバーレイで被せるのとは違った風合いが出せるはずです。

テクスチャをブラシに適用する

画像の赤枠で囲まれた部分を参照してください。

動画ではこの辺りからです(字幕オンでお願いします)。

テクスチャが設定されたブラシ

動画では事前にテクスチャを設定しておいたブラシの「描いた感じ」や設定についても触れています(設定は画面右のほうに表示されています。一時停止したほうが見やすいかもしれません)。

テクスチャの設定されたブラシ(というかペン)をモノクロ二値で使用する話もしています。

CLIPSTUDIOASSETSでこのTIPSの作者が配布しているテクスチャブラシです。

余談

今回の話はデジタルで完結するものでしたが、アナログ取り込みの場合方法は少し変わってくると思います。合った方法でお試しを…。

おわりに

ここまでおつきあいくださってありがとうございました。

どなたかのお役に立てたなら幸いです。

※いつも「いいね」をありがとうございます!※

いつも「いいね」をありがとうございます!

感謝しております!

コメント

新着

公式 新着