タテ読み漫画(Webtoon)の初歩の初歩

2,006 view

はじめに

ここでは、タテ読み漫画(Webtoon)について説明していきます。このページには動画も付属しているのでそちらもよろしくお願いします。

タテ読み漫画(Webtoon)

Webtoonとはスマートフォンで読まれることに特化した形式の漫画です。スマートフォンでスクロールして読みやすいように、「ページをめくる」というものがないタテに連なる画面構成になっています。紙ではなく画面で見ることを前提としているので、カラーであることが比較的多いです。

動画

字幕で解説しているので字幕オン推奨です。

https://youtu.be/u9dhwyFuF4M

CLIPSTUDIOPAINTで作ろう

Webtoonを制作する簡易的な説明をします。

まず、画面上部の「ファイル」の「新規」をクリックします。

(コマンドバーに「新規」アイコンがあればそれをクリックしても大丈夫です。)

すると新規キャンバス作成の設定画面が表示されるので、このプリセットを選んでみましょう 。

動画ではこの後「引き」と「寄り」で作業するための方法を解説しています。(その頃に合わせているのでここの動画は途中から始まります。字幕オン推奨。)

https://youtu.be/u9dhwyFuF4M?t=84

設定だけ紹介するとこんな感じです。

実際にスクロールしながら見ているような雰囲気が味わえる動画です。(同じく途中から始まります。)

https://youtu.be/u9dhwyFuF4M?t=233

形式を効果的に利用

当然ですがタテ読みでは上から順に「何がそこにあるか」が読み手にわかっていきます。そのため、ヨコ読みの紙の漫画とは演出方法が違います。
たとえば「おばあさんの顔から始まってスクロールしていくとその手には…毒リンゴ!」や「魚の尾ひれ…と思ったら海底に向かって泳ぐ人魚!」などをヨコ読みより効果的に演出できるかもしれません。

未開の領域

まだまだ未開の領域であると思われるWebtoonの世界ですが、漫画は隙間産業ともいえるのでイス取りゲームはもう始まっていそうです。

おわりに

ながながとおつきあいくださってありがとうございました。
どなたかのお役に立てたなら幸いです。
動画もよろしくお願いします。(こちらとは少し紹介の方向性が違うかもしれませんが…。)

※いつも「いいね」をありがとうございます!※

いつも「いいね」をありがとうございます!
感謝しております!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着