アーティスティックフィルターを使用して2色のブラシを作成する

556 view

芸術的なフィルターにより、線画を簡単に抽出できます

任意の画像の迅速かつ簡単なラインワークを作成するには、クリップスタジオ内で画像を開き、フィルター>エフェクト>アーティスティックに進みます。

このチュートリアルではラインワークのみが必要なので、「ラインのみ」プロセスを使用しています。

数秒で、描画に数分かかる可能性のあるきれいなラスタライズされたラインワークができました。

ラインワークの場合、ラインアンチエイリアシングを1に維持し、ラインの不透明度とライン密度を100に維持するのが好きです。これにより、鮮明で鮮明なラインが得られます。

線の太さとシンプルさは、写真に応じて実験するのに適しています。

ブラシを作る

まず、芸術的なフィルター処理されたラインワークを、モノクロの基本的な表現のカラーキャンバスに貼り付けます。ブラシを作成するためにモノクロキャンバスを使用する利点は、それを使用して2つのカラーブラシを作成できることです。

まず、紙の色をグレーに変更します。次に、画像の一部を黒く塗り、他の部分を白く塗ります。
クリップスタジオペイントのブラシが黒と白のピクセルで作成されている場合、黒のピクセルは原色で描画され、白のピクセルは二次色で描画されます。また、後で(ブラシが完成したときに)プライマリカラーとセカンダリカラーを任意の色に設定できます。

ここで線画をきれいにし、葉の内側を白にし、線画を黒に保ちました。

次に、各画像を切り取り、独自のキャンバスに分離します。それぞれの葉がそれ自身の素材になるようにしたいのです。

葉のレイヤーをクリックし、マテリアルの登録>画像に移動して、ブラシチップマテリアルにします。

「ブラシの先端形状に使用」をクリックしてください。マテリアルフォルダーに保存します。

サブツールの作成

デコレーションブラシを右クリックし(ビルトイン設定はマテリアルブラシを繰り返し使用するのに便利であるため)、複製サブツールをクリックします。複製されたサブツールを使用して、独自のブラシを作成しています。

緑色で強調表示されているサブツール設定アイコンをクリックします。

ブラシチップに移動して、元のブラシチップ画像を削除します。独自のブラシチップに交換してください。

これで、機能する装飾ブラシができました!

原色と二次色を変更することで、葉の両方の色を変更することもできます。

選択した色(黒)がメイン色です。これにより、アウトラインの色が作成されます。

メインカラーの下の色(オレンジ)の四角は、セカンダリカラーです。葉の体色を作ります。

もう一つの例:

このヒントを読んでくれてありがとう!
以下は完成したブラシです。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1758651

コメント

関連する記事

新着

公式 新着