自動着色-(イラストとアニメーション)

2,489 view

こんにちは、チェリーです!
今回は、イラストやアニメーションで使えるように、自動カラーリング機能の簡単な使い方をご紹介します。

自動着色-イラスト

私のキャンバスはA4サイズで、解像度は359 dpiです。
私はスケッチを作成してから、画線が定義された図面を作成しました。おそらく、すでに線画または着色したい線画を持っています。その場合、CSPでそれを開きます。


自動カラーリングを適用するには、ラインレイヤーの下にラスターレイヤーを作成する必要があります。

このラスターレイヤーで、必要な色でペイントします。 4色選べば上手くいきますが、もう少し選べば問題ありません。

次の図に示すように、明確な色の線を描くことをお勧めします。


自動機能を適用するには、最初にラインレイヤーを参照レイヤーとして設定する必要があります。

線画を参照レイヤーとして確立したら、イラストの色を選択したレイヤーに戻り、次の操作を実行します。

編集->色付け(技術プレビュー)->選択した色を適用(H)

そして準備ができました!

自動カラーリングを含む新しいレイヤーが生成されます。このレイヤーは、自動的にLineレイヤーの上に配置されます。私は個人的に、この新しいレイヤーを新しいフォルダーの下に置くことをお勧めしますが、それはあなたの好みと組織に依存します

ヒント/ヒント

あまり納得できない色付きの場所がある場合は、同じ着色レイヤーにペイントするか、新しいトップレイヤーを配置して、気に入らない、または納得しないものをすべて修正して修正できます。


トップレイヤーにいくつかのシャドウとハイライトを追加できます。
使用したシャドウレイヤーには「乗算」コンビネーションモードがあります
使用したライトレイヤーの組み合わせモードは「追加(明るさ)」です
影と光の両方を描くために、油絵の具「油絵」を使いました

ラインレイヤーは黒でしたが、黒で気に入らない場合は線の色を変更できます。たとえば、トップレイヤーを配置し、線とフォルダーの影にのみ影響するように調整しました。 「線」とパステルカラーを使用して、イラストの特定の部分をペイントしました。

下のレイヤーに置いたり描いたりしたものはすべて透明になる可能性があるため、主人公に背景を付ける必要があることに注意してください。
また、この背景をフォルダから外すことをお勧めします(ある場合)。

背景

一番下の行では、ミントブルーの色を選びました。
グリッドを作成し、スケール機能を使用して、モザイクで作られた床のように見せました。また、背景にドアと壁を模した線を描いた。

新しいレイヤーで、各モザイクの色が異なることを指摘して、異なる色でペイントしました。

自動カラーリングの利点は、選択したすべての色がイラストに表示されるため、それらを正しく組み合わせることができないことを心配する必要がないことです。

このパステルエフェクトを作成するために、レイヤーを次の順序で配置しました。
-ラインのライン。
-パステルピンクレイヤーと60%の不透明度のコンビネーションモード「ハードミックス」を使用し、下のレイヤーに調整。
-自動着色層。

追加として、色がより鮮やかに見えるように、カラーバランスを行うことをお勧めします。トーンカーブ、カラーバランス、彩度、明度などを支援できます。

最後に、紫とピンクの「シェード」をいくつか入れました。トレイにオブジェクトをいくつか追加し、画像の別の場所にいくつかの文を配置しましたが、これは私のイラストに関するものであるため、イラストにこれが必要ない場合があることに注意してください。

これで、イラストのチュートリアルは終了です。

必要に応じて、最後まで続けることができるため、自動カラーリングを使用してアニメーションを作成するプロセスを知ることができます。

自動着色-アニメーション

アニメーションの場合も同じ手順が使用されるため、この機能は非常に便利で実用的です。
まず、アニメーションフォルダーを作成するか、既に準備しておく必要があります。
鉱山は5つのアニメーションセルで構成されています。

図のように、(アニメーションフォルダーの外に)ラスターレイヤーを作成し、このラスターレイヤーにアニメーションに必要な色を線でペイントする必要があります。

-次に、新しいアニメーションフォルダーを作成し、線画を使用してアニメーションフォルダーの上または下に配置します。私の場合は、ラインアートアニメーションフォルダーに配置することにしました。

-最初のアニメーションセルを参照レイヤーとして設定し、チュートリアルの最初に示したのと同じアクションを実行して、自動カラーリングを生成します。元に戻します:

編集->色付け(技術プレビュー)->選択した色を適用(H)

(選択した色を含むラスターレイヤーにいる必要があることを忘れないでください)。


-アートラインのセルが配置されているのと同じ順序で各カラーセルを配置します。


これらの手順で、アニメーションが完成します!


これらのヒントがお役に立てば幸いです。
感想をお聞かせください。

あなたが私の仕事を見つけることができるリンク:
- https://twitter.com/DaniCherryFan https://twitter.com/DaniCherryFan
- https://www.facebook.com/LaCerezaTriste https://www.facebook.com/LaCerezaTriste
-https://www.instagram.com/sadcherry_strach/
-https://www.webtoons.com/en/challenge/fantastic-boys/list?title_no = 355243

コメント

関連する記事

新着

公式 新着