パターンと文字の色付け機能の使用[ビデオ]

557 view
https://youtu.be/MYjAoeJ94Gc

こんにちは!これが杏林です。ClipStudio Paintの最も素晴らしい機能の1つであるColorizeについて少しお話ししたいと思います。

この機能の目的がわからない場合は、図面に自動的に色を付けるのに役立ちます。必要なのは、ラインアート(およびいくつかのカラーヒント)とバムを準備することだけです。お絵描き完了です!

プロセスを見たい場合は、ビデオバージョンも提供しました。

このツールについてさらに見てみましょう。

a。色付け機能の基本

この色付け機能は[編集]メニューにあります。描画に色を付けるために使用できる3つのオプションがあります。その前に、この機能の概念を紹介します。

1.なぜこの機能を使用したのですか?手動で着色するより良いですか?

はいといいえ。いつ使用したいかによります。このColorize機能は巨大なキャンバス(2480x27777のコミックキャンバスの例)には適用できません。色がピクセル化されます。ただし、線画が複雑なイラストがある場合は、この機能が役立ちます。

2.この色付け機能はどこに適用できますか?

これは実際にはどこにでも適用できますが、ベースカラー、シェード、パターンの描画に使用したいです。

3.この機能を使用する前に何を準備する必要がありますか?

単にラインアートを準備する必要があります(この機能はラインアートの1つのレイヤーしか読み取ることができないため、1つのレイヤーにマージするようにしてください)。

そして、あなたの色がレイヤーを示唆しています。色を入れたい部分に色を大まかに入れます。きちんとする必要はありません。

4.色付け機能を適用するには?

[編集]> [色付け]> 3つのオプションのいずれかを選択します。
それらがどのように異なるかを次に示します。

a)[すべてカラー化]を使用する場合、ラインアートを基準としてランダムな色を自動的に与えるため、カラーリファレンスレイヤーを作成する必要はありません。ラインアートレイヤーをクリックし、[編集]> [色付け]> [すべて色付け]に移動して、結果を確認します^^

b)[ヒント画像を使用して色を付ける]を選択した場合、この機能は、適用したい特定の色で図面に色を付けることを意味します。あなたがする必要があるのは、上記のような色のヒントを作成し、線画層を参照層にすることです[参照層として設定をクリックしてください]。

[編集]> [色付け]> [ヒント画像を使用して色付け]に移動して、結果を確認してください!

c)最後のオプション、[より高度な設定を使用]は、2つ目のオプション[ヒント画像を使用して色付け]と非常によく似ていますが、より多くの色を調整できます。

詳細については、次のセクションに進みましょう。

b。色付けツールを使用したパターンの描画

パターン描画には通常、複雑な線画があります。ベースカラーを作成することは、私たちにとって余分な作業になります。私は結果が非常に満足できるので、この[色付け]機能を適用するのが大好きです。

その前に、パターンのやり方について少しお話ししたいと思います。ここでは、[対称定規]というツールを使います。

行数は必要に応じて異なります。このパターンを作成するために7行を使用しました。

これでパターンができました!

次に、3つのカラー化オプション間の最終的な結果を示します。

a)[すべて色付け]
ラインアートレイヤーをクリックし、[編集]> [色付け]> [すべて色付け]に移動します。
結果は次のとおりです。

b)[ヒント画像を使用して色付け]

カラーヒントレイヤーを作成し、ラインアートを[参照レイヤー]にして、[編集]> [カラー化]> [ヒント画像を使用してカラー化]に移動します。
結果は次のとおりです。

色のヒント(Colorizeを適用する前)

[カラー化]で塗った後

c。 [より高度な設定を使用]
以前と同様に、カラーヒントレイヤーを作成し、ラインアートレイヤーを[参照レイヤー]にして、カラーヒントレイヤーをクリックし、[編集]> [カラー化]> [詳細設定を使用]に移動する必要があります。このウィンドウが表示されるようにします(これをロードするのに少し時間がかかることに注意してください):

[色の分析と色付け]と[プレビュー]をオンにして、オプションと結果を同時に表示します。上記のカラーリストは、カラーヒントレイヤーから検出されたカラーです。右側の矢印をクリックして、レイヤーを再配置できます(上に配置するか、下に配置するか)。
グラフィックは、各色の強度を示しています。ポイントを移動して、違いを確認してみてください。

これが結果です:

注:ラインアートレイヤーを非表示にして、結果を確認してください:D

(左は線画あり、右は線画なし)

また、カラー化の結果レイヤーをラインアートにクリップして、別のトリックを作成することもできます。

(カラー化レイヤーモードを[通常]にして、ラインアートレイヤーの上に置き、[下のレイヤーにクリップ])

これでパターンのカラーリングが完了しました。次のセクションは、キャラクターのカラーリングに関するものなので、もう少し複雑です。それをチェックしよう!

c。文字を描画するための色付けツールの使用

コンセプトは同じです。ラインアートとカラーリファレンスレイヤーが必要です。今、私たちはこの男を着色しようとします:3

色付けする前に、[自動選択](W)(色付けされず、背景にされる)で外側の領域を選択し、[反転](Ctrl + Shift + I)で選択範囲を選択して、彼のベースを作成します。ラインアートの下の新しいレイヤーにすべての選択を白色で塗りつぶします。

このベースは、背景にこぼれないように、白い領域の内側に色を保つために作られています。カラー化の結果レイヤーをこの白いベースの上に配置し、[下のレイヤーにクリップ]を配置してください。

したがって、まず最初に、3つのオプションすべての結果を示します。
a)[すべて色付け]

b。 [ヒント画像を使用して色付け]

(カラーヒントレイヤー)

c。 [より高度な設定を使用]

この場合、2つ目のオプションを使用しますが、[Watery]ツールと[Blend]ツールを使用して一部の色を修正する必要があります。ブラシはいつでも使用できます。修正後の結果は次のとおりです。

嬉しいことに、この機能はベースカラーだけでなく、シェーディングにも使用できます。
シェードに新しいカラーヒントをいくつか作成します(新しい[乗算]レイヤーに)。

次に、このレイヤーで[Colorize]を使用し、以前のラインアートレイヤーを[参照レイヤー]として使用します。このシェーディングには、[より高度な設定を使用]を使用しました。これが結果です!

詳細なシェーディングのためにいくつかのレイヤーを追加しました([ウォーターリー]ブラシで[マルチプライ]レイヤー)。シェーディングの詳細については、他のチュートリアルを確認してください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3010

次に、ライティング用の別のレイヤー([通常]および[エアブラシ]の[グローダッジ]レイヤー)と、[修正レイヤー]を使用したいくつかの調整。また、ラインアートレイヤーにクリップされた別のレイヤーを使用してラインアートに色を付けました。

シンプルな背景には、[色付け]機能も使用しました。これがカラーヒントレイヤーです。

[色付け]で塗った後、[不透明度]を下げて少し色を調整します。そして、これが最終結果です!

この図面の完全なスピードペイントをここでチェックできます:

https://www.youtube.com/watch?v=l-rHilPOM6Q&feature=youtu.be

d。閉鎖

この[色付け]機能は非常に楽しく遊べます。結果は私にとってもxDに満足しています。
ただし、これは大規模な図面を対象としたものではないことに注意してください(エッジが超高解像度のキャンバスでピクセル化されるため、さらに修正する必要がない限り)。

これらは、私の経験に基づいて私があなたと共有できるいくつかのヒントです。この機能で見つけられるトリックはもっとたくさんあります!このヒントを読んでくれてありがとう、うまくいけばそれは役に立ちます:D

PS質問がある場合は、ソーシャルメディアまたはメールで私を見つけることができます^^

コメント

関連する記事

新着

公式 新着