Clip Studio PaintでWebtoonを作成する

1,263 view
https://youtu.be/x8FVd0i4n3w

こんにちは!杏林はこちら〜
このチュートリアルは、ウェブトゥーンを作成したい、または現在作成しているユーザーを対象としています。ここで使用しているすべての手順は通常行うことなので、いつでも自分で即興で作成できます。このチュートリアルはWebtoonの作成に関するものなので、描画手順については詳しく説明しません(次回は、このチュートリアルについて別のチュートリアルを作成できることを願っています:D)。上記のビデオバージョンを確認するか、xD以下のこの記事を読んでください。
さあどうぞ!

パート1:グリッドの作成

このグリッドシステムについては、当時編集者から聞いていました(ありがとうございます)。これを実際に使用しない人もいますが(これは問題ありません!)、これは共有する価値があると思います:D

1)グリッドとは?
グリッドはガイドのようなものです。グリッドのすべてのセクションは一般的な電話画面の比率に等しいため、1つの画面に配置するパネルの数を見積もることができます。

また、パネルの混み具合も確認できます。 Webtoonは垂直形式を使用しているため、Webtoonのパネルに空白のギャップを設けることが重要です。ギャップは、読者の目を読むときに少し途切れさせます。また、読者にペーシングについて感じさせます(ギャップが長いほど、通常はペースが遅くなります)。

2)グリッドの作り方は?
実物大では形が作れないので、ちょっと工夫しましょう!
まず、800x1280サイズ(一般的な画面サイズ、Webtoonで許容されるサイズ)のキャンバスを作成します。

次に、キャンバス全体を任意の色で塗りつぶします。次に、Ctrl + A [すべて選択]、Ctrl + C [コピー]を押します。

コピーしたら、ストリップ用の新しいキャンバスを作成します。ストリップは、ウェブトゥーンを描くために使用できる長い垂直のキャンバスです。なぜ縦長のキャンバスなのか? Webtoonのフォーマットは縦型で、キャンバスが長いため、フローがよく見えるからです。

キャンバスの大きさを決める前に、何が必要で何が必要でないかを気にする必要があります。
1.ある日、Webtoonを印刷する必要があります。
もしそうなら、あなたのキャンバスを大きくしてください!少なくとも計画した用紙サイズの幅で行ってください(長さは後で調整できます)。たとえば、A5サイズ(148×210 mm)で印刷する場合、幅148mmを使用して、グリッドに基づいてキャンバスの高さを調整できます。

2. Webtoonを印刷する予定はありません。
印刷する予定がない場合は、小さなキャンバスを使用してください。 Webtoonの標準サイズでもあるため、800pxの幅で十分です。少し大きくすることもできますが、キャンバスが大きすぎるとPCを苦しめるだけです。最終的には、ストリップが圧縮され、細部をあまり見ることができなくなります。

開始する前に形式を決定すると、非常に役立ちます。この場合、将来印刷する予定なので、2480 x 27777 pxを使用します(高さが27777 pxではグリッドがカットされないため)。

次に、グリッドを貼り付け、Ctrl + T [変換]を押してグリッドをスケーリングし、Shiftキーを押しながら正方形をドラッグするか、[アスペクト比を維持]をオンにしてから正方形をドラッグします。

すべてのキャンバスがいっぱいになるまで、他のグリッドをコピーして貼り付けます。

グリッドレイヤーをマージすることを忘れないでください! [下のレイヤーに結合]をクリックして、アクティブレイヤーの下のグリッドレイヤーと結合します。
注:不要なレイヤーを結合して、ファイルサイズを低く保ちます

グリッドを使用する準備ができました!

パート2:パネリング

ストーリーボードのスケッチを開始するには、グリッドの上に新しいレイヤーを作成し、そこに描画するだけです。

フローを維持するには、Webtoon形式のギャップが重要です。各グリッドは、1〜2個のパネルで構成するのが適切です。 1つのグリッドに3つのパネルを配置したくない場合があります。 4つ以上のパネルは混みすぎて読むことができず、読者を混乱させます。

パート3:ラインアート

ラインアートを始める前に、スケッチの色を変更する必要があるかもしれません。 [レイヤーの色]をクリックして、後でトレースするのに適した色を選択します。明るい色はそれの上に簡単に描くことができます。

あなたが一番好きなブラシを選択してください。デフォルトのブラシを使用するか、それらのブラシを設定するか、[アセット]からブラシをダウンロードするか、独自のブラシを作成できます。私にとって、私はG-penが一番好きです。しかし、私はまた、私の好みに応じてそれを設定しました。試してみたい場合のGペン設定は次のとおりです。

ライニングを開始する前に、ベクターレイヤーとラスターレイヤーについて知っておくべきことがいくつかあります。

1.それらの違いは何ですか?
ベクトルは、数学的に形成されたパスとカーブで構成されます。圧縮したりピクセル化したりせずにラインを拡大できます。ラスターは1つに結合されたピクセルで構成されており、拡大するとラインがピクセル化されます。

2.それでは、なぜベクトルを使用して描画しないのですか?
できることとできないこと。そして、それはあなたのアートスタイルに依存します。ベクトルはスケーリングと編集に非常に便利ですが、ラスターはベクトルよりもスムーズな結果を形成します。これについていくつかの実験を行うことができます。

そこで、ライニングを開始するには、スケッチの上に新しい[ベクターレイヤー]を作成します。好きなブラシを選び、スケッチの上に線画を描き始めます。

[Vector Layer]を使用してラインアートを行うことの利点があります。
1.【ベクター消しゴム】が使える!
【ベクター消しゴム】は、一部の線を自動的に消すことができるツールです。 [ベクター消しゴム]には、(1)タッチエリアを消す、(2)交差点まで消す、(3)線全体の3種類があります。以下の違いをご覧ください。

2.ピクセル化せずに拡大縮小できます。

3.線のサイズを編集できます!
「操作」から「ブラシサイズ」を変更します。

または、[正しい線]に移動し、必要に応じて[太く]または[狭く]を選択します。サイズを設定し、編集する行に適用します。

4.いつでもラスタライズできます!
[ベクターレイヤー]を右クリックし、[ラスタライズ]を選択します。
ラスタライズすると、ベクターに戻すことはできません。

はい、ベクターとラスターで十分です。したがって、この後、スケッチを上書きできます。

パート4:ベースカラー

ラインアートが完了したら、次に行う必要があるのは、ベースカラー(フラット)を指定することです。ラインアートレイヤーの下にいくつかのレイヤーを作成します(フォルダー内に配置すると整理されます)。私は通常、4種類のベースカラーレイヤーを作成します。髪、肌と目、服、オブジェクトです。
ここでも、レイヤーを効率的に使用して、ファイルサイズを小さくし、ワークスペースの混乱を少なくすることをお勧めします。それらの不要なレイヤーを結合または削除します。 2色以上が合わない場合は、1つずつ作成する代わりに1つのレイヤーを使用できます。たとえば、キャラクターの頭と足にオブジェクトがある場合、2の代わりに1つのレイヤーのベースカラーを使用できます。

次に各パーツを色で塗りつぶします。それを行うにはいくつかの代替方法があります:

1.記入
塗りつぶしまたはバケツも、おそらく、基礎を作るための最も一般的な方法です。必要なのは、色を選択して、色を付けたい領域をクリックすることだけです。ラインアートのスタイルによっては、いくつかの設定が必要になることに注意してください。ここでは、「他のレイヤーを参照」の設定を使用しています。

-編集レイヤーのみを参照:[塗りつぶし]ツールがレイヤー外のオブジェクトを検出しないことを意味します。たとえば、HAIRレイヤーに色を付け、その上に何も描画していない場合、キャンバス全体が選択した色で塗りつぶされます(内部にオブジェクトが検出されないため)。
-他のレイヤーを参照:[塗りつぶし]ツールが他のアクティブレイヤーのオブジェクトを検出することを意味します。この場合、HAIRレイヤーで髪に色を付けたい場合は、[塗りつぶし]ツールがラインアートを検出します。髪の内側をクリックすると、色は閉じた髪のラインの内側に残ります(ラインギャップがある場合を除く)。
-Close gap:行のギャップを検出するための[Fill]ツールの感度。選択するオプションが高いほど、検出できるギャップが大きくなり、その逆も同様です。
-色のマージン:[Fill]ツールがいくつかの類似色を検出する感度。
-エリアスケーリング:この設定を使用して、カラーエリアを拡大または縮小できます。
複数参照:[塗りつぶし]ツールが検出するオブジェクトのソース。

色を間違える場合があります。やり直す必要がありますか?
いや!しないでください。 [透過ピクセルをロック]をクリックして変更し、必要な色で上書きできます。ロックされているので、あなたの色は前の色から消えません。

2.閉じて埋める
このツールはとても楽しいです!着色したい部分の外側にエリアを作成するだけで、カラーがラインアートを自動的に検出します!

設定は[塗りつぶし]の設定と同じであるため、このツールを使用するときに設定することをお勧めします。

3.なげなわ塗り
これは手動で色を付ける方法ですが、場合によっては使用方法もあります。 [なげなわ塗り]は、作成した領域に色を付けることができます。 [Close and Fill]とは異なり、これはラインアートを検出しないため、手動で行う必要があります。

4.透明色
これはカラーリング用のブラシではないかもしれませんが、これはブラシやツールを消しゴムにすることができます!気付かない人もいるかもしれませんが、これが透明色の選び方です。

色の四角の下にある灰色と白の四角をクリックするか、キャンバスの外側の領域を右クリックします。これにより、使用しているブラシが消しゴムになります。

パート5:背景

背景を作成する方法はたくさんあります。 3Dオブジェクトを使用するのがおそらく最も効率的な方法です。 Clip Studio Paintは、いくつかの3Dモデル([Asset]からダウンロードすることもできます)を提供するか、SketchupやBlenderなどの他のソフトウェアを使用できます。ただし、スタイルによっては、図面内で3Dオブジェクトを使用する場合、多少の調整が必要になる場合があります。この場合、[色調補正]で遊ぶことができますが、背景に合わせていろいろ調整できます。

パート6:シェーディングとライティング

シェーディングとライティングを行う特定の方法はありません。誰もが独自の方法を持っています。ただし、[レイヤーブレンディングモード]はあなたにとって重要かもしれません(そして、遊んでみるのも楽しいです!)。この描画モードは、各レイヤーに使用している色にいくつかの異なる効果を与えます(どれが最も適しているかを見つけるためにこれを実験する必要があるかもしれません)。

私にとっては、各ベースカラーに[乗算]レイヤーを1つ、[グローダッジ]または[グローを追加]を1つ、そしてすべてのレイヤーの上に[ノーマル]レイヤーを1つだけ使用します。

シェーディングは、独自の設定と「ブレンド」ツールで「水」を使用しています。ときどき、[エアブラシ]を柔らかな[硬度]と低い[不透明度]で使用します。

パート7:タイプセット

Clip Studio Paintでの植字はかなり簡単です。 [テキスト]ツールを使用して入力し、吹き出しをドラッグまたは描画するだけです。 [資料]には吹き出しが用意されていますが、[アセット]からダウンロードすることもできます。

2つのテキストレイヤーを1つに結合して吹き出しをマージします。引き続き1つずつ編集できるため、心配する必要はありません。

コミックのシーンによっては、「ボーダー効果」機能も使えます。

タイプセット後の最後はファイルを保存することです! (決して忘れないでください。保存してください!)
[Clip Studio Format]とJPEGの両方で保存してください。

パート8:スライス

すべてが完了したら、Webtoonをアップロードする前の最後のステップは、それをスライスすることです。ここには、Webtoonの許容サイズ(800x1280)に適合しない長いストリップがあります。手動でスライスすることもできますが、[Croppy]と呼ばれるこのサイトを使用することをお勧めします(彼らの作品を評価するために寄付できます:D)
ここにリンクがあります
https://knicknic.github.io/croppy/ https://knicknic.github.io/croppy/

ストリップをアップロードするだけで(Croppyで利用可能な形式のみ)、RARでスライスファイルを受け取ります。

その後、Webtoonをアップロードして起動できます!

これが私のストリップをする私の一歩一歩の完全なステップです:D

まだ質問がある場合は、@ kyorin24(InstagramまたはTwitter)までお気軽にご連絡ください。
これが役に立てば幸いです!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着