トーン補正レイヤーを使用してグレースケールをカラードラフトに変換する

360 view

色よりも明暗に敏感な場合は、グレースケールから始めることを強くお勧めします。カラーリングの方法はそれほど複雑ではありません。
次の教えでは、私の経験を生かして[色調補正レイヤー]を使用して色を付けます。

グレースケールの原稿を準備する



この写真は主にキャラクターと背景に分かれており、キャラクターは髪、コート、靴、服、肌などさまざまな部分に分かれています。
私は常にポリライン選択を使用して大まかに選択し、次に選択ペンと選択消しゴムを使用してそれを調整します。

分割が完了しました!

トーン補正レイヤーによる色とプロセス

次に、[トーン補正レイヤー]> [カラーバランス]を使用して、その部分に理想的な色を与えます。 [次のレイヤーの切り抜き]を使用して、トーン補正レイヤーを下の分割オブジェクトレイヤーの範囲に合わせ、他の分割オブジェクトに対して同じ手順を繰り返します。

基本的に、色は完全です(背景がモノクロでない場合は、個別に処理する必要があります)。

最後に、[色補正レイヤー]> [グラデーション対応]を使用して、全体的な雰囲気を作成し、全体的な雰囲気を作成します。
グラデーションの色を変更、増減して、いくつかの組み合わせが作成されます。さらに細かく調整したい場合は、右下の[ブレンドレートカーブ]にチェックを入れ、アンカーポイントを追加・移動して効果を出すことができます。

完成したカラー写真

興味深い色補正レイヤーの組み合わせ

このカラー原稿をもっとバラエティにしたいので、[色相補正レイヤー]> [色相反転]のレイヤーを重ねて、このレイヤーの元のマスクを使ってシンプルで強い効果を出しました。消しゴムを使用してパーツを拭き取り、露出したイメージを反転したトーンとはっきりと対照させます。

————————————————————————————————————————————————– – – –––––––––––––

[色相補正レイヤー]> [カラーバランス]で調整した色相と[2値化]を組み合わせることで、懐かしさのある微妙な雰囲気を演出します。
[二値化]のレイヤー透明度を下げると、以下の効果が得られます。

[色調補正レイヤー]> [色調曲線]は、予想外の奇妙な色のイラストを表示できます。
色を調整し、マスクを使用して不要な部分を削除します。
全体がカラフルになった気がします。

これは、[トーン補正レイヤー]を試した私の経験です。お役に立てれば幸いです(●´ω`●)ゞ

コメント

関連する記事

新着

公式 新着