レイヤープロパティ完全ガイド

5,526

Cheishiru

Cheishiru

レイヤー プロパティは、レイヤーを構成してエフェクトを作成したり、アートワークを強化したり、関連ツールにアクセスしたり、非破壊的な方法で編集しやすくしたりできる機能です。

ビデオを見ることをお勧めします。

使用可能な設定は、選択したレイヤーの種類によって異なります。ご存知のとおり、CSP ではさまざまな種類のレイヤーが利用できます。ここでは、さまざまなレイヤーで利用できるものの簡単な概要を示します。

基礎

どこで見つけられるか

レイヤー プロパティ ウィンドウは通常、レイヤー ウィンドウの上部にあります。

ただし、見つからない場合は、いつでも [ウィンドウ] > [レイヤー プロパティ] に移動してクリックできます。ウィンドウが表示されます。

デフォルト設定の変更

設定の変更をデフォルトとして登録したい場合は、レイヤープロパティウィンドウの左上隅に三本線のアイコンがあります。それをクリックし、「デフォルトとして保存…」をクリックします。ウィンドウが表示されます。

使用しないエフェクトはグレー表示され、どのエフェクトのデフォルト設定を変更するかを選択できます。完了したら、「OK」をクリックします。

ボーダー効果

ボーダー効果は輪郭を作成します。これは、3D レイヤー、フォルダー、テキスト、画像とともに、描画できる任意のレイヤーで使用できます。

 

アウトラインには2種類あります。一度に使用できるのは 1 つだけであることに注意してください。

まずはエッジです。これは私のお気に入りのレイヤー プロパティ機能の 1 つです。エッジはしっかりとした均一なアウトラインを作成します。

 

スライダーを使用するか、希望の数値を入力して厚さを調整できます。

カラーバーをダブルクリックして色を選択することで、アウトラインの色を変更することもできます。または、色を選択した場合は、カラー バーの横にあるペイント ツール アイコンをクリックします。

アンチエイリアスはデフォルトでオンになっていますが、ピクセルアートのアウトラインを作成するときは常にオフにしています。

ただし、エッジはオブジェクトの最も外側の部分の輪郭を描くだけではありません。透明な領域の隣にあるものは輪郭を描きます。外側のみの輪郭を作成したい場合は、必ず最初に輪郭を記入してください。レイヤーが分かれている場合は、それを使って興味深い結果を作ってみることもできます。

この効果は多用途に使えます。これを使用して次のことができます。

 

1\。ステッカーの周囲に枠線を作成します。物理的なステッカーの「境界線をカット」する場合でも、デジタル ステッカーを作成する場合でも、フォトブース スタイルの写真編集でステッカー風の外観を作成する場合でも、1 分以内に行うことができます。

2\。積み重ねるときにオブジェクトを分離します。オブジェクトは別々のレイヤーに存在する必要があることに注意してください。

3\。チートをクリーンアップします。アーティストの中には、線画の太さを手動で描いたり消したりすることを好む人もいます。これにより、小さな点が発生する可能性があります。カラーエッジを使用すると野良が浮き出ることがあります。それらを見つけて削除する簡単な方法です。完了したらEdgeをオフにします。

4\。対象となるオブジェクトを背景から分離します。白黒漫画を制作していると、いつもこのようなことが起こります。キャラクターには黒い部分があり、背景はほとんど黒です。キャラクターのレイヤーフォルダーを選択し、「Edge」をクリックします。これでキャラクターと背景がきちんと分離されました。もちろんカラーイラストにも使えます。

5\。背中の髪、アクセサリー、エフェクトなどの細かいディテールを簡単に線画で表現できます。

6\。フォルダーを使用したマルチボーダー。レイヤー上で Edge を使用し、そのレイヤーをフォルダー内に置きます。フォルダーのエッジを使用して 2 番目の境界線を作成します。フォルダーを別のフォルダーの中に置き、Edge を使用します。そしてもう一度。作成できる境界線の数に制限はありません。そして、いつでも境界線を調整できます。

7\。グラデーションまたはパターンの境界線。レイヤーを複製し、複製を下に移動して、Edge を使用します。複製したレイヤーをフォルダー内に置きます。複製のフォルダーの上にグラデーション用の新しいレイヤーを作成し、クリップします。グラデーションを使用して、グラデーションの境界線を作成します。同じ手順で枠線にパターンを追加することもできます。

水彩エッジ

エッジがソリッドの場合、水彩エッジは輪郭がぼやけて少し透明になります。水彩エッジの色は自由に変更できません。 Edgeよりも多くの設定があります。

「面積」の数値が大きいほど、エッジのカラーがオブジェクトの外側に広がるのではなく、オブジェクトの内側に多く滲むことを意味します。

「暗さ」は、オブジェクトの内側と外側の灰色の領域の暗さです。高いほど暗くなります。

「ぼかしの幅」は、オブジェクトのエッジをどの程度鮮明にするか、またはぼやけるかを決定します。高いほどぼやけます。

「不透明度」は、最終結果の「暗さ」と「ぼかしの幅」の強度を決定します。

いくつかの使用例:

 

1\。影。ぼやけた影を最小限に抑えるのに適しています。

2\。微妙な色の影または輝きの効果。レイヤーを複製し、複製したものを下に移動します。水彩エッジを使用して設定を調整し、レイヤーカラーをオンにして希望の色を選択します。

3\。微妙な 3D 効果。面積は中程度から高、暗さは中程度から高、不透明度で制御します。

4\。水彩エッジ。ブラシの水彩エッジ設定が好きではない人として、見た目が必要な場合は、ブラシでその設定をオフにして、後で水彩エッジをオンにすることができます。

5\。エッジと混ぜてください。エッジと水彩エッジを同じレイヤーで使用することはできませんが、フォルダーを使用すると両方を使い放題になります。

トーン

私のもう 1 つのお気に入りは、画像と 3D オブジェクトをハーフトーンに変換する機能です。

設定を見てみましょう。

「周波数」は、1 インチあたりのスクリーン トーンの線数を指定します。数字が大きくなるほど線の数が多くなり、ドットは小さくなります。

「濃度」は、スクリーントーンに白が含まれるかどうかを決定します。 「画像の色を使用」はトーン間の隙間を白で埋めます。画像に透明度があり、ドットが離れていても、ドットの周囲に白い部分があることがわかります。 「画像の明るさを利用」は白を透明にします。

どちらにもそれぞれのメリットがあります。たとえば、漫画で複数のハーフトーンレイヤーを使用する場合、モアレを避けるために「画像の色を使用」を選択します。ただし、エフェクトに関しては白い部分が邪魔なので「画像の明るさを使う」を使います。

 

[密度] の横にあるプラス アイコンをクリックすると、さらに 2 つのオプションが表示されます。 「レイヤーの不透明度を反映」をオンにすると、不透明度を下げたときに色の明度を反映してトーンのサイズが調整されます。写真を見ると、不透明度を下げるとドットが小さくなることがわかります。ハーフトーンはまだ黒一色です。

 

「レイヤーの不透明度を反射」をオフにするとトーンの大きさは変わりません。代わりに色調が透明になります

ポスタリゼーションは、フルカラー画像または 3D オブジェクトをハーフトーンに変換する場合に便利です。

 

色をグループに単純化します。スライダーの灰色のノードを調整するには、スライダーを水平にドラッグするか、数字をクリックして変更します。ノードをスライダーの外にドラッグして削除することもできます。スライダーの下をクリックして新しいノードを追加します。したがって、色合いの数と色合いの暗さを選択できます。

ドットの設定はハーフトーンのパターンがすべてです。

 

ドロップダウン メニューからパターンの種類を選択できます。たくさんあります。

プラスアイコンをクリックすると、さらに設定が表示されます。 「角度」は模様を回転させます。デフォルトでは、角度は 45 度です。私がよく使うその他の角度は 0 度と 90 度です。

「ノイズサイズ」と「ノイズファクター」はノイズパターンでのみ使用できます。ノイズ サイズは周波数と同様に機能します。

ノイズ係数はノイズの長さを決定します。数値が大きいほど、ノイズ ラインが長くなります。

ドット位置の設定はドットを移動することです。 X は水平、Y は垂直です。

 

トーン効果はデフォルトでは白黒ですが、レイヤーカラーで任意の色に変更できます。

漫画のスクリーントーンとしてトーンエフェクトを使用し、エフェクトや背景にアートワークにポップアートの外観を与えます。

レイヤーカラー

レイヤーカラーは、その名前が示すように、レイヤー全体の色を変更します。デフォルトの色は青です。完成したスケッチには主にレイヤーカラーを使用し、不透明度を 16% に下げます。次に、線画用の新規レイヤーを作成し、描画していきます。

 

これは私のお気に入りのレイヤー プロパティ エフェクトの 1 つで、描画するときはほぼ毎回使用しています。

バーをクリックするか、色設定の色とバケツ アイコンを使用して、色を手動で変更できます。

 

しかし、使えるのはそれだけではありません。プラスアイコンをクリックすると、2 種類の色が利用できることがわかります。 「レイヤーカラー」は写真の中で最も暗い色を表し、「サブカラー」は最も明るい色を表します。サブカラーはデフォルトでは白ですが、レイヤーカラーと同じ方法で変更できます。

疑似グラデーション マップとして使用して、セピア、新聞、レトロ、シンプルな Lo-fi などの効果を作成できます。

別のレベルに引き上げて、アートをカラーグレーディングすることもできます。

 

レイヤーを複製し、複製を元のレイヤーの上に残します。複製のレイヤーカラーを希望の色に微調整します。次に、不透明度モードとブレンド モードを使用して、希望の外観を作成します。

表現色

新しいキャンバスを作成するときに基本のエクスプレッション カラーを決定でき、それがそのキャンバス内のレイヤーのデフォルトのエクスプレッション カラーになります。

 

たとえば、選択した基本のエクスプレッションカラーが「カラー」の場合、作成する新しいレイヤーのエクスプレッションカラーが「カラー」であることがわかります。グレーやモノクロも同様です。

Layerプロパティの表現色により、選択中のレイヤーに表示される色を変更することができます。

「カラー」とはフルカラーを意味します。 「グレー」とは、黒、白、および灰色の色合いを意味します。 「モノクロ」とは、アンチエイリアスなしの白黒を意味します。

グレー モードでは、ドロップダウン メニューの隣に黒と白のボックスがあります。どちらもデフォルトでオンになっています。

 

黒いボックスは黒と灰色の領域を表し、白は白い領域を表します。どちらか一方だけをオンにすると、反対の色が消えて、選択した色と透明な部分だけが残ります。

モノクロには、ドロップダウン メニューの横に同じボックスがあります。この場合、ブラック ボックスは黒い領域のみを表します。そして白いボックス、白い領域。透明感がない。

 

レイヤーの元の表現色がカラーでグレーまたはモノクロに変更した場合、または表現色がグレーでモノクロに変更した場合は、「表現色」の横に「(プレビュー)」が表示されます。

 

これは、式の色を変更すると情報が失われるためです。 CSP を使用すると、最初に結果を確認することができます。変更を永続的にしたい場合は、一番下に「プレビューの表現色を適用」というボタンがあります。変更を永続的にするには、それを押します。ただし、気が変わった場合は、いつでも「元に戻す」を使用できます。

 

ラスターレイヤーのみ、モノクロにも2つのスライダー設定があります。色のしきい値は、黒と白の領域の大きさを決定します。数値が小さいほど、白い領域が大きくなり、その逆も同様です。ブラック ボックスのみをオンにし、カラーしきい値の数を 255 にすると、画像は完全に黒になります。ホワイトボックスの場合はその逆です。

アルファしきい値は、画像内に透明な領域がある場合にのみ機能します。数値が大きいほど、想定される透明な領域が大きくなり、その逆も同様です。

最後に「レイヤーの不透明度を反射」はトーン効果と同様の働きをします。オンにすると、不透明度を下げるにつれて色が消えていきます。オフにすると、色が透明になります。

 

表現色グレーは価値観の研究に非常に役立ちます。また、エクスプレッションカラーをグレーに変える前にレイヤーを複製し、必要に応じて不透明度やブレンドモードを調整することで、ウォッシュアウト効果を作成することもできます。

イラストを仕上げるときに、暗い部分のコントラストを高めるためにモノクロを使用することがあります。

 

1\。画像の一部のレイヤーを複製し、複数レイヤーの場合は結合します。この場合はキャラクターレイヤーです。

2\。次に、式の色をモノクロに変更し、ブラック ボックスのみをオンにします。

3\。必要に応じて、しきい値スライダーを調整します。

4\。 「プレビューの表現色を適用」して、表現色をカラーに戻します。

5\。ガウスぼかしを使用し、最後に必要に応じてレイヤーの不透明度を調整します。

6\。必要に応じて、レイヤーカラーで新しい影の色を指定します。

もちろんシャドウ部分だけでも使えます。

表示減色

表示減少色は、3D オブジェクト、画像ファイル、テクスチャ、およびファイル オブジェクトの表現色です。設定はまったく同じです。

 

主な違いは、Expression color とは異なり、効果を永続化できないことです。

ツールナビゲーション

ツール ナビゲーションには、選択したレイヤーに関連するツールとサブツールが表示されます。いわば、クイック アクセスを組み込みます。

 

ツール ナビゲーションは特定のレイヤーにのみ表示されます。一度に複数のレイヤーを選択した場合は表示されません。

オーバーレイテクスチャ

オーバーレイ テクスチャは、その名前が示すように、アートワークにテクスチャを簡単に追加する方法です。ブレンド モードのオーバーレイを使用した場合とはまったく異なる結果が生成されます。私は「オーバーレイテクスチャ」エフェクトの方が好きです。

「強度」スライダーはテクスチャの強度を決定します。高いほど強烈です。デフォルトでは 30 になっており、そのままで問題なく動作します。

冒険したい場合は、より大きな数値を使用し、エフェクトとブレンド モードを組み合わせて、ユニークな結果を作成できます。

マスク式

マスク表現は、選択したレイヤーにマスクがある場合にのみ表示されます。

 

「グラデーションを表示」と2つのオプションが表示されました。 「はい」がデフォルトで、マスクのグラデーションと透明度が有効になります。 「なし」では、透明度とグラデーションが立体的な形状にポスタライズされます。

 

「なし」を選択すると、「しきい値」スライダーが表示され、どの程度の透明な領域が表示されるかを決定します。数値が大きいほど面積は大きくなり、その逆も同様です。

エリアカラー

エリアカラーは、画像ファイル、テクスチャ、およびファイルオブジェクトでのみ使用できるため、非常に特殊です。利用可能な場合も、デフォルトでグレー表示になります。

1\。 「表示 > トーン領域を表示」に移動し、最初に「選択したトーン領域を表示」を選択します。

2\。まだ何も起こりませんが、「表示 > トーン領域を表示」に戻り、一番下の「画像素材領域を含める」を選択します。これで、グレー表示されなくなりました。

レイヤー内の画像の色も変わります。

先ほど選択した「選択したトーン領域を表示」は、選択したレイヤーの領域カラーを表示するだけです。レイヤーカラーと同じように色を変更できます。

 

「表示 > トーンエリアを表示」に戻ります。

 

今回は「すべてのトーン領域を表示」を選択して、該当するすべてのレイヤーの領域カラーを表示します。テクスチャレイヤーが重なっている場合、色も重なります。

アートワークで使用しているテクスチャや画像を目立つようにすると、追跡しやすくなります。

 

エクスポートすると色が表示されますが、不要な場合はいつでもオフにできます。

抽出ライン(EX)

行の抽出は CSP の EX バージョンでのみ使用できます。画像や 3D オブジェクトを線画やトーンに変換できます。まずは3Dオブジェクトを用意し、オブジェクトツールから別のツールにツールを変更します。そうしないと、結果をライブで見ることができません。次に、抽出ラインをオンにします。

線画のクオリティを決めるのは「精度」で、高ければ高いほど良いのですが、あまり差がない場合もあります。

 

「ポスタリゼーション」はトーン効果と同様の働きをします。画像または 3D オブジェクトで使用できる色をグループ化します。ただし、ポスタリゼーションでは、グレーの階調に変換するのではなく、色のグループを線に抽出します。

「黒塗り」は領域を黒く塗りつぶし、数字が小さいほど領域が小さくなります。ソリッドブラックを使ったスタイルにぴったりです。

「線幅」は線の太さを決定します。

「エッジしきい値」は、何行抽出するかを決定します。数値が大きいほど、検出される詳細の量が少なくなり、最終結果がよりきれいになります。

「検出の方向」はよく分からないのですが、いじってみると面白い結果が得られました。後ほどお見せします。

 

線を抽出したまま使用することも、永続的な線レイヤーに変換することもできます。変換するには「線とトーンに変換」をクリックするとウィンドウが表示されます。

 

最終結果を微調整するための設定がさらにあります。まずは「プレビュー」がオンになっていることを確認してください。

 

次に、結果をラスター レイヤーに入れるかベクター レイヤーに入れるかを選択します。私が Vector を好むのは、いつでもラスタライズできる一方で、その逆は常に機能するとは限らないためです。

「線幅」も同様です。 「検出の精度」は先ほどの「精度」と同じで、高いほど線が細くなります。

「スケールに応じて精度を調整する」は、見た目が良いためオンになっています。

「輪郭強調」は輪郭の太さを決定します。私が使っているのは50以上です。

 

「深さ」と「滑らかさ」は私にとって奇妙なものです。より繊細な線幅調整に使用します。頻繁には使いません

「テクスチャの線を抽出」はまさにそれです。前の設定では 3D オブジェクトの形状から線のみが抽出されましたが、この設定ではテクスチャと色 (影を含む) が抽出されます。

 

ここでの設定は、「エッジ検出の処理」ドロップダウン メニューを除き、レイヤー プロパティ ウィンドウで利用できます。そのうちの2つがあります。プロセス #1 は、これまでに確認したものです。

 

#2 を選択すると、その下に別の設定が表示されます。両方の数値が小さいほど、より多くの詳細が行に抽出されます。

最後は「トーンワーク」。塗りを2Dっぽくしたいなら「ポスタリゼーション」を試してみよう

その他の設定は「トーンエフェクト」と同じです。

結果に満足したら、「OK」をクリックします。抽出した線レイヤー、黒塗りレイヤー、トーンレイヤー、白レイヤーがフォルダー内に綺麗にまとめられます。

 

レイヤーは別々であるため、レイヤーを調整および編集して希望の外観を得ることができます。

 

例として小さな 3D オブジェクトを使用しましたが、この効果は通常、コミックやウェブコミックの 3D 背景に関連付けられています。

3D オブジェクトではなく画像から線を変換する場合、設定はより簡単です。以前との主な違いは、ベクター線レイヤーの取得を選択できないことです。抽出ラインとトーンワーク設定のみが利用可能です。

 

ただし、画像を扱うのは難しいです。線のある描画では成功しましたが、線のないスタイルのイラストや写真にはさらに労力が必要になる可能性があります。

行抽出の回避策 (PRO)

EX ではなく CSP PRO を使用している場合は、Extract Line の回避策があります。唯一の欠点は、線にベクトル オプションがないことです。

 

使用したい 3D オブジェクトまたは画像をラスタライズし、必要なだけレイヤーを複製します。線、黒塗り、ハーフトーン、白塗りが欲しいので4レイヤーにします。

 

線については、[フィルター] > [効果] > [アーティスティック] に移動します。 「プロセス」には 3 つのオプションがあるドロップダウン メニューがあります。 「線のみ」を選択します

「線の太さ」は線の太さです。 「線の単純化」は数値が大きいほど線に曲線が適用されます。通常は 1 のままにします。

「線の密度」によって、得られるソフトなディテールの量が決まります。

「線の不透明度」は線の透明度を決定します。不透明度は後でいつでも調整できるので、通常は 100 を使用しますが、デフォルトは 70 です。

 

「ラインのアンチエイリアシングは一目瞭然で、数値が大きいほどぼやけます。

残りは色に関連するものなので、スキップして「OK」をクリックします。

黒で塗りつぶす場合は、レイヤーのエクスプレッションカラーをモノクロに変更します。ブラック ボックスのみをオンにして、カラーしきい値を調整します。

トーンにはトーンエフェクトを使用します。白い領域を取り除くには、濃度を「画像の明るさを使用する」に変更します (オプション)。微調整するにはポスタリゼーションをオンにします。次に、スライダーを使用して、色合いの量と暗さを調整します。デフォルトの結果が気に入った場合は、このステップをスキップできます。

白の塗りつぶしの場合は、[編集] > [色調補正] > [色相/彩度/明度] に移動します。次に、明るさスライダーを右にドラッグします。 「OK」をクリックします。

 

必要に応じて調整すれば完了です。

 

お気に入りのレイヤー プロパティ エフェクトは何ですか?またそれをどのように使用しますか?コメントでシェアしてください!

 

読んでいただきありがとうございます、また次回お会いしましょう!

コメント

新着

公式 新着