カラー印刷の設定

1,709 view

前書き

みなさん、こんにちは。今日は、Clip Studio Paintバージョン1.10.2を使用して、アートワークやデザインをカラーで印刷するための設定と設定を調整する方法を見ていきます。クロップマーク、キャンバスサイズ、画像解像度、カラープロファイル、cmykカラー、エクスポートファイルなどのトピックが含まれます。それでは、Clip Studio Paintを開いて、始めましょう。

始める前に

最初に行う必要があるのは、アートワークまたはデザインを印刷するために送信する印刷プロバイダーまたは会社に連絡することです。電話、メール、または直接訪問してください。印刷プロセス、印刷システム(オフセット、デジタル)、紙の素材、カラーガイド、カラープロファイル、キャンバスサイズ、クロップマーク、画像の解像度またはdpi、印刷用インク、フォーマットファイルについて疑問がある場合は、質問してください。配信、テンプレート、コピーの量など。

▼これらの点については、こちらの記事をご覧ください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2175#5d384a84
https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2479#2aba726f

クロップマークの設定

クロップマークを視覚化または追加する必要がある場合。 [仕事の使い方]コミックまたはすべてのコミック設定を表示を選択して、新しいドキュメントを作成するときにそれらを追加できます。必ず基本式をカラーに変更してください。ドキュメントに必要なブリード(通常は約5mm)を定義し、[OK]を押します。 ▼

[ファイル]> [設定]> [ルーラーユニット]からデフォルトの色と不透明度を変更できます▼

[表示]> [切り抜きマーク/デフォルトの境界線]からガイドを非表示にしたり、以下のオプションを選択して設定を変更したりすることもできます。マークを削除すると、表示メニューからマークを元に戻すことができます。 ▼

キャンバスと画像の解像度の設定

[1]長さの単位。
Clip Studio Paintでルーラーを使用する場合は、新しいドキュメントを作成するときに長さの単位をミリメートル、センチメートル、またはインチに変更する必要があります。

それでもルーラーがピクセル単位で表示される場合は、[ファイル]> [設定]単位から単位を変更し、mmを選択します。

[2]ディスプレイの解像度。
印刷作業では、デザインやイラストの作成を開始する前に、ディスプレイの解像度を調整することを強くお勧めします。木またはプラスチックの定規を入手し、[ファイル]> [設定]から[キャンバス]を選択し、[表示解像度] [設定]をクリックして、定規を画面上のものと一致させ、[OK]を押します。

次に、[表示]> [印刷サイズ]に移動して、印刷するサイズのドキュメントを確認します。これにより、最終的なサイズで表示されない、または悪名高い詳細に時間を費やすのを避けることができます。

[3]画像の解像度を設定します。
解像度は用紙の品質によって異なります。印刷業者の提案やこれから行う作業に基づいて、紙または段ボールのベースを選択できます。

たとえば、雑誌、本の表紙、パンフレット、はがきなどで使用されているような高品質の紙を選択した場合、300dpi以上のドキュメントを作成する必要があります。また、新聞で使用されているような低品質の紙には、150dpiを使用できます。

したがって、必要なdpiについては常に印刷プロバイダーに問い合わせる必要があることを忘れないでください。ただし、品質がよくわからない場合は、350 dpi以上を使用して、後で画像を縮小することができます。 ▼

■注:ベクトルまたはピクセルアートを除いて、低解像度からスケールアップすることは避けてください。

[4]画像の解像度を変更します。
さて、解像度を変更する前に、[複製を保存]して画像を平坦化するか、表示されているレイヤーをマージすることをお勧めします。

次に、画像を縮小するには、[編集>画像の解像度の変更]に移動します。クロップマークを使用している場合、これらは削除されますが、後で[表示]メニューから追加できます。

FitPixelが選択されていないことを確認してください。必要に応じて内挿法を選択してください。ほとんどの場合、双一次で高精度を使用する傾向があります。次に、dpiフィールドに新しい番号を入力するか、ドロップメニューから番号を選択します。

▼補間の詳細については、ここでポイント6を確認できます。

https://www.clip-studio.com/site/gd_en/csp/toolguide/csp_toolguide/100_reference/100_reference_i.htm

色の設定

[1] CMYKまたはRGB。
ほとんどの場合、印刷プロバイダーは、オフセットでの大活字の実行についてCMYKのファイルを要求できます。しかし、インクジェットまたはレーザープリンターを使用する少量のデジタル印刷の場合、代わりにRGBファイルを要求することができます。この状況は、一部のオンデマンド印刷Webサイト(Tシャツ、電話ケースなど)で見られました。ただし、最初にCMYKでデザインし、後でRGBとしてエクスポートすることを強くお勧めします。

今後のポイントで、カラースライダーでCMYKカラーを使用する方法について詳しく説明します。

[2]色変換。
印刷プロバイダーが特定のCMYKプロファイルでの作業を推奨している場合は、[ファイル]> [設定]> [色変換]で変更できます。後で埋め込みICCプロファイルを使用して印刷用にエクスポートするときに、RGBカラーをCMYKに変換できます。

[3]カラープロファイルをプレビューします。
CMYKの色は、RGB、特にエレクトリックブルー、グリーン、明るい黄色と比較して少し制限されています。 ▼

したがって、印刷後に色がどのように見えるかを確認したい場合。 [[表示]> [カラープロファイル]> [プレビュー設定]]に移動して、使用するCMYKプロファイルを選択できます。 Windowsを使用している場合は、MicrosoftICMライブラリを選択できます。レンダリングインテントでは、知覚、彩度、相対測色、絶対測色の4つのオプションのいずれかを選択できます。

▼レンダリングインテントの詳細については、この記事を確認してください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/553#d03d36bc

[4]カラースライダー。
次に、印刷用の色を作成します。必ず[カラースライダー]をCMYKに変更して、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の4種類の印刷用インクに基づいた色を作成してください。また、これにより、デジタル印刷やオフセット印刷でも後で再現されない飽和色や明るい色を作成できなくなります。これは、青、緑、黄色でより目立ちます。 ▼

CMYKカラーの使用

▼RGBとCMYKの基本的な理解については、以下を確認できます。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/553#57d56714

■ここで、CMYK印刷の場合、最良のオプションはカラーガイドを印刷することであることに注意してください。

[1]カラーガイド。
印刷会社に見せてもらうか、印刷用のカラーガイドを提供できるかどうかを尋ねることができます。これらの色の印刷サンプルは、各インクの量をパーセンテージで表したものです。これらのガイドは、用紙、光沢、プリンターマシンなどの品質によって異なる場合があります。ただし、色の忠実度のために、すべてのガイドの有効期限が数年である場合があります。

スライダーを使用してCMYKカラーを作成する

CMYKカラーを作成するには、カラースライダーパレットで4つのインクを混合できます。良い結果を得るには、5または10で終わる数字を使用してみてください。または、カラー印刷されたガイドを使用して、各インクの正確な量を追加します。

▼たとえば、この赤オレンジを取得するには、マゼンタを80%、黄色を100%追加します(新聞のサンプルは、ガイドに印刷されている最も近い色です)。

▼次に、この青にシアンを100%追加し、マゼンタを50%に下げます(新聞のサンプルはガイドに印刷されている最も近い色です)。

▼ドロップ+アイコンで新しい[カラーセット]に色を追加できます。色を右クリックして[色名を変更]することもできます。

▼カラーセットの作成方法について詳しくは、以下を確認してください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2055#fd36a5fc

■注:登録されている一部の色は、カラースライダーの値を変更する可能性がありますが、視覚的には同じように見えます。したがって、正確な数値を使用して独自のカラーガイドを作成するか、値(C100、M0、Y0、K0)を使用して各色に名前を付けることを検討できます。

印刷システム、光沢またはマットな表面、および用紙の品質によって、色が異なる場合があることに注意してください。また、元の色に近づけるために、インクの量を調整および変更する必要がある場合もあります。

■CMYKの黒
現在、CMYKでは黒インクを100%にすると、本来のように暗く見えない場合があります。濃い黒にするためのインクの正しい組み合わせについては、印刷会社に問い合わせることができます。通常、約100%が黒で、他のインクの60〜80%です。ここでは、100%が黒、100%が黒、80%がシアン、マゼンタ、黄色で、より深くリアルな黒を生成しています。 ▼

注:この組み合わせは、黒の広い領域でのみ使用する必要があり、黒または灰色の小さな線や小さなテキストに他の色を追加することは避けてください。

印刷用にエクスポート

印刷プロバイダーが標準CMYKのファイルにオフセットまたはデジタルRGBのどちらを要求するか。 Clip Studio Paintを使用すると、さまざまな色のプロファイルとファイル形式から選択できます。

▼印刷用にエクスポートするには、[ファイル]> [エクスポート(単層)]に移動し、印刷会社に必要なフォーマットの種類を選択する必要があります。

▼CMYK印刷の場合は、[Embed ICC profile]が選択され、ExpressionカラーがCMYKカラーになっていることを確認してください。また、必要に応じてクロップマークと境界線を選択できます。

▲より良い結果を得るには、出力サイズを100%に保ちます。解像度やサイズを変更する必要がある場合は、キャンバスと画像の解像度を設定する手順を確認してください。 [スケーリング時の処理]で[イラスト用]を選択し、[OK]をクリックします。

▼これらは、プリンタで使用されるより一般的なファイル形式です。

■PNGおよびJPG
これらのオプションは、デジタル印刷またはインクジェット印刷で使用できます。物理的な印刷プロセス中に、RGBからCMYKに変更される可能性があります。ただし、印刷されたカラーガイドを使用してCMYKで色を選択した場合、最終結果で同様の色が得られることが期待できます。

JPGでエクスポートする場合により良い結果を得るには、品質を100%に保ちます。 cmykでJPGをエクスポートすることもできますが、そのタイプのプロファイルには他の形式を使用することをお勧めします。

■TIFF
これは、CMYKオフセット印刷に最適なオプションです。ただし、画像によってはファイルのサイズが非常に大きくなる場合があります。エクスポートする前に、複製を保存して画像を平坦化することを忘れないでください。

■PSDまたはPSB
2つはPhotoshop形式であり、CMYKプロファイルとRGBプロファイルの両方で使用できます。編集可能なドキュメントをレイヤー付きで配信する場合は、これらが最適なオプションですが、ファイルを単一のレイヤーとしてではなく、複製として保存する必要があります。

したがって、特に明記されていない限り。ローカルの印刷プロバイダーの場合、私は常にCMYKファイルとRGBファイルを異なるフォルダーに分けて異なる形式で送信しようとします。

ファイナライズ

最後に、印刷プロセスについて、またファイル形式、色、印刷システム、dpi、キャンバスサイズなどについて疑問がある場合は、必ずプロバイダーに問い合わせてください。

印刷会社を訪問した場合は、デザイン部門に相談し、必要に応じて色を修正することができます。すべてのコピーの印刷を開始する前に、プリプレス校正を行うこともできます。色は、画面モニターに表示される色を正確に再現したものではなく、紙の素材や表面によっても変わる可能性があることに注意してください。

したがって、要約すると、常に印刷されたカラーガイドを用意するようにしてください。印刷業者から入手できない場合は、自分で作成して、別のインクジェットプリンターとレーザープリンターで印刷してください。ここでは、コミック風のページの色を見ることができます。 ▼

▼プロモーション用ポストカードの色はこちらからご覧いただけます。 「月」の黄色は100%です

ですから、何かお役に立てば幸いです。下記のコメント欄でお気軽にご意見をお聞かせください。チュートリアルをチェックしてくれてありがとう!エドが「次回まで」と言っています。

あなたは私に従うことができます:

https://twitter.com/edsonrojasc

コメント

新着

公式 新着