レイヤーを半分にオフセットします(シームレステクスチャで作業する場合)

343 view

他のソフトウェアを使用したことがある場合は、レイヤーまたはキャンバスを高さと幅を2で割ってシフトできる「オフセット」機能に慣れているかもしれません。基本的に、作業中にエッジをキャンバスの中央に配置します。縫い目に。
これはCSPにはネイティブには存在しませんが(最も近いのはマテリアルレイヤーとタイリング方法です)、自動アクションで実現できます。

自動アクションの使用方法

[ウィンドウ]> [自動アクション]に移動すると、自動アクションにアクセスできます。

開いたら、下部にある3番目のアイコンをクリックしてアクションを追加できます。次に、赤い記録ボタンをクリックすると、実行したすべて(*ほぼ*すべて)がリストに追加されます。

レイヤーにオフセットを追加する

レイヤー1に何かを描いて、それが見えるようにすることから始めます。私は個人的に4ドットのクロスをします。

レイヤーをキャンバスの半分のサイズだけ右にシフトし、そのレイヤーの右側を左側にループバックさせて、縫い目が中央になるようにします。縦に同じこと。

これを実現するには、[レコード]をクリックして、レイヤーを3回複製する必要があります。

移動ツールをつかみ、最上層を選択したまま、キャンバスサイズの半分(この場合は1024pxのキャンバスの場合は512)だけ上に移動し、同じ量だけ残します。これは複数のステップで行うことができ、自動アクションでは1回の移動としてカウントされます。 Shiftキーを使用してドラッグすると、水平方向または垂直方向にのみ移動できます。

移動が完了したら、[レイヤー]> [選択したレイヤーを変更]> [下のレイヤー]に移動します(またはAlt + [を押します)
次に、そのレイヤーを上下に移動します。

レイヤーの変更を繰り返し、そのレイヤーを上下に移動し、レイヤーの変更を繰り返して、そのレイヤーを上下に移動します。
これで、各コーナーに1つのレイヤーができました。さあ、すべての「移動」アクションに512個(または番号が何であれ)しかないことを再確認してください。偶発的な511または513はありません

レイヤー変更メニューに戻りますが、今回は「レイヤーアバブ」を3回実行してトップレイヤーに戻ります。

「下のレイヤーに結合」を3回押します(または、毎回一番上のレイヤーを右クリックして、「下のレイヤーとマージ」を選択します)
これで1つのレイヤーに戻ります。

これで、キャンバスの外側にシフトしたすべてのコンテンツが含まれているため、最初にそれを削除する必要があります。そうしないと、自動アクションを使用するたびに、それらが互いに重なり合って混乱します。

Ctrl + Aを押してキャンバス上のすべてを選択し、次にCtrl + Xを押してカットします。
(これらのショートカットが同じでない場合は、上部の[選択]メニューと[編集]メニューにそれぞれあります。)
キャンバスのコンテンツを切り取ったら、Ctrl + Eで選択を解除し、Delete / Delキーでレイヤー上のすべてを削除します。 (レイヤー自体は削除しないでください)
最後に、Ctrl + Vを使用して切り取ったものを貼り付け、レイヤーを再度マージします。

最終的にはレイヤー1のみになります。赤い四角を押して録音を停止すると、リストは次のようになります。

以上です!これで、その再生ボタンで自動アクションを使用し、継ぎ目を処理してから、もう一度使用して通常に戻ることができます。
残念ながら、キャンバスのサイズに関係なく半分にオフセットする方法が見つからなかったため、使用するサイズごとに自動アクションが必要です。

ボーナス:コマンドバーに自動アクションを配置

自動アクションリストからコマンドバー(キャンバスのすぐ上にあるコマンドバー)にアイテムをドラッグすると、簡単にアクセスできます。

右クリックして、アイコンを好きなように変更できます。透明な背景の上に白で描画し、.pngとして保存してカスタムのものを作成しました。
複数のオフセットアクションがある場合は、Ctrlキーを押しながら既存のアクションの上にドラッグすることでそれらをグループ化できます。

これがお役に立てば幸いです。

コメント

新着

公式 新着