皆さんは普段、フィルター使っていらっしゃいますか?
フィルター使うと思い掛けないものができたり、ラクできたりするんです!
ラクできるとこはラクして時間をかけるべき場所に時間をかけましょうぜ!

というわけで、今回は背景が寂しい時に穴埋めできる「サイバー的背景」をレクチャーします。

▼用意するもの

・PAINT

完成時間 予定

大体5分~10分程度

▼作成手順

1.キャンバスを作成する
2.今あるラスターレイヤーが選択されている状態にする

※すでに作品がある人はそれを開いて新規ラスターレイヤーを作ってください!
3.サイバー的な色(青緑・薄緑・水色辺り?)を選び、適当に描く
4.フィルターメニュー→変形→「波形」を選択
5.開いた「波形」の画面にて、「波の形」を「正弦波」から「短形波」とする
6.「波の数」のスライダーを動かし、気に入った粒の大きさの数でOKを押す
7.フィルター「波形」を適用したレイヤーを複製
8.複製したレイヤーを選択し、フィルターメニュー→「ぼかし」の中の「スムージング」以外を選択
 (今回は「放射ぼかし」で説明します)
9.開いた「放射ぼかし」の画面にて、赤い「×」で放射の中心を移動したり、
 「ぼかす範囲」を増やしてぼかし幅を調整する
10.問題なければOKを押す
11.「放射ぼかし」をかけたレイヤーの合成モードを「スクリーン」とする
 ※別の合成モードでも結果が変わって面白いですよ!

以上!
 ※人物や物体が隠れてしまう場合は、消しゴムツールの「軟らかめ」で
  「作成手順」の「2」のレイヤーと「作成手順」の「8」で複製したレイヤーの線を消してください!

追加ポイント

・「作成手順」の「2」のレイヤーの下にラスターレイヤーを作成し、
 グラデーションツールの「青空」をななめ方向に掛けますと、
 よりサイバーチックな感じになります。(一番最初の「完成図」がそれです)

・「作成手順」の「2」のレイヤー、または「作成手順」の「8」で複製したレイヤーを選択して、
 好きな描画色を選び、編集メニュー→「線の色を描画色に変更」としますと
 配色によってはサイバーチックではなく、神々しい感じにもなったりしますので
 色が気に入らなかったらドンドン変えると良いですよ!