前回のTIPSでは多数「いいね!」いただき、ありがとうございました!(o*。_。)oペコッ
本日は「移動ぼかし」を使ったお手軽な残像のレクチャーです。

▼用意するもの

・PAINT
・残像を作りたい物・人のラスターレイヤー
 ※線画だけでもOKです!
  ただし線画の外側は透明色の状態にしてください。

▼完成時間 予定

大体5分~10分

▼作成手順

1.「用意するもの」のラスターレイヤーを含むキャンバスを表示する
2.「1」のレイヤーを複製
3.複製したレイヤーを選択し、フィルターメニュー→ぼかし→「移動ぼかし」を選択
4.開いた「移動ぼかし」の画面にて、
 ・左側に残像を作りたい場合、ぼかす位置を「後方」
 ・右側に残像を作りたい場合、ぼかす位置を「前方」と選択
 (完成図は「後方」を選択しました)
 
 ※ぼかす位置の「前後」を使用しない理由は、追加ポイントで説明します!
5.「ぼかす範囲」は残像を作りたい物・人の形状が見える数値にしてOKを押す
6.「1」のレイヤーをもう一度複製
7.「レイヤー移動」ツールを選択
8.「移動ぼかし」を適用したレイヤーにて作成した物・人の形状に合わせ「1」のラスターレイヤーを移動
9.移動完了後、「1」のレイヤーの不透明度を「30」まで下げる
 (はっきり見えすぎている場合、もっとレイヤーの不透明度を下げてよいです)
以上!
※「6」で複製したイラストが「移動ぼかし」の効果で見えづらい場合、
 消しゴムツールの「軟らかめ」で、「移動ぼかし」を適用したレイヤーの線を消してください!

▼追加ポイント

「移動ぼかし」の画面にて「ぼかす方向」を調整しますと、
飛び上がったり、着地したり、といった表現も可能です!

また「ぼかす位置」を「前後」とした場合、忍者でいうならば分身のような表現ができます。
普通に使用するのでしたら、地震の揺れや、頭上から衝撃が来た際の揺れにも使えますよ!